とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

国内取引所ビットコインゴールド(BitcoinGold)の対応・付与受け取り方法 <随時更新>

f:id:jyutakugyoseiku:20171019185129p:plain

 

2017年10月25日に予定されている「ビットコインゴールド(BitcoinGold)」の誕生について国内主要取引所の発表をまとめます。<最終更新2017.11.02.>

※10月24日にビットコインゴールドの分岐が行われました。実際には11月1日以降から始動します。取引所による付与等の対応はそれ以降になります。(参考:ビットコインゴールドの経過・事業者の対応

<追記>

ビットコインゴールドの稼働が11月13日に正式に発表されました。付与は13日以降の安定次第で行われると見られます。(詳細:ビットコインゴールドが正式スタート 取り出し・確認方法・付与予定

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインゴールドとは

ビットコインゴールドはビットコインから10月25日に分裂する事によって誕生する予定の仮想通貨です。ビットコインから分裂をしますがビットコインとは別の仮想通貨になります。

簡単に言えばビットコインの仕様を真似ているだけの別の仮想通貨になるので、ビットコイン自体に変更があるわけではなく10月25日以降もビットコインは継続して稼働します。ビットコインゴールドが誕生する流れ等はこちらビットコインゴールド(Bitcoin Gold)とは <11月の分裂など>をご参照ください。

 

しかし、ビットコインから分裂する為に分裂前後ではビットコインシステムに何らかの影響が出る可能性がゼロではありません。(参考:ビットコインが分裂するのはなぜか)またビットコインを保有している人はビットコインゴールドを受け取る事ができます。

 

ビットコインゴールドを受け取る為には

 

・ビットコインゴールドに対応する取引所に保管している事

・秘密鍵を自身で管理するウォレット(ハードウェア型ウォレットなど)に保管している事(例:TREZOR

 

などが必要です。

また、11月のもう一つの分裂騒動である「Segwit2x」と「ビットコインゴールド」は別の話です。Segwit2xの分裂について詳しくはこちらビットコインの11月分裂騒動を知ろう!をご覧ください。

スポンサー

 

 

各取引所の対応一覧

 主要国内仮想通貨取引所のビットコインゴールド対応表です。(最終更新2017.11.11. スマホはスクロールで全体を閲覧できます。)

  付与 取り扱い BTC入出金停止 入出金
bitFlyer 未定 未定 
coincheck 〇(独自係数) 未定 - 未定
Zaif - - - -
bitbank.cc - - - -
bitbank trade -
QUOINEX - 一時停止 
BITPoint 〇(11.15.) 未定 - 未定
BTCBOX 未定 未定 未定
GMOコイン - 一時停止 未定
みんなのビットコイン - 一時停止 
BIT Trade - - - -
FISCO - - - -

※空欄は未発表 ※更新が遅れている場合がありますので最新情報は取引所公式HPよりご確認ください。また、取引所の発表は予定のものも含まれます。

 

発表を変更する場合

ビットコインゴールドの付与に関しては取引所の判断によって行われない場合があります。ビットコインゴールドが分裂した後に

・リプレイアタック保護が不十分

・システムが正常に稼働していない(マイニング不足含む)

場合など問題があった場合は付与されない場合があります。

 

またそれらの問題点が解決した場合には付与される取引所もありますので各取引所の発表を慌てずに待ち行動しましょう。

 

各取引所の詳細

各取引所(発表済)の詳細です。

 

bitFlyer(11.02.更新)

・問題が無ければ付与予定(10月24日ビットコイン保有数

※11月2日時点ではBTG(ビットコインゴールドの稼働が確認できておらず付与日時は未定)

・BTGの売買、入出金は未定

・特徴と問題点を発表

<特徴>

・Bitcoin Cash で用いられた SIGHASH_FORKID によるリプレイアタックに向けた対策が計画されています。
・BTG のブロックチェーンにはプレマインが含まれます。プレマインとはブロックチェーンにおける非公開環境でのマイニングを指します。新規発行コインの公平な分配が行われず主導者や開発者等が利益を独占する可能性があります。
・BTG は Equihash PoW への移行が計画されています。Equihash PoW は、SHA256 を利用したビットコインの PoW アルゴリズムとは異なり、メモリ指向型の PoW アルゴリズムであるため RAM の保有量がハッシュパワーを制限し ASIC によるマイニングに対して耐性があります。

用語解説(当サイト)「リプレイアタック」「プレマイン」「SHA256」「ASIC耐性

 

<問題点>

リプレイアタックに向けた対策は未実装、Equihash PoW への移行は未完了、BTG 分岐及び BTG のブロックチェーンの稼動スケジュールは未確定、ブロックが安定的に生成されるか不明の状況です。

