とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

仮想通貨取引所「Zaif」紹介 <特徴・デメリット・セキュリティなど>

f:id:jyutakugyoseiku:20170409152527p:plain

 

国内仮想通貨取引所「Zaif」についてご説明させていただこうと思います。国内にある取引所はそれぞれ様々な特徴を持っているのでメリットやデメリットを見て決めていただければと思います。

 

 

 

サービス早見表

取引所Zaifのサービス早見表です。詳細は以下で解説をしております。(スマホの方はスクロールで全体が表示されます。通貨名選択で解説へ。)

 

取り扱い通貨  ビットコイン イーサリアム ビットコインキャッシュ モナーコイン NEM XCPトークン
取引所※
販売所※ - - - -
手数料(取引所) -0.05%(M)‐0.01%(T) 0%(M)0.1%(T) 0%(M)0.3%(T) 0%(M)0.1%(T) 0%(M)0.1%(T) 0%~
手数料(販売所) 0% - - 0% - -
通貨ペア JPY BTC・JPY BTC・JPY BTC・JPY BTC・JPY BTC・JPY
最大レバレッジ 7.77倍※ - - - - -
その他トレード 信用・AirFX・先物 - - 信用 - -
出金手数料 0.0001BTC~ 0.01ETH 0.001BCH 0.01MONA 2XEM~ 可変
日本円出金手数料 350円(50万円未満)756円(50万円以上)

※取引所と販売所の違いはこちら ※(M)メイカー(T)テイカー ※レバレッジ最大10倍の時も有 (最終更新2017.10.24.)

 

基本情報

取引所Zaifはテックビューロ社の運営する仮想通貨取引所です。主要仮想通貨5種類に加えカウンターパーティーという仮想通貨を利用したトークンを取り扱います。トークンの中にはZaif取引所が発行するZaifトークンや株式会社FISCOが発行するフィスココインがあります。

 

また、プライベートブロックチェーン「mijin」開発や仮想通貨プラットホーム「COMSA」をテックビューロ社は開発しておりブロックチェーンを利用した次世代のサービス提供を目指しています。

 

JCBA(日本仮想通貨事業者協会)ブロックチェーン推進協会(BCCC)という団体に加盟しておりブロックチェーンや仮想通貨の推進活動を行っております。

2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者に登録されました。(参考:「仮想通貨交換業者」登録取引所一覧・ホワイトリストとその解説

 

<会社概要>

会社名 テックビューロ株式会社

設立 2014年6月16日

資本金 8億3,013万円

代表 朝山貴生

本社所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F

 

 特徴

取引所Zaifでは他の取引所ではない自社や他社の企業トークンを取り扱います。企業トークンは企業が発行するトークンで株式とは異なった次世代の資金調達方法になり得る可能性があるとして注目されています。

 

「企業トークン」についての定義や今後の利用方法はまだ曖昧な部分がありますが金融庁では「1号通貨」という「不特定多数の者に商品やサービスと交換可能な仮想通貨」という認識を持たれているとZaifは発表しており、今後の発展には期待が持てます。

 

またプライベートブロックチェーン「mijin」やICOプラットホームを兼ねるブロックチェーンプラットホーム「COMSA」は今後のZaif取引所との連携で新たなサービスを作り出す可能性があります。次世代テクノロジーの開発に力を入れている取引所と言えます。

 

また株式会社マネーパートナーズのプリペイドカード「マネパカード」と連携しておりZaif取引所アカウントにあるビットコインをマネパカードにチャージする事が可能です。

ビットコインを毎月積み立てるビットコイン積立サービスもZaifの特徴と言えます。

スポンサー

 

 

デメリット

Zaif取引所は多くのサービスを抱え、注目を集める事もありアクセスが集中した時にサーバーダウンする事が稀にあります。もちろんどの取引所もサーバーダウンはあるのでZaifだけのデメリットではありませんが何かと注目を集めるZaifを利用する際には気を付けた方が良いでしょう。(ビットコイン取引所、ログインできない場合

 

その他には特にデメリットはありません。

 

セキュリティ

Zaifではセキュリティ対策として様々な対策が取られています。

・顧客の分別資産管理(金融庁登録全取引所でマスト)

・2段階認証

・バックアップデータの管理

・経営資金の確保

・システムインフラの強化 など

 

経営資金の確保をする為にZaifは数年間はセキュリティ向上の為の利益なしの事業計画を立てております。その理解の元ベンチャーキャピタルのNTVP(日本テクノロジーベンチャーパートナー)から資金調達を行っています。

 

口座開設など利用方法

口座の解説方法や利用方法は以下で解説しておりますのでよろしければご参考にしていただければと思います。

 

Zaifのアカウント作成方法<2017年4月以降>

Zaif、本人確認方法と注意点

Zaifの2段階認証設定方法

Zaifで2段階認証を設定した後にやっておくと便利な事

 

Zaifトークンについて

Zaifの発行するZaifトークンの今後については以下で解説しております。

 

Zaifトークンとは <1号通貨・購入方法・送受信方法について>

Zaifトークンの高騰暴落からサーバーダウンについて

 

まとめ

以上が仮想通貨取引所Zaifのご紹介です。

取引所には様々な特徴がありますので自身の用途に合った取引所を選ぶのがいいと思います。

その他Zaif関連記事はこちらZaif専門ページをご覧ください。

 

関連記事

ビットコイン取引所比較<2017年最新版>

bitFlyer専門ページ <会社概要・取引所特徴・ニュース>

coincheck専門ページ <会社概要・取引所特徴・ニュース>