とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

UAE(アラブ首長国連邦)でICO規制検討 UAE企業がリップルネット参加も

f:id:jyutakugyoseiku:20180213165237p:plain

 

中東に位置するUAE(アラブ首長国連邦)がICOの規制を検討していることが明らかになりました。またUAEの企業がリップル社の進めるリップルネット参加した事も発表され、UAEでも仮想通貨・ブロックチェーンテクノロジーの社会影響が見られています。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

UAEのICO規制

UAE(アラブ首長国連邦)でICO規制が検討されている事がアブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)の金融サービス規制庁(FSRA)の2018年2月11日の発表により、明らかになりました。https://www.adgm.com/mediacentre/press-releases/abu-dhabi-global-market-reviews-and-considers-regulatory-regime-for-virtual-currency-exchanges-and-intermediaries/

 

アブダビ・グローバル・マーケットはUAEの首都アブダビに位置する国際金融センターです。発表によれば「投資の特性を示すトークンを含むICOが、FSRAの規制枠組みの中で規制される」としています。具体的にどのような規制が発せられるかは定かになっていませんが仮想通貨やICOの参加に関して投資家にリスクがあるとしており、アメリカ・ヨーロッパ・日本などで規制が導入されている事も例に挙げている為規制が既に発せられている国を例にしたような規制(本人確認必須や事業者登録制など)が定められる可能性があります。 

スポンサー

 

 

UAE企業がリップルネット参加

アブダビに本拠を置く国際送金サービス大手の「UAEエクスチェンジ」がリップル社の進めるリップルネットに参加する事が2018年2月10日にリップル公式が発表しました。

リップルネットはリップル社の進めている送金を低コスト・透明化・効率化を目指す決済ネットワークで既に100を超える企業が参加を表明しております。先日中国大手の決済サービス会社「LianLianInternational」が参加した事でも話題になりました。(参考:中国大手決済事業者、リップルネットワークに参加について

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180213170016p:plain

(画像元:https://ripple.com/ripple_press/uae-exchange-partners-ripple-instant-cross-border-payments/

 

UAEエクスチェンジのCEOであるPromoth Manghat氏は、「リップルのブロックチェーンテクノロジを当社の決済システムに組み込むことで、より多くの新しい決済体験を顧客に提供することができます」「この革新技術を早期に採用することで、競争力のあるサービスを提供できます。」「リップルで将来の支払いを提供できることを誇りに思っています」と述べています。

 

今回の提携ではリップル社の発行する仮想通貨XRPは用いられる事は発表されていません。リップル社はXRPという仮想通貨と独自に提携を進めるネットワークで国際決済をスムーズにしていこうとしています。

 

世界的なブロックチェーンテクノロジーの影響

UAEの件を見ても分かるように仮想通貨・ブロックチェーンテクノロジーは多くの国の人々に影響が出ています。

仮想通貨やICOの規制は新たな金融システムに対してどのように社会が対処していくべきなのかを考えていくという事です。そしてリップルネットなどの企業参加は仮想通貨から始まったブロックチェーンテクノロジーを利用して現在のシステムを効率化していく動きであると捉える事ができます。

仮想通貨利用と仮想通貨テクノロジー利用では似ているようで社会に与える影響や解決すべき問題が大きく異なります。

仮想通貨テクノロジー利用では既存の法律やシステムの上にテクノロジー利用者の一定の責任の元構築していく事ができますが、ビットコインなど発行者のいない仮想通貨やそれを利用したICOでは従来の「国の統治(通貨発行権を含めた)」という当たり前(と思われている)の事ですら揺らぐ事になります。

新たなルールが構築されていく過程で仮想通貨を利用したシステムと仮想通貨テクノロジーを利用したシステムの間では多くの問題が生じ、そして多くの人が納得するシステムが構築されていくべきであると考えます。

 

仮想通貨だけでも、仮想通貨テクノロジーだけでもより良い社会システムは実現されるとは考えにくく両者が新たなルールと共に共存していく未来が訪れると社会はより良くなるでしょう。どちらか一方だけが推し進められる事が無ければ、仮想通貨が存在する意味が出てくると考えます。このような社会システムと仮想通貨・仮想通貨テクノロジーという観点から仮想通貨を眺めると新たな発見ができると思います。

 

関連記事

アメリカでビットコイン納税ができる可能性 仮想通貨の未来は開くか

SEC委員長、ICOは「有価証券の提供」で「法律違反である」と認識

仮想通貨・ブロックチェーン世界各国の動向

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本