とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ブロックチェーンは世界の全てを変えるのか?

f:id:jyutakugyoseiku:20170114115526p:plain

 

ビットコインや仮想通貨に関するニュースが連日のように世の中に出てきております。それに関しては以前からビットコインを追っている私としてはとても楽しんでいるのですが、その中で「ブロックチェーンは世の中の全てを変える」というような言説も出てきます。実際そのような事は有り得るのでしょうか?ブロックチェーンはそこまで万能なものなのでしょうか?

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンとは、ビットコインの決済システムを円滑にする為に生まれたテクノロジーです。ビットコインの取引記録を一つの塊(ブロック)にしてチェーンのようにつないでいくことによってブロックに埋め込まれた取引記録を改ざんできなくしたり、ブロック自体を消滅させることを事実上不可能にするテクノロジーです。

 

もともとビットコインから生まれたブロックチェーンは全体に公開する事や、プルーフ・オブ・ワークという合意形成システム、そしてマイニング報酬といった仕組みを絡ませることによってブロックチェーンの改ざんを事実上不可能にしました。

 

つまりビットコインのブロックチェーンはそれ単体で改ざんを防ぐことや二重支払いを防ぐことはできません。様々な経済システムや独自システムを絡めることによってブロックチェーンは成立しております。

 

しかし、現在ではその「改ざん不可能」な特性に目を付けた企業や組織が自社のコストダウンの為に独自のブロックチェーンを開発したりしていて、もともと様々な要因のおかげで成立していたビットコインのブロックチェーンとは異なる「ブロックチェーン」(プライベートチェーン等と呼ばれる)が開発されております。

 

別にビットコインのブロックチェーンより企業のブロックチェーンがダメ、という事を言いたいわけでは無いですが、ビットコインやブロックチェーンに最近興味を持った方は「世の中で言われるブロックチェーン」=「ビットコインのブロックチェーン」ではない、という事を知っておくと理解は深まり役に立つと思います。

 

また、現在色々なところで開発されているブロックチェーンの中には「取引記録」ではなく他の「記録」をブロックチェーンに埋め込むことで新たなサービスを生み出そうとする動きもあります。実際もともと「イーサリアム」などの仮想通貨では「取引記録」以外の記録を保存するためのブロックチェーンは開発されてきたのですが、それを自社の団体でブロックチェーンを作ってしまう、という事が行われております。

 

「イーサリアム」があるならばそれを使えばいいではないか、というように考える方もいますが、まだまだ「イーサリアム」も実験段階で実用段階には至っておりませんし逆にイーサリアムを利用して自身のサービスを作成しようとする企業なんかもあったりします。ここら辺はまだまだ最近出てきたテクノロジーなので様々な意見があり、それぞれが研究をしている段階です。

 


スポンサー
   

 

ブロックチェーンが世界を一変させる?

 

本当によく聞く話なのですが「ブロックチェーンが世界を一変させる」という話です。私もビットコインに興味を持ち、そしてブロックチェーンの仕組みを知った時は「これは世界を変えるかもしれない」と考えておりました。

 

ブロックチェーンやビットコインの事を特集する雑誌やネット等では必ずと言っていいほどそのような言説は見ます。特に以前の「WIREDブロックチェーン特集」ではそこにフォーカスした記事が多くあり、私も読んでいて興奮した記憶があります。

 

しかし、ビットコインやブロックチェーンについて研究していて思いますが「『ブロックチェーン』が世界を変える」という言葉だけを信じるのはかなりリスクが高い、という事です。

 

というのも、まずそもそもビットコインのブロックチェーンと現在企業が開発しているブロックチェーンは全くの別物だという認識が無いと今後の世の中がどうなっていくのか予想するのは極めて困難ですし、正直現在企業が開発しているブロックチェーンは世の中をそこまで変化させません。企業のコストダウンの為のブロックチェーンですのでイメージとしては「一つの作業をロボットに行わせることに成功した」というのと同じことです。

 

もちろんそれだけでもとても世の中の為にはなりますしいくらか世界は変わるでしょうがそこまでの変化はありません。これが「ブロックチェーンは世界を変える」という言葉をすんなり受け取ってはいけない理由の一つ目です。これはビットコインとプライベートブロックチェーンについてで述べたようなビットコインのようなパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの違いによるものです。

 

そして二つ目に私が考える事は「ブロックチェーン単体(それがビットコインのようなパブリックブロックチェーンだったとしても)では世界は変わらない」という事です。

 

どういう事かと言えば、確かにビットコインのようなシステム、ビットコインブロックチェーンは「決済」という場面においては素晴らしい技術で、これまでにないシステムを世の中に生み出してくれました。実際に自分が銀行となり、銀行無しでグローバルな取引を可能にしました。この分野ではかなり世界を変える可能性は見えます。

 

しかし、決済以外の分野に視点を当ててみると、ブロックチェーン以外の人工知能であったりIoTであったり、それらが連動することによって世の中はガラリと変わると思っております。もちろんこれは「世界が変わる」の定義の違いなので私が考える「世界が変わる」は極端なものかもしれません。会社のあり方も「社長、部長、課長・・・」というようなトップダウンではなく「個人」が主になってそのまとまりが会社になったり、もっと大げさに言えば「国」という概念もほとんど無くなり、アフリカの子供がアフリカに居ながらアジアの子供と友達になり、教育もボーダーレスなものを受ける事ができるようになったり、、、といったものです。

 

これは確かに極端ですが、私はそれができるきっかけとして「ブロックチェーン」が存在するような気がしております。つまり何が言いたいかというと「ブロックチェーンが世界を変える」というのはただの煽り文句なだけで実際に世界を変えていくのは「人間」ですし、その為には「ブロックチェーン」は一つのきっかけとして、他の分野も交えてもっと「個人」が活躍する時代を作っていく、というところに私たちはフォーカスしなくてはならないのではないか、という事です。

 

まとめ

 

そう言っている私もまだそれを実現できておらずただブログを書いているだけなので他人の事をとやかく言う資格などありません。しかし、私が考える「ブロックチェーンは世界を変える」はもっと壮大なものであっていいと思いますし、単に「ブロックチェーン」と言っても一人一人が少しだけ深く調べる事で更に世の中を良くしていくのではないか、という事です。

 

ブロックチェーンは確かに革新テクノロジーですがそれをどう使うかは人間次第です。私はエンジニアでないので直接的にブロックチェーンシステムを更に進化させる事はできませんが、多くの人がこの技術の素晴らしさに気づき、少しだけ深く考える事で世の中は本当に変わっていくと思います。是非、興味のある方は情報を収集していっていただければと思います。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

WIRED VOL.25/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える

WIRED VOL.25/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える