とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコイン取引所、ログインできない場合

f:id:jyutakugyoseiku:20170528152453p:plain

 

ビットコイン及びその他の仮想通貨が2017.5.27.に大暴落しました。ここ1.2週間でとても仮想通貨に資金が流入し、新たに仮想通貨を保有し出した方も多いかと思われます。ビットコインや仮想通貨の取引所ではアクセスが集中するとサーバーがダウンしてしまってログインできない状態になる事はよくある事です。慌てずに復帰するのを待ちましょう。

 

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインやビットコイン取引所のリスク

 

ビットコインやその他の仮想通貨は以前から価格変動がとても大きく、保有や投資にあたっては「ハイリスク・ハイリターン」が前提となっております。最近では多くの仮想通貨で価格がかなり上昇した為に更に注目度が増し、新たに保有するようになった方も多くいらっしゃると思います。その為にビットコイン取引所でサーバーがダウンしてログインできない状態になると「私の仮想通貨が無くなってしまうかも」と不安になられるかと思います。

 

私も仮想通貨を触り出した頃はとても不安になりました。しかし、仮想通貨は基本的にシステムが崩壊しない限り無くなりませんのでご安心ください。取引所にログインできない、というのはあくまで「取引所のサーバー」がダウンしている状態です。仮想通貨自体に問題がある訳ではありません。ですのでまずは落ち着いてサーバーが復帰するのを待ちましょう。

 

大抵ログインできない場合というのはアクセスが集中している時⇒価格が大幅に変動している時、なので損失が大きくなってしまったり利益を確定したい時なのでとても不便です。しかし、ビットコインはまだ2009年から始まったもので実験段階の通貨です。取引所も多くは2014年頃から設立されており体制は完璧、という訳ではありません(ビットコイン取引所比較~基礎情報編~)。このようなアクセス急増によるサーバーダウン等の試練を経てより良いサービスを提供してくれるようになると考えて温かい目で見守るのが良いかと私は思っております。

 

 このような事態を避ける為に

 

とは言え、大切な資産を預けているのですからこのような事態は困ります。一刻も早く改善してほしい問題です。しかし取引所も改善を急いでおり、サーバーをダウンさせないようにするのは取引所の仕事になります。私達はできる事をするしかありません。以下、私達ができる事を紹介させていただきます。


スポンサー

 

 

①取引所に資産は入れたままにしない

 

基本的な事ですがサーバーがダウンして操作できなくなるような取引所に資産を入れたままにしない、という事です。取引所はあくまで取引をする場所であって保管する場所ではありません。こちらの記事ビットコイン取引所が取引停止・制限をする可能性でも詳しく述べておりますが取引が停止される可能性を常に私達は考えておかなければなりません。安全なウォレット(オフラインで管理するコールドウォレットビットコインウォレットの選び方をご紹介!)に仮想通貨は保管しておくのがいいでしょう。

 

②複数の取引所に資産を分散させる

 

ウォレットではいざという時にすぐ取引ができません。それが嫌な方、すぐに取引を行いたい方は一つの取引所ではなく複数の取引所に資産を分散させておくのが良いでしょう。全ての取引所が一斉にサーバーダウンしてしまう可能性はありますが、それは稀です。保有している仮想通貨を複数の取引所に均等に分散させておくことで一つの取引所の取引が制限された場合でも他の取引所の仮想通貨は無事に取引する事ができるようになります。

ただ、複数の取引所を利用する事でパスワード管理や2段階認証設定時(2段階認証の重要性と設定方法(coincheck))のログインの手間が増えるので普段の取引は不便になってしまうので自身の利用頻度や資産状況によってこの方法を選ぶかどうかを考えるのが良いと思います。ビットコイン取引所を一挙ご紹介!<8種類の国内取引所>

 

③複数の取引所の口座を作成しておく

 

②と同様に複数の取引所を利用する方法です。ウォレットにあらかじめ仮想通貨を入れておき、いざという時には取引可能な取引所に資産を移動させて取引をする方法です。各取引所の操作方法だけでも覚えておくとウォレットから取引所に資産を移動してすぐに取引をすることが可能になります。こちらもパスワード管理をしっかりとしておく必要があります。

一つの取引所だけの口座しか持っていないと、現在では多額の仮想通貨資産を送受金したり取引する場合は本人確認が必要になりすぐに取引できません。ですのであらかじめ本人確認までは終了させておき、口座を持っておくことですぐに利用できる状態にしておくと良いでしょう。

ただ、特にビットコインの送金が最近ではあまり早くないので低い手数料でウォレットから送金してしまうと「詰り」と言われる「送金が完了しない状態」が長く続いてしまう場合があります。すぐにウォレットから取引所へ移動させたい場合は高い手数料を設定して送金する必要があります。(参考:ビットコインの手数料と「詰り」状態

 

④余裕資金で投資をしておく

 

そもそもこのような事態を招いてしまう仮想通貨なので保有する際は「無くなっても仕方がない」と思える「余裕資金」で投資をしておく、という方法があります。先ほども述べた通り仮想通貨はまだ実験段階です。今後どのような使われ方をしていくのかは誰も分かっておりません。そのようなものに「無くなったら困る」資金を投資してしまうのはとてもリスクの高い行為です。元から余裕資金であれば前提として「リスクがある」と分かっている事で精神衛生も悪くなる事なく、取引所に制限がかかったとしても慌てずに対応する事ができるようになります。

また、実験段階という事で自身が「あったらいいな」と思う仮想通貨にのみ余裕資金で投資をすると更に精神は楽になります。結局のところ「投資」という事は資金がその仮想通貨に集まる事で開発面でもその周囲にあるビジネスモデル面でも貢献する事になります。仮想通貨はそれぞれ理念があり用途は様々です。仮想通貨を「応援する」という気持ちで自身の資産を投資すると、多少の価格変動でも動じる事は無くなると思います。大切なのは自身が保有する仮想通貨の知識を増やす事、に繋がっていきます。(参考:なぜ仮想通貨には種類が沢山あるのか

 

まとめ

 

以上がビットコイン取引所、仮想通貨取引所においてログインできない際の私達ができる対処法です。まずはそのような事が起きると事前に知っておくこと、そしてその際に対処できるよう対策を取っておくこと。そして余裕資金で行う事、知識を増やす事で慌てずに対応する事が可能になります。

どの取引所も改善は急いでおり、変化していくと思いますので慌てずにできる事をしていただければと思います!

 

関連記事

仮想通貨投資の初心者はまずはビットコインを学ぶべき

Zaifトークンの高騰暴落からサーバーダウンについて

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

最初に手に取るビットコインの教科書

最初に手に取るビットコインの教科書