とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコイン、最低限知っておいた方がいい用語<10選>

f:id:jyutakugyoseiku:20170220211624p:plain

 

これからビットコインを学ぼうとする方はネットや書籍で調べるとかなり知らない単語が出てきてしまうのでいちいち用語を調べていると「あれ?結局自分は何を調べようとしていたんだっけ?」となってしまう事も多いかと思われます。

今回は「ビットコインを学ぼう」と思ったら知っておいた方がいい最低限の用語を簡単にご紹介させていただきます!詳しくはそれぞれの解説ページで知識をつけていただければと思います!

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコイン

 

仮想通貨、デジタル通貨の一つ(もともとは決済システム)。発明したのは「サトシナカモト」と呼ばれる謎の人物(組織)で未だその実態は分かっていない。ビットコインは全てサトシナカモト氏が発明した設計図に基づいたプログラムによって動いており管理団体は存在しない。

ビットコインとは

 

ブロックチェーン

 

ビットコインから生まれた次世代のテクノロジー。その革新性はAI(人工知能)と並ぶとも言われる。もともとはビットコインが管理者不在のプログラムだけで動く性質を成立させる為に誕生した。現在(2017年)ではビットコインの技術からこの「ブロックチェーン」のみを取り出して決済以外でも公証など幅広い分野で利用しようとする動きが広まっている。

ブロックチェーンとは

 

サトシナカモト

 

ビットコインの生みの親。突如ネット上に現れた論文「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P電子決済システム)」の著者欄に書かれていたペンネーム。ビットコインはこの論文を元に世界のエンジニアが開発を行った。日本名だが論文内に日本語が無い事やイギリス英語が使われている事などから日本人ではないとされる。

ビットコインの原論文(サトシナカモトとは)

 

仮想通貨

 

「virtual currency」の和訳。何を持って仮想通貨とするかの定義は見解によっても異なる。「仮想」というイメージから「存在しないもの」「消えてしまうもの」というイメージでよく語られがちだがそれは単なるイメージに過ぎず、むしろビットコインなどは法定通貨(円やドル)等よりも金(GOLD)等と同様に「安全資産」ととらえる見方もある。暗号技術が発展して開発された通貨なので「暗号通貨」と呼ばれたりもし、「仮想通貨」というよりは「次世代の貨幣」という方が適切だと思われる。

仮想通貨の定義

 

マイニング

 

ビットコインの取引を成立させる為に行われる作業の事。これをいち早く行ったマイナー(マイニングをする人)は報酬をもらえる。この作業が金(GOLD)における「採掘」に似ている(採掘=頑張って掘ったら金が沢山もらえる マイニング=頑張って作業をするとビットコインが沢山もらえる)為に英訳である「マイニング」と呼ばれる。

初心者も分かるビットコインのマイニングとは

 

P2Pネットワーク

 

サーバーが不在のインターネットシステム。相互に情報を共有することで全員が欲しい情報を提供し合う。このシステムを応用する形でビットコインは発明された。誰でも参加でき、誰でもすぐに抜ける事ができる為に「マイニング」に関しても基本的には誰でも参加が可能。(報酬がもらえるかどうかは別)中央であるサーバーがいないのでビットコインは中央管理が不在と言われる。

P2Pネットワークとは

 

ノード

 

ビットコインネットワークに参加する人(端末)の事。ビットコインネットワークの参加は「マイニング」以外にもただ単にブロックチェーンを保存する事でも参加していると言える。ノードには様々な種類が存在する。(全てのブロックチェーンを保存する人や一部のブロックチェーンしか保存しない人など)

ノードとは

 

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

 

プルーフ・オブ・ワークとは「proof of work」、直訳すると「仕事の証明」。マイニングにおいて仕事を最もした人(最も早くブロックを作った人)に報酬を与えるというルールの事。ビットコインではプルーフ・オブ・ワークが採用されているがその他仮想通貨では様々なルールのもとマイニングが行われている。

プルーフ・オブ・ワークとは

 

ハッシュ値・ハッシュ関数

 

ビットコインのプログラム上で演算に利用される値や関数の事。一度ハッシュ値を出すと元の数値を結果の値からは推測できない事やかなり値が小さくなるためにビットコインプログラムの中では様々な場面で登場する。

ハッシュ関数って何?

 

公開鍵・秘密鍵

 

ビットコイン取引において必要になる暗号。第三者の介入する取引、つまりウォレットや取引所サービスなどを利用した取引では目にすることはほとんど無い。公開鍵は見やすい「ビットコインアドレス」に変換され、秘密鍵に関しては運営が管理を行う場合が多い。しかし、この二つはビットコインを安全に保管する上では必須の知識。

ビットコインの公開鍵と秘密鍵とは?

 

以上がビットコインを学ぶ上で最低限知っておいた方がいい用語です!もちろんかなり簡単に解説をしてしまったのでそれぞれの用語についてはより深く学んでいきましょう。ビットコインをこれから始める方は是非知識をつけて安全な資産として活用していきましょう!

 

関連記事

ビットコイン用語集 - とってもやさしいビットコイン

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 


スポンサー