とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ブロックチェーンでできる事・できない事

f:id:jyutakugyoseiku:20170731094849p:plain

 

ブロックチェーンでできる事は多くあります。世界がどのように変わっていくのか、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

ブロックチェーンでできる事

 

ブロックチェーンは基本的に「記録を残す」事に特化したテクノロジーです。ブロックチェーンが私達の生活にどのような変化を与えるのでしょうか。

 

取引記録を残す

 

ブロックチェーンを生み出したビットコインを始めとした仮想通貨を利用する事で取引記録を特定の管理主体無しで残していく事ができます。

 

法定通貨の銀行振り込みでは銀行がその取引記録を管理する事によって取引が正当なものだと証明されますが仮想通貨のブロックチェーンがあれば「銀行」という管理者がいなくても取引記録を正当なものとして残していく事ができます。

 

すると銀行に手数料を払う事なくお金を人々がやり取りする事ができるようになりより自由な経済活動を営むことができるようになります。(銀行の営業時間を気にする事が無い、等)

 

証明書を残す

 

ブロックチェーンでは「記録を証明」する事ができます。「証明」というのは今まで信頼のおける第三者によって行われてきました。

遺言書は公証役場によって証明されます。不動産や会社の登記は登記所に申請する事によって所有権が証明されます。婚姻届けは行政によって成立します。預金は銀行によって証明されます。

 

このような「証明」が第三者ではなく「ブロックチェーンに記載されている」という事実のみで行う事ができるようになります。

「証明」をする第三者が不要になる事で第三者に支払うコストを負担する必要がなくなります。

スポンサー

 

 

既存システムの効率を向上

 

既存のシステムの中にブロックチェーンを取り入れる事で「記録を残す」作業を効率的に行う事ができるようになります。上記二つは「管理者不在」でも記録を残す事で起きる生活の変化でしたが既存機関がブロックチェーンを利用する事でも生活に変化は生じます。

 

今までサーバーを利用してデジタルデータを残していた機関が記録をブロックチェーンで残す事によりサーバーコスト、記録管理コストを削減できるようになり私達消費者にその削減分のコストを転嫁する事でより安価なサービス利用が可能になります。

 

例えば銀行がブロックチェーンで顧客資産を管理する事で手数料を抑えると共に管理に対する人間の操作が少なくなる事で営業時間外でも振り込み処理等を行えるようになります。

 

このような管理者の下で利用されるブロックチェーンを「プライベートブロックチェーン」と言います。(参考:パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン

 

スマートコントラクトの応用

 

ブロックチェーンには「スマートコントラクト」という機能があります。これはプログラムによって契約を自動執行する機能です。

 

スマートコントラクトにより「お金を支払うのと同時に所有権が移る」という契約を自動的に行う事が出来たりします。

 

例えばカーシェア等を利用する際、お金を支払うのと同時に支払い者の情報が車に届き、支払者の指紋でのみキーロックが外れるようになる、というサービスを開発する事が可能になります。鍵の受け渡しコストや紛失リスク、人件費等が削減されより良いサービスを展開する事が可能です。

スマートコントラクトは多くの分野で人々の生活を変えていきます。

 

ブロックチェーンでできない事

 

ブロックチェーンは簡単に挙げて上記のような実現可能な未来を提示してくれます。しかしもちろんできない事もあります。

 

判断をする事

 

ブロックチェーンは作成されたプログラムに従う奴隷コンピューターのようなものです。プログラムを設定するのは人間ですので何かを判断する事はできません。

 

あらかじめ決められたルールの下でその記録が正しいかどうかを処理する事はできますが予期せぬ出来事が生じた際はブロックチェーン自体が判断を下して何かをする、という事はできません。

 

データではない物を扱う事

 

ブロックチェーンはデジタルデータのみを記録に残す事ができます。現実で起こる事象をそのまま記録する事はできず、データ化されたもののみを記録に残す事ができます。

 

ですのでデータ化のできない、または表現しにくいもの(人の感情や能力など)は記録を残す事はできません。それらを残す場合はある基準を人間が作り、データ化する必要があります。

 

まとめ

 

上記のような特性を持つブロックチェーンをより有効に利用するためには単体ではなくAI(人口知能)やIoTなどのその他のテクノロジーと合わせて使う事で更なる生活の変化が訪れます。

 

可能性は無限大です。是非仮想通貨、ブロックチェーンを学んで豊かな生活を実現するきっかけを手にしていただければと思います。

 

Next⇒初心者も分かるビットコインのマイニングとは

Back⇒ブロックチェーンとは

 

関連記事

ブロックチェーンは世界の全てを変えるのか?

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で