上記問題点が解決されたと判断する場合に付与。

 

※BTG公式サイトにて上記問題点の解決が発表されていますが、11月2日時点ではbitFlyer側でBTGの安全稼働確認が取れておらず付与の日時は未定となっています。

 

詳細(11月2日):https://bitflyer.jp/pub/announcement-regarding-bitcoin-gold-fork-ja-3-revised.pdf

 

coincheck(10.24.更新)

※分岐が24日になったことに伴い以下の付与数計算の予定が25日保有数から24日保有数に変更されています。

 

・付与日時、売買、入出金開始は未定

・付与されるビットコインゴールドは保有するビットコインと同数ではなく、全ユーザーの取引状況から算出される付与係数を乗じた数量を付与

 

付与係数 = 1 – ① / ②

① = 信用取引による顧客のビットコインの借入数量合計 + 顧客のレバレッジ取引によるショートポジションの数量合計

② = 顧客の取引アカウントのビットコインの残高合計 + 貸し仮想通貨アカウントのビットコインの残高合計 + 決済アカウントのビットコインの残高合計 + 顧客のレバレッジ取引によるロングポジション合計

 

つまり分裂後に全ユーザーの取引状況を見て、仮に係数が0.9となった場合は1BTC保有している人は0.9BTG(ビットコインゴールド)受け取る事ができます。

 

詳細:2017年10月25日「Bitcoin Gold」の分岐に係る対応方針について | Coincheck(コインチェック)

 

bitbank.cc

・付与、売買、入出金は無しの予定

・ビットコインゴールドの問題点を発表

 

1 プレマイン

10月19日時点において、BTG(github.com/BTCGPU)には8,000Blocksのプレマイン(非公開環境における採掘の独占)が含まれます。プレマインは公平な分配が行われず、マイナーが利益を独占することができるため、その是非は度々議論の的になっています。

2 Equihash PoWのコードが完成していない

BTGはCPU/GPUで採掘できることを標榜する仮想通貨ですが、10月19日時点においてEquihash PoWへの移行が完了しておりません。これからユニットテスト及びリグレッションテストを実施する予定ですが、予定日までの時間が残されていません。

3 リプレイ攻撃保護がされていない

9月29日に、Bitcoin Cashで用いられたSIGHASH_FORKIDによるリプレイ攻撃保護が提案されていますが、10月19日時点において導入の検討が行われていません。分岐を前提としたハードフォークを行う場合、リプレイ攻撃保護を明示的に行う必要があります。リプレイ攻撃保護が行われていない場合、分岐したコインを使用することにより、予期せずもう片方のコインも同時に送信してしまい資産を失う恐れがあります。

4 リスケジュールの可能性

BTGは当初、8月31日に16,000ブロック(200,000BTG)のプレマインを行い、これを10BTG=1BTCの価格で販売するICOを計画していましたが、計画の見直しを行っています。

 このような理由から現在では取り扱いを行わない方針としております。(参考:プレマイニング(プレマイン)とは <初心者向け>

上記問題点が解決された場合には付与や取り扱いの可能性があるとしております。その為分岐時点でのユーザー保有ビットコイン数のスナップショットが保管されます。

 

詳細:Bitcoin Goldに対するビットバンクの対応方針について

 

BITPoint(11.15.更新)

・保有ビットコインと同数のビットコインゴールド付与

・入出金、売買については未定

 

分岐時に保有するビットコイン数に応じ、Bitcoin Goldをお客様へ付与いたします。

(中略)

新たに発生したBitcoin Goldの送付・預入のサービス、現物取引(売買)につきましては、新たに形成されるブロックチェーンのセキュリティ設計が十分に確認できていないことから、現段階では取扱いを未定としておりますが、当社がBitcoin Goldの取扱いを行わないと決定した場合は、お客様の保有するBitcoin Goldを当社が買取る等の措置を講じる予定でございます。

 BITPointでは保有ビットコインと同数のビットコインゴールドが付与される予定です。またその後にビットコインゴールドを取り扱わない方針が決定した場合はビットコインゴールドのBITPointによる買取もあるとしております。

 

<2017.10.24.追記>

ビットコイン・プロトコルの分岐後にお客様へ付与する「ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)」は、WEB取引サイトのログイン後のメニュー「取引照会」内にある「電子帳票閲覧」へ、『保護預り残高証明書』を電磁的に交付させていただきます。『保護預り残高証明書』の交付は、10月25日(水)午後8時頃を予定しておりますので、残高等のご確認をお願いいたします。(BITPoint | ビットポイント 10月25日に予期されるビットコイン分岐に向けた対応について(第2報)

