とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ノードとは

f:id:jyutakugyoseiku:20161106013104j:plain

 

今回はビットコインについて調べているとよく出てくる単語

 「ノード」

 について簡単にご説明させていただきます。

 

ただこちらのノード、正直私はあまり覚える必要はないと思っております。なぜならわからなくても問題が無いからです笑

 

ですので今後皆様がビットコインについて学んでいくにあたり「とりあえず覚えておく」 程度で読んでください!

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

1 ノードとは

 

ノードとは、節、結節(点)、節点、交点、中心点、集合点、こぶ、膨らみ、などの意味を持つ英単語。

ネットワーク木構造など、複数の要素が結びついてできた構造体において、個々の要素のことをノードという。ノードを結びつける線や繋がりをリンク(link)ということがある。ノードとは|node - 意味/定義 : IT用語辞典

 

 

つまり、ノードとは「接続ポイント」なのです。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20160811223404p:plain

P2Pネットワークの接続部分が「ノード」

P2Pネットワークとは⇒P2Pネットワークとは 

 

これはつまりビットコインを取引している方(のデバイス)が「ノード」になっているということです。

 

2 ノードの役割

 

これは何回も言うように

「接続ポイント」

 ということです。

 

ビットコインは皆で管理する物ですのでノードが無くては成り立たないのです。

 

ノードで全てを繋げて皆で監視する。

 

ビットコインのシステムの根幹ですね。

 

 

 

 

かなり簡素な説明になってしまいましたが、これもビットコインを構成する為の一つの要素なので覚えておいて損は無いでしょう。

 

関連記事

ビットコインのフルノードとは?

ビットコインシステムで伝播するトランザクションの仕組み

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 
スポンサー