とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

仮想通貨「DASH」とは

f:id:jyutakugyoseiku:20170425101822p:plain

 

仮想通貨には様々な種類があります。多くの仮想通貨がありすぎて初心者の方にはどこがどう違うのか分かりにくいと思われます。今回は「DASH」という仮想通貨について分かりやすく解説をしていきたいと思います!

 

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

DASHとは

 

DASHは多くある仮想通貨の中の一つです。

仮想通貨はビットコインを始め様々なものがあります。それぞれの仮想通貨には特徴があり、ビットコインのような「決済」に主に使われるものからイーサリアムのような「スマートコントラクト」と呼ばれる「記録」などを主な機能としたものまで様々です。(イーサリアムとはスマートコントラクトとは

 

そんな中でもDASHは「決済」に利用される事を想定した仮想通貨です。

 

ビットコインと同様にP2Pネットワークと呼ばれる個人間の通信で取引が行われます。ビットコインに設計があり、理念があるようにDASHにも理念や設計があります。ビットコインの機能を補ったりビットコインの改善すべき点(とDASH製作者が考える)がプラスされた決済用仮想通貨です。

 

DASHとビットコイン

 

先ほども述べましたがDASHはビットコインと同様に「決済用」の仮想通貨です。しかしその特徴は異なります。

 

最も簡単に理解できる特徴は「匿名性」です。

ビットコインは「匿名性」プラス「透明性」のある仮想通貨であると言われます。個人情報に紐づかない「ビットコインアドレス」のみで取引を行える為にある場所からある場所へビットコインを送付してもその「送った人」や「送った場所」をすぐさま特定する事ができません。

しかし、ビットコインアドレスは世界に公開されてしまう為に「特定の」ビットコインアドレスがどのくらい、どのビットコインアドレスへ送付しているのかは簡単に知る事ができます。

ですので「ビットコインアドレス」という「匿名性」の高いものを使用しておりますが「ビットコインアドレスの動向」という点では「透明性」が高くなります。これがビットコインの「匿名性」プラス「透明性」と言われる所以です。

 

対してDASHはこの「透明性」の部分にも、「匿名性」を取り入れる事で匿名性を高めます。

DASHの送金の考え方は基本的にはビットコインと同様ですが、ビットコインとは異なり一つ一つの送金を個別には行いません。簡単に言えばいくつかの送金をまとめてシャッフルして送金処理が行われます。

 

分かりやすく図にすると以下のようになります。

f:id:jyutakugyoseiku:20170425095821p:plain

 

上図のようにいくつかの送金をまとめ、シャッフルして受信元へ指定の数量のDASHを送ります。

 

こうすることで例えばAからBへ100円分のDASHを送ったとしても、記録として「AからBへ」が公開される訳ではなく、あくまで「Aが100円分のDASHを送金」「Bは100円分のDASHを受け取り」と残される為に傍から見ればAがBへ送ったことは分からなくなります。

 

ここがビットコインとの匿名性の違いです。「AからB」と分かってしまうビットコインに対してDASHでは「誰から誰」という情報は分からなくなるのです。

 

ちなみに「Monero」という仮想通貨もビットコインより匿名性の高い仮想通貨として有名ですがDASHとは少し匿名性の出し方が異なります。

DASHが「取引をまとめ」てシャッフルするのに対してMoneroは「取引を分解」してシャッフルします。例えば「160円分」の送金をする取引があったら「100円」「50円」「10円」に分解してシャッフルを行います。

 

匿名性のある仮想通貨

 

匿名性を高めた仮想通貨だとマネーロンダリングやテロ資金など「犯罪用」ではないかと思われがちです。もちろんそのような利用のされ方ができてしまう懸念もありますが取引をあまり公開したくない企業間取引などではビットコインよりも有効な側面はあります。

ですので一概に「匿名性」=「悪い仮想通貨」としてはいけません。結局は使う人次第という事です。

 

即時決済

 

またDASHの分かりやすい特徴として挙げられるビットコインとの違いは「即時取引」です。

ビットコインが10分かかる「取引完了時間」がDASHでは「即時」に行われます。これは「Instant send」と呼ばれており、ダークコインからDASHへ改名される際に実装されました。ビットコインよりも早く取引を完了させるライトコイン(取引完了時間は2.5分)よりも断然早い送金が可能です。

開発チームも「DASHは現金」を目指すと言っているように、より現金のような使い方ができる仮想通貨であると言えるでしょう。(なぜビットコイン取引は10分かかるか


スポンサー

 

 

DASHの歴史

 

DASHは2011年に誕生しました。もともと「ダークコイン(Dark coin)」と名づけられておりましたが、DASHに改名されました。新機能が付けられ、改名され、その後に時価総額も大きく上がりました。2017年3月ごろに価格が上昇して、再度話題に上るようになった仮想通貨でもあります。

 

DASHの時価総額

 

時価総額はライトコインに次ぐ第6位で約3000億円です(2017.9.26.現在)。

 

時価総額で上位に来ている仮想通貨にはやはりどこか他とは違った機能や開発への期待が感じられるものが多くあります。

もちろん時価総額が高ければ世の中にとって有益なものになる、という確証があるわけではありませんが時価総額を一つの指標と考えても良いと私は思っております。たまに時価総額をチェックして保有するかどうかを考えるのも一つの手でしょう。(時価総額について⇒仮想通貨の時価総額とは

 

まとめ

 

以上が初心者の方でも簡単に理解ができるようなDASHの解説です。もちろん技術的な事で言えばまだまだ言うべきことは沢山ありますがまずは概要を掴んでから学んでいくと良いかと思います。取引所のcoincheckで取り扱いが開始(coincheckでライトコイン・NEM・DASH取り扱い開始!)され注目がさらに強まりますがビットコインでさえまだまだ実験段階ではありますので余裕資金で保有をするかどうか考えていただければと思います。さらに詳しく調べ、そして情報収集をしていっていただければと思います!!

 

関連記事

Monero「モネロ」(XMR)とは

仮想通貨のミキシングとは

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin