とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ブロックチェーンとは

f:id:jyutakugyoseiku:20170730111840p:plain

 

「ブロックチェーン」とはビットコインが生み出したテクノロジーです。ビットコインのような「決済システム」以外の分野でも利用しようと開発が進められております。初心者の方に向けて「ブロックチェーン」を分かりやすく解説をしていきます。

 

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンは簡単に言えば「記録を残すシステム」です。

元々はビットコインシステムを成立させる為に考え出されたテクノロジーですが現在では応用でビットコインや仮想通貨以外にも利用できるのではないかと考えられ開発が進められております。

 

「記録を残す」時、アナログ時代は紙に文字を書く事でそれを行ってきました。

 

デジタル化が進むとデータを箱のようなものに残す事で記録を残すようになりました。

 

その後膨大なデータは「サーバー」という大きな箱で管理されるようになりました。

 

ブロックチェーンという技術では記録を残す際に「サーバー」という大きな箱を必要としません。インターネットを利用して同じデータ(記録)を複数の端末(パソコンなど)で持つ事で管理します。

 

ある場所でデータが更新されるとインターネットを通じてその更新情報が他の人にも伝えられます。そのようにして記録は残され、更新されていきます。

 

デジタルな記録を「サーバー」という大きな箱無しに残せるのでコストを削減する事ができるのです。

 

「ブロック」「チェーン」という意味

 

なぜ「ブロックチェーン」と呼ばれるのかと言えば残される「デジタル記録の形」が由来しております。

 

ブロックチェーンテクノロジーでは、あるデジタル記録を残す時に複数の記録を一つのまとまりにします。「デジタル記録のまとまり」が「ブロック」のように見え、「繋がり」を「チェーン」と比喩しているので「ブロックチェーン」と呼ばれます。

 

複数のデジタル記録をまとめるのは効率を上げる為。それらを繋いでいくのは記録が時系列で繋がっている事を証明する為です。

 

ブロックチェーンの活用

 

 

ブロックチェーンは様々な場所で利用する事ができます。ビットコインのように取引記録を残していく事ができます。取引記録以外の記録を残す事もできます。

 

例えばブロックチェーンに証明書のデータを保存する事もできます。サーバーというコストのかかる箱を利用しなくても記録を残す事ができるのであらゆるビジネスシーンでの活用が期待されております。

 

Next⇒ブロックチェーンでできる事・できない事

Back⇒これでOK!初心者の為のビットコインの始め方

 

ブロックチェーンについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

ブロックチェーンの機能と仕組み

ブロックチェーンをちょっと詳しく!①

ブロックチェーンをちょっと詳しく!②

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で