とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ロシアの航空会社、イーサリアムブロックチェーンを利用したチケット販売開発中

f:id:jyutakugyoseiku:20170729182124p:plain

 

ロシアの航空会社「S7航空」がブロックチェーンを利用した航空チケットの販売を行うプロジェクトを開発しております。

ブロックチェーンと世界の動き、ブロックチェーンが今後人々の生活をどのように変えていく可能性があるのか分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

イーサリアムブロックチェーンでの航空チケット販売

 

ロシアの航空会社、S7航空がイーサリアムブロックチェーンを利用した航空チケット販売へのプロジェクトを行っております。

 

詳細や成功の可能性は分かっておりませんが、2017年12月にも開発は終了する予定で進められております。

参照:Russian Airline S7 Now Uses the Ethereum Blockchain for Flight Tickets - CryptoCoinsNews

スポンサー

 

 

ブロックチェーンを利用したサービス

 

実際に「ブロックチェーンを利用したサービス」と言われても初心者の方にはいまいちピンと来ません。何が変わるのか、ブロックチェーンを利用すると何が良いのか?という疑問があります。

 

仮にS7航空がチケットをブロックチェーンを利用して販売したとしても私達が搭乗する飛行機には何も変化がありません。

 

しかし、飛行機チケットを手配したりする過程が変わる事があります。

 

ブロックチェーンというのは簡単に言えば「記録」を安価にスピーディーに残すテクノロジーです。今まで人の手によって管理・記録されていたものが自動で行われます。

 

それによりコストが安くなるために消費者に安価なサービスを提供できる可能性が生まれます。

 

またブロックチェーンには「スマートコントラクト」という機能があります。これは簡単に言えば「"A"の時"B"」という条件を自動執行してくれるものです。この機能を使えば「"航空券の代金を顧客が支払った"時に"航空券の所有権が顧客に帰属する"」という記録を自動で残せます。

 

S7航空が「イーサリアムブロックチェーン」を利用しているのも「イーサリアム」が「スマートコントラクト」に特化したブロックチェーンを利用しているからです。

 

これらの自動化が進めば航空チケットをブロックチェーン上で証明してくれて入るので「チェックイン」の必要性が無くなるかもしれません。よりスムーズな搭乗が実現する可能性があります。

 

このような変化がブロックチェーンのビジネス活用では訪れます。

 

トークンエコノミーの実現

 

このようなブロックチェーンの活用は「トークンエコノミー」の広がりにより更に便利になります。

 

トークンエコノミーとは簡単に言えば「仮想通貨で作られる経済圏」で、支払い等を仮想通貨で行う市場の事です。

 

ブロックチェーンのスマートコントラクトを利用する場合、もし支払いを航空会社で開発された仮想通貨(トークン)で行う場合更に利便性が高まります。法定通貨を支払ってそれを先ほどの「航空券の代金を顧客が支払った時」という条件に反映させる場合はどこかで法定通貨を受け取り、それを改めてブロックチェーンに記載する必要があります。

 

ここでもし利用ブロックチェーン上で航空会社専用仮想通貨(トークン)を発行していた場合そのままブロックチェーン上に支払いを記載できる為更に利便性が向上する事になります。

 

もちろんこれらの説明は「スマートコントラクト」「トークンエコノミー」が与える変化の一部に過ぎませんが少なくともこのような生活の変化が生じるのです。

 

関連記事

<News!>ピーチ・アビエーションがビットコイン決済導入を発表

モーリシャス共和国とイーサリアムブロックチェーン

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で