とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

NEMとは?

f:id:jyutakugyoseiku:20160923093709j:plain

 

今回は暗号通貨「NEM」をご紹介させていただきます!

 

暗号通貨はとても沢山あるので本当よく言われますが「宝探し」みたいです。笑

色々と知識を増やして「お宝」を見つけてください!!

 

目次

  1. NEMとは
  2. ビットコインとの違い
  3. 何が凄いの?
  4. どこで購入できるの? 

 

 

 

1 NEMとは

 

まずは公式サイトより(https://www.nem.io/faq.html#whatsPoi

NEM はただの暗号通貨(仮想通貨)ではありません。暗号通貨としての機能以外にも、重要な機能として、ピアツーピアプラットフォーム、ペイメント、メッセージング、アセット作成、そして命名システムといったサービスを提供します。 また、今後も NEM の進化とともに多くのソリューションを提供を行う予定です。

 

つまりビットコイン0.2と言われる次世代の暗号通貨ですね。

 ビットコインのように「通貨」としての機能を目指しているわけではなく(もちろん通貨としての機能もありますが)それ以上の機能、つまり「ブロックチェーン」の更なる活用を目指しているというわけですね。

 

 

2 ビットコインとの違い

 

ビットコインとNEMの違いはいくつかありますが主だったものをご紹介させていただきます。

 

 

・コンセンサスアルゴリズムが「プルーフ・オブ・インポータンス」

 

これは取引の正当性を確約する人がこのNEMにどれだけ貢献しているかで決まる、という仕組みです。

と、いうのも暗号通貨で使われる「ブロックチェーン」は取引に正当性があるかないかを皆で判断します。その際にその正当性があるかどうかの判断をする権限を誰かに委託します。その委託先がNEMでは「貢献度」で決まる。という事です。

 

よく分からない方は↓こちらをお読みください。

コンセンサスアルゴリズムとは

プルーフ・オブ・インポータンスとは

 

 

・スマートコントラクト機能に特化

 

先ほども述べましたがビットコインと違って「通貨」機能に特化しているわけでは無く「スマートコントラクト」機能に特化しています。これはビットコイン2.0には多くあります。(イーサリアムなど)

 

スマートコントラクトについて詳しくはこちら↓

スマートコントラクトとは

 

NEMのブロックチェーンを用いることでメッセージを送信できたりします。

 


スポンサー

 

 

3 何が凄いの?

 

 

NEMの素晴らしさはそのシステムにあります。

 

まず、「プルーフ・オブ・インポータンス」と呼ばれるシステムです。

これは今までの「コンセンサスアルゴリズム」とは一線を画すものとなっております。

 

どういうことかというと今までの「コンセンサスアルゴリズム」は

「早期参入者に有利」「資金力のある人が有利」

なものが主流でした。

 

すると、ブロックチェーンの性質上そういった人たちが有利になれば更に資金はそこに集まります。すると更にその人達が有利になって更にそこに資金が集中することになります。

すると本来「中央管理者不在」がメリットであったはずのブロックチェーンに中央集権状態が生まれます。これはビットコインの課題としても叫ばれているもので、「プルーフ・オブ・インポータンス」はこれを解決する取り組みでもあります。

 

更にそれを解決することは「参入障壁」を低くすることにもつながります。

 

NEM開発者の一人、武宮誠氏はこう言います。

「『お金持ちがよりお金持ちになる』という循環を変えられる可能性を意味します。」

インタビュー:NEM開発者 武宮 誠氏 - CoinPortal

 

つまり従来の「お金持ち有利」の経済からより自由で公平な経済へと流れを変える取り組みなのです。

 

それがNEM(New Economy Movement)という事です。

 

 

更に特筆すべきは悪質な参加者の信用度を図る

「Eigentrust++」

というシステムです。このシステムにより信用の無い参加者の評価を低いものにすることで「プルーフ・オブ・インポータンス」において報酬がもらいにくくなるのです。

 

より公平で自由な経済活動を追及するNEMの取り組みがわかっていただけると思います。

 

 

4 どこで購入できるの?

 

そんなNEMですが、NEMの通貨の名称は「XEM」です。

「XEM」を購入するには国内取引所ではZaifcoincheckという取引所で購入が可能です。

 

ちなみにこのXEMですが、既に全ての発行が終了しております。

え?じゃあもう報酬無いじゃん。

と思われた方、それは違います。

 

XEMの報酬は送金手数料によって支払われます。

それもビットコインとの違いですね。

 

関連記事

coincheckでのNEM(XEM)購入方法と注意点