とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインゴールドの詳細と配布を受ける為に必要な事

f:id:jyutakugyoseiku:20171005173358p:plain

 

2017年11月のSegwit2x分裂騒動とは別にビットコインが「ビットコインゴールド」という仮想通貨を生み出す為に分裂する可能性があります。

ビットコインゴールドの現状(2017年10月10日時点)で分かっている事の詳細と分裂した場合にビットコインゴールドを受け取る方法を初心者の方にも分かりやすく解説します。ビットコインゴールドの簡単な流れの解説はこちら

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインゴールドとは

ビットコインゴールドは香港のマイニンググループLightningASICが主導するビットコインから分裂する事で誕生する可能性がある新たな仮想通貨です。

 

分裂とは言え、簡単に言えばビットコインの仕様を真似ているだけでビットコインとは全くの別物の仮想通貨になります。

ビットコインを始めとした仮想通貨は「ブロックチェーン」というデータベースに記録される事で存在が証明されているのでそのブロックチェーンを分割する事で比較的簡単に似た仕様の仮想通貨であれば分裂を起こす事によって作成できます。

詳しく分裂の仕組みについて知りたい方はこちらビットコインが分裂するのはなぜか をご参考にしていただければと思います。

 

ビットコインゴールドは10月25日からスタートするとされており、騒動になっている11月に起こる可能性のあるSegwit2xの分裂とは全くの分裂になります。Segwit2xの分裂についてはこちらビットコインの11月分裂騒動を知ろう!をご参照ください。

 

ビットコインゴールドの詳細

マイニングシステム変更

ビットコインゴールドはビットコインの中央集権化したマイニングシステムを一新して多くの参加者がマイニングできる仕組みにする目標を元に分裂を行います。

 

ビットコインのマイニングは元々考案者のサトシナカモト氏が提唱した「1CPU=1票」という1つの汎用性コンピューター(皆が持てるコンピューター)で参加できるマイニングというシステムとは現状では異なっております。

 

マイニングは計算をとにかく行う事によって成功しますが、当初汎用性CPUで行われていたマイニングは現在では「ビットコインマイニング専用」のASICが開発されてしまった為、高価なASICを持つことのできる一部の人しかできなくなってしまっています。

 

そんな現状をビットコインゴールドはビットコインのルールを改訂する事で打破しようと試みます。

 

ビットコインのマイニングに利用されている仕様(SHA256)を変更し、ZCashという仮想通貨で利用されているEquihashを採用します。これにより現在ビットコインマイニングで利用されているASICはビットコインゴールドで利用する事が出来なくなります。

 

また新たにビットコインゴールドマイニング専用のASICを開発しようとしても「Equihash」はSHA256よりも複雑な仕様になっている為、開発に時間がかかる・開発が困難な事からASICは作成されずより多くの参加者がマイニングできる、としております。

スポンサー

 

 

リプレイアタック保護

ビットコインゴールドはリプレイアタック保護も備わるとされています。もちろん稼働するまで何が起こるかは分かりませんがリプレイアタックという悪意のある人にビットコインやビットコインゴールドを盗まれてしまう攻撃を防ぐ機能を備えるとしています。

ですのでビットコインゴールドの分裂(ハードフォーク)によって持っているビットコインが無くなる等の心配はあまり必要がないでしょう。

リプレイアタックについて詳しくはこちら仮想通貨のリプレイアタック(攻撃)とは <初心者向け>をご参照ください。

 

リプレイアタック保護についてはビットコインゴールド公式では実施される旨を発表しておりますが懐疑的な意見もあります。

取引所bitbankの見解ではリプレイアタック保護は10月19日現在、まだ導入の検討がされていないと発表しております。(参照:https://bitbank.cc/blog/bitcoingold/

 

配布を受けるには

ビットコインゴールドはビットコインから分裂するのでビットコイン保有者には同数のビットコインゴールドが配布されます。

これは8月に分裂したビットコインキャッシュがビットコイン保有者に配布されたのと同様の現象ですので8月に配布を受けた方は理解がしやすいと思います。

 

まず、ビットコインゴールドは10月25日にスタートすると発表されていますのでビットコインを10月25日までに保有している必要があります。

 

ビットコインゴールドは10月25日からスタートしますが実際にビットコインゴールドの採掘がはじまるのは11月以降になると思われます。採掘に必要なマイニング参加者がビットコインゴールドを採掘するのに時間がかかる為です。

 

最初の配布が10月25日に行われますが、配布を受ける為には取引所ではなく秘密鍵を自身で保管するタイプのウォレット(コールドウォレット)がいいでしょう。

何故ならビットコインを預けている取引所やウォレットがビットコインゴールドに対応しない時はビットコインゴールドを受け取る事が出来ない可能性があるからです。

 

秘密鍵を自身で管理するタイプのウォレットであればビットコインゴールドに対応するウォレットへ10月25日以降に送信する事でビットコインゴールドを受けとる事ができるようになります。

 

ですので配布の為には

・10月25日までにビットコインを保有している

・コールドウォレットに保管しておく

・ビットコインゴールド対応ウォレットに移動する

のが最も安全な方法になります。

 

ただ、取引所でもビットコインゴールドに対応する可能性もありますのでコールドウォレット利用がよく分からない方は取引所の発表を待ってから動いてもいいかもしれません。

取引所の対応についてはこちらをご参照ください⇒国内取引所のビットコインゴールド(BitcoinGold)の対応 <随時更新>

 

※当サイトでも更新はしていきますが、ここで説明しているのはあくまで「現状(2017.10.19.)」の情報になります。最新情報は自身で収集していただければと思います。また、実際にビットコインゴールドに価格が付くのかや今後稼働していくのかは分かりません。仮想通貨では発表と異なる事態が起こる事が多々ありますので注意してください。

 

関連記事

<特集>ビットコイン、仮想通貨の分裂とは?(まとめ)

ASIC耐性は仮想通貨にとって良い事か悪い事か

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で