とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

BITPointのイーサリアム決済サービス展開について

f:id:jyutakugyoseiku:20170715195256p:plain

 

国内大手仮想通貨取引所BITPointは仮想通貨決済サービスの中でビットコインの他に「イーサリアム」を2017年8月にも導入する予定です。イーサリアムの決済はビットコイン決済とどのような違いがあるのか、また今後の仮想通貨決済はどのような展開になるのかを初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

 

 

イーサリアム決済について

 

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。イーサリアムは決済用の仮想通貨ではなく、スマートコントラクトという公証作成の為(アプリケーションプラットホーム)の仮想通貨です。

 

通常最低でも10分かかるビットコインの決済時間よりもイーサリアムの方が短い時間で決済確認が可能なので導入を進めるとBITPointの発表ではしております。(参照:BITPoint | ビットポイント 仮想通貨「イーサリアム」での店舗決済サービスを8月に開始

 

ビットコインと同様にイーサリアムを保有する方が多い為に決済に利用できれば利用者が一定数見込める事も導入の決め手となったことだと思います。

 

仮想通貨決済はどの通貨が適しているか

 

イーサリアム保有者は多いですが、イーサリアムを利用できる場所がない為に価格の上昇で余った未使用イーサリアムを消費してもらうという狙いもあるとは思いますが実際のところ決済に適している仮想通貨はどの仮想通貨なのでしょうか。

 

一つの候補は「ライトコイン」です。こちらは先日bitFlyerでも取り扱いが始まり(bitFlyerでライトコイン追加)国内でも取引可能な取引所はcoincheckbitbank.ccbtFlyerと3社になりました。

 

ライトコインは開発の当初からビットコインよりも実用的を目指されており「銀(シルバー)」のような仮想通貨をスローガンにされております。決済承認までの時間も2.5分とビットコインの1/4の時間で可能です。ライトコインを取り扱うbitFlyerやcoincheckは仮想通貨の決済分野も力を入れておりますので今後の決済にライトコインを使用できるようになる可能性は大いにあるでしょう。

 

またcoincehckで取り扱いのある「DASH」も決済に向いている仮想通貨の一つです。DASHは「現金」のような利便性を持った仮想通貨として開発チームも開発をしており決済時間も「即時」に行う事ができるとしております。

 

まとめ

 

仮想通貨は投資のみにあらず、決済にも利用できます。「決済」という観点から仮想通貨を見てみるのも一つの仮想通貨との付き合い方です。今後、どのような仮想通貨が決済に導入されるのか、それによって決済システムは大きな変革をもたらすでしょう。

 

関連記事

<News!>国内で初めて携帯電話料金をビットコインで支払う事が可能に!

<News!>ビックカメラ全店でビットコイン決済可能に

マルイでビットコイン支払いが一部可能に

 

 


スポンサー