とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

アメリカビットコイン先物取引上場で何が変わるか

f:id:jyutakugyoseiku:20171202121215p:plain

 

アメリカシカゴの先物を扱う取引所であるCMEグループとCBOEグループがビットコイン先物を上場する認可を受け上場することになりました(CBOE12月10日CMEは12月18日)。今回の出来事について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

今回の上場で変わる事

今回発表されたのはアメリカシカゴの米国最古の先物取引所であるCMEグループとCBOEグループのビットコイン先物取引上場認可です。

取引所で扱われている原油などの先物商品と同様にビットコインの先物も取り扱われます。これによりアメリカの投資家の多くがビットコインに対して興味を持つことや投資家の資金がビットコインに集まる事などの変化が生じます。ですのでこれを好材料としてビットコインの価格も上昇していました。(認可される可能性の出てきた2017年11月ごろから)

 

ただ、ビットコインの先物取引という事は(詳細は以下で解説します)値下げを狙って「売り」から入れる事を意味します。つまり価格の上昇期待だけではなく下降期待も持つアメリカ投資家が増えるようになるという事を意味します。

 

これにより現在価格よりも下落する可能性もありますし、相場が安定する可能性もあります。これは始まってみないと分からない所です。

また先物商品は市場のリスクを吸収してくれる役割もあります。どのような商品にも価格変動リスクがあります。このリスクを先物商品(例えばビットコイン)で取引を行う事で将来の価格変動を今の予測の範囲で行える事は商品価格変動のリスクヘッジができる場合などがあります。

 

ビットコイン先物取引がアメリカで公式に認可される事は今後ビットコインETFといったビットコインを含めたETF(投資信託のようなもの)が今後認可される可能性もあり、そうなれば更に投資家がビットコイン市場に入ってくる事になります。資金が集まればビットコインに対する注目度も上昇しビットコイン利用者も増加するなどの変化が起きる可能性があります。

スポンサー

 

 

ビットコイン先物取引とは

ここで、ビットコイン先物取引を分かりやすく解説します。ビットコイン先物取引とはビットコインの未来の価格を予想して取引するデリバティブ(金融派生商品)です。

未来の価格を予想し、その期日にその価格で購入(又は売却)する権利を売買する事で取引を行います。

 

例えば現在価格10万円の「ビットコインを1年後に10万円で購入する」事を約束します。(約束の証拠金としてお金を渡します。)

そして1年後にビットコインの価格が12万円だった場合、購入者は12万円のビットコインを10万円で購入できるので2万円の利益を手にします。(証拠金は返金される。)これは他の様々な商品の先物取引でも同様です。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171101090100p:plain

 

ここで先物取引のポイントとして必ずしも1年後まで購入を待たなくてもいい、という事が挙げられます。「1年後10万円でビットコインを購入する」権利を第三者へ期日が来る前に売る事ができます。

 

半年後、ビットコインが11万円の時にこの権利を第三者へ1万円で売った場合、1万円の利益が手に入ります。そしてその権利を購入した第三者は期日に10万円でビットコインを購入する事ができます。もし期日にビットコイン価格が13万円になっていれば13万円ー10万円ー1万円で2万円の利益が権利を購入した第三者のものになります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171101091657p:plain

 

この時、期日までビットコインの売買が行われている訳ではなく、「購入する権利」が取引されています。これによりビットコインそのものに投資するのではなくビットコインから派生した商品を取引している事になります。これがデリバティブ(金融派生商品)です。

そしてビットコイン先物とはビットコインの将来価格を予想して購入(売却)する権利を取引する事を言います。

 

ビットコインに投資するよりも証券会社が扱うビットコイン先物を取引する事ができる事で投資家の選択肢が広がる事、証券会社のサポートを受けられる事、ビットコインそのものの取引の活発化に繋がります。

 

仮想通貨の先物取引について詳細はこちら仮想通貨の先物取引とは <FXとの違い・メリット>もご参照ください。

 

CMEグループとCBOEグループ

今回認可を受けた両グループについても解説します。

CMEグループは世界最大級の先物取引・オプション取引の取引所を運営するアメリカ・シカゴの企業です。世界で初めてとなる先物取引所からその歴史はスタートしています。

 

現在ではニューヨーク・ロンドン・シンガポール・東京に拠点を持ち、世界中からの取引を中継します。貴金属のゴールド・シルバー、農作物のトウモロコシ、エネルギーの原油などの先物取引商品を扱います。

 

天候先物取引も取り扱っており、このような商品は投資家の投資対象にもなりますが天候に事業が左右される農家のリスクヘッジの為にもなっています。悪天候になった時に利益が出るような取引を行う事で農家の不作による不況を助けます。このように先物取引は様々な場面でのリスクヘッジも行うのです。

 

CBOEホールディングスは過去にビットコイン先物取引審査に却下されたウィンクルボス兄弟とも提携を行っている為、両者の動向には世界が注目しています。

(参照:http://www.cmegroup.com/education/featured-reports/evolving-economics-of-bitcoin-gold-currencies.html https://www.coindesk.com/cme-group-plans-launch-bitcoin-futures-contract/

 

初心者は注意

このような事柄でビットコインに注目が集まるのは良い事ですが初心者の方は注意が必要です。なぜなら今回の出来事は今後仮想通貨市場にプロの投資家や大型の機関投資家が参入する事を意味するからです。

 

今までの仮想通貨市場は大きくなっていたとは言えまだまだ新興市場でした。今後は俗に言う「札束での殴り合い」が始まる事が予想されます。安易な気持ちで多額の資金を投じるリスクは高まっていきます。大切な資産は容易に投じず、正しい知識と明確な目的を持って仮想通貨市場に参加するようにしましょう。

 

(参照:CME Group Self-Certifies Bitcoin Futures to Launch Dec. 18

 

関連記事

仮想通貨投資初心者入門ページ

東京金融取引所、ビットコイン先物の取り扱い検討 <初心者向け>

ビットコインはどこまで上がるか 高騰理由とライトニングネットワーク

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本