とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

中国仮想通貨取引所、全面停止へ

f:id:jyutakugyoseiku:20170916110619p:plain

 

中国当局が中国国内仮想通貨取引所に対し全面的な停止を要求する発表を出しました。これを受けて先日停止を発表した中国取引所「BTCC」「ViaBTC」に加え「OKCoin」「houbi」という中国大手取引所やその他の取引所も停止する方針を発表しました。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

中国当局の発表で取引所停止へ

 

中国当局は2017年9月15日までに仮想通貨取引所停止をする旨を発表する事を中国国内仮想通貨取引所へ要求しました。

その後の20日までに取引所を顧客資産の安全を確保しながら停止する為の計画を出す事、北京にスタッフ・技術者・管理者は滞在する事、毎日当局へ日報を提出する事も要求しております。

f:id:jyutakugyoseiku:20170916102650p:plain

(画像元:https://twitter.com/ETCChina/status/908623403854082048

 

多くの取引所が停止を発表しており、中国の取引所は全面的に閉鎖されるものと見られます。

中国では先日仮想通貨のICO禁止も発表されており、一旦仮想通貨は中国から締め出されます。しかし、中国国内で行われているマイニング事業に関しては規制がされておらず継続されます。

2017年初めには中国取引所へ仮想通貨引き出し禁止令も出されており(その後解除)中国ではこのような規制は今後も発表されるでしょう。

スポンサー

 

 

中国取引所の対応

 

上記に示した通り中国大手仮想通貨取引所の多くが取引所の停止を発表しております。中国大手取引所BTCCは9月30日付けでの取引所「一時停止」から「閉鎖」へと発表を変えております。(中国仮想通貨取引所「BTCC」の停止発表と価格の下落

 

BTCCの公式Twitterでは顧客資産の返還に応じる事や今後取引所以外の事業は影響を受けずに継続される事が発表されました(公式BTCC (@YourBTCC) | Twitter)。BTCC以外の大手取引所「OKcoin」「houbi」でも取引所以外の事業継続が発表されております。(参照:https://www.huobi.com/p/content/notice/getNotice?id=641

 

今後中国取引所が閉鎖のままになるのかは分かりませんが中国でここまで流行したビットコインを中国当局が黙って見過ごす事は無いでしょう。取引所事業のみに規制をかけて終わるのではなく、今後マイニングビジネス等にも当局の介入が見られる可能性は十分にあります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170916104620p:plain

(画像元:https://www.coindesk.com/china-shmyna-bitcoin-trading-way-distributed-now-anyway/

 

中国当局の規制によりビットコインの流通は変化が起こります。2017年からの中国国内規制で画像からも分かるように人民元の取引量はかなり落ち、日本円が台頭しました。中国規制により今後どのような変化を見せるのか注視していくのはとても重要な事でしょう。

 

ビットコインと規制と価格

 

しかし、今回の中国規制発表後一時ビットコイン価格は1BTC当たり30万円に落ち増したが9月16日10時現在40万円以上に持ち直しております。元々中国の取引量は少なかったために影響があまり無かったのかもしれません。

 

そうなれば次の日本やアメリカの規制に価格はとても反応しそうで注意が必要です。韓国でも取引量は伸びており、韓国どのような対応を見せてくるのか情報を収集してみると面白いでしょう。

 

中国の規制から見る「非中央管理」

 

中国の規制を見ているとビットコインの「非中央集権」と「中央集権」の対立を見る事ができます。ビットコインは「非中央集権」であるが故に中国のような国を挙げた中央管理の組織と闘う事になります。

 

中国はビットコイン事業により利益を得ております。しかし、得ているが故にビットコインを利用しようとする可能性が大いにあります。今回の取引所規制もその一因で取引所を掌握する事によってビットコインそのものを支配しようとしているとも考える事ができます。

 

取引所を閉鎖する事によって価格を下げ、国がビットコインを買い占める。その後取引所を再開させて差益を得る事もビットコインであれば可能です。中央で規制された従来のシステムではそのような価格操作などの不正を中央が「禁止」をすればいいのですが、中央不在のビットコインにおいては可能になってしまいます。

 

中央不在というシステムはユーザーに平等な立場を与えますが、本当の意味での規制(国ごとではなくシステム自体の規制)はとても難しく、中央集権組織との争いになります。

 

ビットコインが世界的に普及すれば国際的な規制をかける事もできますし、一国の操作が効かない事にもなり得ますが現状では操作が可能な市場になってしまっております。ビットコインを取引する際はそのような事を頭に入れておくことは重要です。

 

もし売買によって利益を得ようとしているのであれば「国」のような巨大組織と闘う事も認識に入れてスタートすると良いかと思います。

 

関連記事

中国のグレートファイアーウォールから見るビットコイン禁止と今後

仮想通貨・ブロックチェーン各国の動向

フィンランド中央銀行技術者のビットコイン賞賛について

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin