とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

Zaifで2段階認証を設定した後にやっておくと便利な事

f:id:jyutakugyoseiku:20170530125610p:plain

 

ビットコイン取引所でアカウントを作成したらまず2段階認証を設定しましょう。詳しくはこちら⇒2段階認証はビットコイン初心者必須セキュリティ!

今回は国内大手ビットコイン取引所のZaifで2段階認証を設定した後にやっておくといい事をまとめましたのでご参考にしていただければと思います!

 

 

 

Zaifと2段階認証

 

ビットコイン取引所Zaifの2段階認証設定方法はこちらの記事Zaifの2段階認証設定方法で解説をしておりますのでご参考にしていただければと思います。

取引所Zaifはビットコイン積立が出来たりするのでビットコインや仮想通貨を預けたままにしておくことが多いと思います。ですので仮にIDやパスワードが盗まれても預けてある資産を守ることができる2段階認証は確実に行っておきましょう。

 

そこで、Zaifで2段階認証を行った後にやっておくと便利な事を今回はご紹介させていただきます。取引所Zaifについて⇒ビットコイン取引所紹介~Zaif~


スポンサー

 

 

①信頼するパソコンを設定する

 

これは普段利用するパソコンで2段階認証を省略する設定です。この設定をしておくことのメリットは普段利用する時に2段階認証をする必要が無くなりログインが楽になる、という事です。もしアカウントを乗っ取られても普段使いのパソコンさえ手元にあれば他の端末からのログインは2段階認証が必要ですのでセキュリティ対策は継続します。

デメリットとしては普段使いの端末がノートパソコン等持ち歩くものであった場合にその端末を盗まれてしまうと簡単にログインできてしまう、という事です。

 

~方法~

 

まず、2段階認証を省略したい端末でZaifのログイン画面に行きます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530115534p:plain

 

ここでログインをする前に「このコンピューターを信頼する」にチェックを入れます。そしていつも通り2段階認証の数字を入力し「ログイン」ボタンを押します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530115858p:plain

 

ログインしたら右上の「アカウント」をクリックし、「アカウントとセキュリティ」の場所の「2段階認証設定」をクリックします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530120002p:plain

 

「2段階認証のトークン無しでログインの許可」で「現在、1台のコンピューターが信頼されております」と表示されていれば設定完了です!

信頼を取り消すにはチェックボックスにチェックを入れて「全ての信頼を取り消す」で再度2段階認証が必要になります。

 

②バックアップコードを取っておく

 

この方法は何らかの原因で認証アプリを利用できなくなってしまった時に助けてくれるコードを保存しておくものです。例えばスマホが起動してしなくなってしまった場合、そのスマホで2段階認証を設定しているとZaifにログインできなくなってしまいます。その時に認証アプリの数字ではなく、バックアップコードの数字を入力する事でログインが可能になります。

バックアップコードが盗まれてしまっては2段階認証の意味が無いので確実に保管しておきましょう。

 

~方法~

 

Zaifにログイン後「アカウント」ボタンを押し、「アカウントとセキュリティ」の場所にある「2段階認証設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530115858p:plain

 

そしてバックアップコードの場所で確認や印刷をすることができます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530121724p:plain

 

ちなみにこのコードは10個までです。10回(それぞれの)コードでログインするとそれ以上は利用できなくなります。新たにバックアップコードを取得する必要があります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530121928p:plain

 

チェックを入れて「新しいバックアップコードの発行」をクリックすれば新たに10個のコードが生成されます。(以前のコードは全て破棄されます)

 

③2段階認証が必要な項目を設定する

 

Zaifでは2段階認証を設定するとログイン時以外にも2段階認証を求められる仕組みになっております。日本円の出金や仮想通貨の出金

 

の際にも求められます。これが煩わしい方はログインのみ2段階認証を有効にすることができます。

もちろんログイン時以外も2段階認証を設定する事でセキュリティは向上しますので自身の判断に基づいてどの場面で2段階認証を求めるのかを決めていくと良いでしょう。

 

~方法~

 

Zaifにログイン後「アカウント」ボタンを押し、「アカウントとセキュリティ」の場所にある「2段階認証設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530124641p:plain

 

その後、どの場面で2段階認証を行うかを選択できる箇所までスクロールします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170530124853p:plain

 

2段階認証を省略したい箇所のチェックボックスを外し、最後に2段階認証の番号を入力し「設定を更新」をクリックして完了です。

 

まとめ

 

以上がビットコイン取引所Zaifでの2段階認証設定後にやっておくと便利な事です。全てを行っておく必要はありませんがセキュリティを確保したまま便利に利用できると取引も楽しくなると思います。

自身の用途に合わせて様々なカスタマイズを行っていただければと思います!

 

関連記事

Zaif「Google Open ID」の利用方法と注意点

 

最初に手に取るビットコインの教科書

最初に手に取るビットコインの教科書