 

<2017.11.11.追記>

11月13日のビットコインゴールド稼働開始より、システムの安定性を鑑みて付与が行われるとしています。 

 

詳細:BITPoint | ビットポイント 10月25日に予期されるビットコイン分岐に向けた対応について(第4報)

 

<2017.11.15.追記>

11月15日にBitPointは分裂発生時(10月24日)保有ビットコインと同数のビットコインゴールドを付与しました。アカウントの「取引照会」⇒「電子帳票閲覧」から保有ビットコインゴールドの数を確認できます。

入出金や売買の予定は未定なのでビットコインゴールドを動かす事はまだできません。

ビットコインゴールドに問題が生じた場合はBitPointが顧客保有ビットコインゴールドを買い取る可能性もあります。

 

詳細:BITPoint | ビットポイント 10月25日に予期されるビットコイン分岐に向けた対応について(第5報)

 

BTCBOX

・保有ビットコインと同数のビットコインゴールド付与予定(問題がない場合)

・入出金、売買は未定

 

弊社の判断によりビットコインゴールドに問題がないと確認出来た場合にはお客様の所持しているビットコインに対して同量のビットコインゴールドを付与させていただきます。

取引、入出金に関しては現時点で決定した事実はございません。 決定次第、速やかに告知させていただきます。

入出金や売買などは未定となっております。

 

詳細:https://www.btcbox.co.jp/gonggao/279.html

 

Zaif

・付与、入出金、売買は無しの予定

・ビットコインゴールドの問題点を指摘

 

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

 ・上記問題点が解決されたら予定変更の可能性

BTGの付与をしないと判断した場合であっても、Zaifが保管以外の目的でBTGを移動したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

取り扱い無しが基本方針となります。その後に変更される可能性があり、10月25日時点のユーザー保有ビットコイン数をスナップショットで保管するとしております。

 

詳細:Bitcoin Goldの対応についてのお知らせ | Zaif Exchange

 

Bit Trade

・付与、取り扱いの予定は無し

・問題点(bitbank.ccと同様の問題点表明)が解決すれば付与の可能性あり

 

詳細:Bitcoin Goldに対するビットトレードの対応方針について

 

QUOINEX

・ビットコインゴールドの付与は無し

・問題点が解決した場合付与を行う可能性

・10月25日ビットコインの入出金一時停止

 

弊社はこのたびの分岐で発生するビットコインゴールドについて、分岐後すぐにはサポートせず、お客様への付与も行わない予定です。
本コインはリプレイアタックに対する対策が不十分と考えられることから、登録事業者としてお客様の資産を大切に保全することを第一に考え上記の判断となりました。
ただし、今後の展開には注視して、サポートする場合には遅滞なくお知らせ致します。

 

詳細:(2017/10/20) ビットコインのハードフォークに伴う当社の対応について – QUOINEX Japan

 

みんなのビットコイン

・ビットコインゴールドの付与は無し

・問題点が解決した場合付与を行う可能性

・10月25日ビットコインの入出金一時停止

 

QUOINEX社と同様の見解です。(みんなのビットコインはQUOINEX社と同様の取引所機能を提供しております。)

 

詳細:世界を変えるコイン| みんなのビットコイン - 【重要】ビットコインのハードフォークに伴う弊社の対応について

 

GMOコイン

・問題が無ければ付与

・売買のサービスは無しの予定

・ビットコイン入出金を10月25日より一時停止(再開は未定)

 

詳細:10月25日に予期されるビットコインの分岐に向けた当社対応について | GMOコイン株式会社

 

FISCO

・付与、取り扱いは無しの方針

・状況に応じて分岐時の保有ビットコインと同数のビットコインゴールド付与の可能性

 

・分岐後の不正行為(リプレイアタック)への対策が不十分である可能性がある
・採掘者(マイナー)が充分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの欠陥や脆弱性があり、お客様資産の保全が確実になされない可能性がある

という問題点を指摘

 

詳細:ビットコインゴールド(BTG)への対応方針のお知らせ|フィスコ仮想通貨取引所

 

ビットコインのハードフォークについて

ビットコインの分裂(ハードフォーク)は今後も行われる可能性があります。システム上ハードフォークができてしまうので仕方のないことですがその度に慌てないよう、ビットコインを取り扱う場合はしっかりと前提知識をつけておくことが大切です。

 

あらかじめ取引所・ウォレット・分裂の意味を学んでおきましょう。

 

関連記事

<特集>ビットコイン、仮想通貨の分裂とは?

ビットコインの「フォーク」とは

取引所Segwit2x(ビットコインハードフォーク)の対応・付与受け取り <随時更新>

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で