とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

仮想通貨・ブロックチェーン世界各国の動向

f:id:jyutakugyoseiku:20170910182406p:plain

 

仮想通貨・ブロックチェーンを取り巻く環境は日々変わっております。グローバルな視点で技術を見る事はきっとビットコインや仮想通貨を学ぶ際に役に立つはずです。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

アジア

アジアでは基本的に日本・韓国・中国が仮想通貨取引量の多い国として知られています。世界で見てもとてもアジアで仮想通貨取引は多くされていますが中国は仮想通貨禁止傾向、韓国・日本は規制強化の傾向がありこれらの国のニュースは価格に反映される事が多くあります。

中国

中国で仮想通貨の規制再強化 中国は仮想通貨取引を海外から遮る

>>その他の中国情勢記事一覧はこちら

韓国

韓国の裁判所、仮想通貨には経済的価値があるとの認識を示す

韓国で揺れる仮想通貨規制「取引所閉鎖」「中銀の仮想通貨発行」「インサイダー取引」

韓国で仮想通貨取引所の停止か 強まる国家と仮想通貨の対立

韓国、仮想通貨貯金額が昨年の約64倍に

韓国の仮想通貨取引所規制で投機熱を抑える方針

その他

UAE(アラブ首長国連邦)でICO規制 UAE企業がリップルネット参加も

インド政府の仮想通貨に対する考え方は否定的

マレーシアは仮想通貨取引を禁止しない方向

ベトナムでのビットコイン支払い法整備について

マカオのビットコインATMについて

インド高額紙幣廃止とビットコインについて

 

北米・南米

アメリカは言わずと知れた仮想通貨大国です。仮想通貨に限らず投資が盛んで、一般的な家庭の夕飯時にも仮想通貨の話題が出るとも言われます。アメリカ・ニューヨークでは仮想通貨事業者のライセンス「Bit License」がいち早く導入されるなど仮想通貨をどのように国として取り扱っていくかの議論が常に行われています。

アメリカ

アメリカでまた仮想通貨納税実現への法案が提出される 仮想通貨と通貨機能

アメリカでビットコイン納税ができる可能性 仮想通貨の未来は開くか

SEC委員長、ICOは「有価証券の提供」で「法律違反である」と認識

アメリカSECはビットコインETF承認に躊躇

アメリカ、テキサス州でトークンセール(ICO)を取り消す命令

アメリカビットコイン先物取引上場で何が変わるか

Bit License(ビットライセンス)とは

大統領選トランプ氏とビットコイン

bitFlyerのアメリカ仮想通貨取引所展開について

JPモルガン、モルガンスタンレーCEO等のビットコインに対する発言について

アメリカ初、SECがICO発行者を告発

カナダ

カナダ政府機関がイーサリアムで記録管理の試験を開始

カナダでマイニング事業発展の兆し 中国からもマイナー移動の可能性

カナダの仮想通貨・ICOに対する考え方について

カナダのKFC(ケンタッキーフライドチキン)でビットコインバケット販売

南米

ベネズエラのハイパーインフレとビットコイン

 

ヨーロッパ

ロシア、ICOのライセンス制を検討 進む仮想通貨の規制

ジブラルタルでもICO規制へ

イタリア取引所で約220億円の仮想通貨流出 仮想通貨と中央管理プラットホーム

ドイツ中央銀行「仮想通貨の国際的なルール作りへ」 フランスでは規制ワーキンググループも

ウクライナは仮想通貨規制と独自の仮想通貨発行を検討

イスラエルの中央銀行、ビットコインは通貨ではないとの認識を発言

EUのブロックチェーン技術を利用した企業情報ゲートウェイの構築について

ブロックチェーンとエストニア

ロシアの航空会社、イーサリアムブロックチェーンを利用したチケット販売開発中

フィンランド中央銀行技術者のビットコイン賞賛について

ベラルーシの仮想通貨・ICO非課税について <HTP居住者の優遇>

 

アフリカ

モーリシャス共和国とイーサリアムブロックチェーン

南アフリカの交通違反罰金ビットコイン支払い可能について

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサー