とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

<News!>bitFlyer、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)取り扱い方針更新

f:id:jyutakugyoseiku:20170801093738p:plain

 

国内大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が8月1日に誕生が予定されているビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCC)の取引を近々開始する事を2017年7月31日、発表しました。

※2017.8.2.16:30頃「アルトコイン販売所」「bitFlyer Lightning」にて取引が開始されました。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインキャッシュの取り扱い

 

ビットコインキャッシュは一部ビットコインとルールを変更した仮想通貨です。基本的にはビットコインと同様のシステムですがビットコインのブロックサイズ問題への解決方法等が変更されております。

 

元々のビットコインから分岐して誕生する為に「ビットコイン」という名前が入っておりますが別の仮想通貨であるという認識を持っていいでしょう。ビットコインキャッシュについてはこちら⇒ビットコインキャッシュ、ビットコインABC等について(初心者向け)

 

ビットコインキャッシュの取り扱いについては日本の取引所は多くが取り扱う方針を発表しておりましたが売買のスタートは誕生後のビットコインキャッシュの動向を見て行うとbitFlyer並びにその他取引所でも発表されております。(参考:ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)に対する各取引所の対応一覧(随時更新)

 

ビットコインキャッシュにはいくつかの不安点もあり、誕生後にしっかりとシステムが稼働し続けるかは疑問が残っております。ビットコインを保有している方は自動的にビットコインキャッシュも保有する事になります(取引所にビットコインを預けている場合は取引所の方針にもよる。詳しくはこちら。)のでその後の動向を注視していきましょう。(参考:ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC/BCH)の今後について

 

bitFlyerの発表

 

ビットコインキャッシュの取り扱いについては日時は未定ではありますが発表によれば「恒久的」にビットコインキャッシュが存在するとした場合は売買に対応していくとbitFlyerは発表しております。

 

また、ビットコインキャッシュの通貨コードであるBCCは現在他の仮想通貨で使用されている為に今後変更がある可能性も発表されております。(BCHやBC等)

 

ビットコインキャッシュを安全に取り扱う為に

 

ビットコインキャッシュは誕生後(2017年8月1日21時頃誕生予定)売買が始まると価格が大きく変動する事が予想されます。自身が短期でビットコインキャッシュをトレードするのか、長期的に保有するのかの方針をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。

 

仮想通貨は取引所に上場(取引所で売買が可能になる)された直後はハイリスクハイリターンの市場になる事が多くありますので特に初心者の方は慎重に取り扱っていくのが良いでしょう。

 

関連記事

<特集>ビットコイン、仮想通貨の分裂とは?

8月1日前後のビットコイン分裂問題を知ろう!(初心者向け)

bitFlyer、仮想通貨出金時に暗証番号必須化

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサー