とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC/BCH)の今後について

f:id:jyutakugyoseiku:20170728170542p:plain

 

2017年8月1日に予定されているビットコインから独立をするビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の今後について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインキャッシュとは

 

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)とは

ビットコインキャッシュはビットコインのシステムを一部変更されて作成された新たな仮想通貨です。専門用語では「フォーク(分岐)」と言いますが、イメージではビットコインから「独立」した仮想通貨というものでいいでしょう。

 

ビットコインが中央管理不在の全員で方向性を決めていく理念で作成された通貨なのに対しビットコインキャッシュは取引処理をする団体(マイニング団体)が方針を決めていくイメージです。

 

しかし実際にそれが可能か、ビットコインよりもいい機能を装備して信用を持つ通貨になるのかは不透明です。

 

ビットコインキャッシュの通貨コード

 

ビットコインの通貨コードは「BTC」です。日本円は「JPY」です。このように通貨には簡略して表す文字があります。

 

ビットコインキャッシュは当初「BCC」と示されておりましたが海外の取引所(例:Bitfinex)では「BCH」と示されるなど2017年7月28日現在確定はしておりません。

スポンサー

 

 

ビットコインキャッシュ取り扱い取引所 

 

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐されて作成される為にビットコインを保有している方は自動的にビットコインキャッシュを受け取る事になります。

 

しかし取引所にビットコインを預けている場合はビットコインキャッシュをその取引所が扱わない場合はビットコインキャッシュを受け取る事が出来ない可能性があります。

 

アメリカの大手取引所coinbaseはビットコインキャッシュの取り扱いを拒否する等海外では拒否が多く見られます。日本国内取引所では多くの取引所が取り扱いの旨を発表しており一般ユーザーの多くは付与されるものと見られます。(参考:ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)に対する各取引所の対応一覧(随時更新)

 

ビットコインキャッシュのウォレット

 

ビットコインキャッシュのウォレットはビットコインに勝手に紐づけられている為取り扱いのある取引所でビットコインを保有しておけばビットコインキャッシュも取引所で保管する事が可能です。

 

しかし、取引所に資産を預けておくのは危険なのでハードウェアウォレット等オフラインで管理できるウォレット(コールドストレージと呼ぶ)に入れておくことが好ましいでしょう。

 

有名なTrezor、LedgerNanoウォレットはビットコインキャッシュのHPには対応ウォレットとして書かれておりますが対応時期などの発表は出ておりません。

 

ただ、ビットコインウォレットであれば自動的にウォレット内のビットコインキャッシュも付与され、ビットコインを移動するとビットコインキャッシュも自動的に移動する(分割してウォレットが管理していなければ)のでハードウェアウォレット内のビットコイン・ビットコインキャッシュは安全だと言えるでしょう。

 

ビットコインキャッシュの価格

 

ビットコインキャッシュはビットコインの取引処理をするマイニング団体が主導になって動くとされる仮想通貨です。ビットコインとは別の仮想通貨なので「アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)」として扱われます。

 

分裂すると一時的にビットコイン価格が下がる事がありますが(ビットコインの取引処理をする団体が減る可能性や不安等により)ビットコイン自体のシステムに影響のある分裂ではないのでそこまで心配する必要は無いと思われます。

 

ビットコインキャッシュも価格がビットコインと同様という訳ではありません。ユーザーの信頼がまだ確立されておらず取引所も扱わない所が存在するのでビットコインよりは価格は落ちるでしょう。

 

ビットコインもビットコインキャッシュも保有している事で合計価値が今(ビットコイン単体保有時)以上になる事も今以下になる事も考えられます。

 

ビットコインキャッシュ誕生直後は価格の変動がかなり激しくなる事が予想されますので自身の保有目的・投資目的と照らし合わせて慌てずに取引をしていきましょう。

 

ビットコインキャッシュの今後

 

ビットコインキャッシュの今後の懸念点は取引処理をする「マイニング団体」がどれだけ集まるか、やシステムが正常に稼働していくかです。

 

実際それらが解消するのは難しいですが解消された場合、日本の取引所の多くや海外取引所でも取り扱いが決まっているので一から作り上げるアルトコインよりは利用される(価格が上昇する)可能性はあるでしょう。

 

しかし、ビットコインキャッシュは一部の管理者に権力が集まっている事も疑問視されたりしているので「仮想通貨」という新たなムーブメントの中で頭角を現すかどうかは正直難しいと考えます。

 

個人的な意見ではもしビットコインキャッシュが誕生した場合は「まあまあの位置」になるような気がしております。あくまで個人的な意見ですが。

 

まとめ

 

仮にビットコインキャッシュが誕生した場合様々な現象があちこちで見られると思いますが仮想通貨の向き合い方(投資姿勢等)を再確認できるいい機会だと思いますので慌てずに対応していっていただければと思います!

 

関連記事

ビットコインキャッシュ、ビットコインABC等について(初心者向け)

8月1日前後のビットコイン分裂問題を知ろう!(初心者向け)

<News!>bitFlyer、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)取り扱い方針更新

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で