とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

TREZOR購入の際の注意点

f:id:jyutakugyoseiku:20170928115547p:plain

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

安全に仮想通貨を保管する方法

ビットコインやその他の仮想通貨を安全に保管する方法は「コールドウォレット」と呼ばれる「オフラインで保管する」タイプのウォレットです。

コールドウォレットには紙で保管する「ペーパーウォレット」とハードウェア型の端末で保管する「ハードウェアウォレット」があります。

 

「TREZOR」はハードウェアウォレットで、仮想通貨を専用端末で保管する事で安全に管理します。

 

TREZOR購入方法

TREZORは公式HPやamazonで購入する事ができます。公式からはアメリカのamazon.comでの購入になり、国際発送になります。amazon.co.jpという日本のアマゾンサイトでも取り扱う店舗がありますのでそちらから購入する事も可能です。

 

<公式HP>

trezor.io

 

<amazon販売ページ>

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)
 

 

販売元は「SatoshiLabs」というチェコ共和国の会社です。

 

購入の際の注意点

正規品を購入する

購入する際は新品・正規品を購入するようにしましょう。間違えても中古品を購入しないようにしましょう。

ハードウェア型の仮想通貨ウォレットは中の仕組みをいじられた(悪意によって)中古品を利用してしまうと中に保存したビットコインを盗まれてしまう可能性があります。

amazonで登録店舗が取り扱うものでも以上に値段が安いものを購入してしまうと正規品ではない可能性等がありますのでしっかりと見極めるようにしましょう。基本的には新品であれば心配は無いですが、神経質な方は公式から購入するのがおすすめです。

 

ハードウェア型のウォレットが必要か

仮想通貨を安全に保管する場合はハードウェア型のウォレットが必要かどうかは自身でしっかりと判断しましょう。ビットコインの保管ではペーパーウォレットでも安全に保管する事ができます。

インクの消え等が無いハードウェア型ウォレットはペーパーウォレットよりも安全ですが、ペーパーウォレットをしっかりと利用する事で(復元フレーズの記録や秘密鍵・ビットコインアドレスの安全保管により)安全性を保つ事は可能です。

 

少額の保管であれば操作の若干複雑なハードウェア型のウォレットが必要ではない可能性もあります。せっかくお金をかけてハードウェア型のウォレットを購入するのであれば「本当に必要な」時に購入しましょう。

 

ペーパーウォレットを使いこなそう!⇒ペーパーウォレットの使い方完全ガイド

 

ハードウェア型のウォレットは複数ある

ハードウェア型のウォレットはTREZORだけではありません。その他の物も検討すると良いと思います。どのハードウェア型のウォレットも基本的な機能は同じですがせっかく購入するのであればデザインや操作性をしっかりと調べて自身の愛せるウォレットにしましょう。

 

<TREZOR以外のハードウェア型のウォレット>

Ledger Nanoウォレット

 

上記のような注意点を確認し、購入しましょう。

操作はそこまで難しいものではありませんが最低限「秘密鍵と復元パスフレーズ」の意味など知識をつけておきましょう。

 

Next⇒TREZORの使い方① <開封時の注意点・初期設定>

Back⇒TREZORとは <初心者向けガイドページ>

 

関連記事

ビットコインウォレットとは?用途と選び方をご紹介!

ビットコインウォレット紹介ページ

初心者の仮想通貨「安全保管」はハードウェアか取引所か

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサー