とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

中国のICO規制について<初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20170905164216p:plain

 

 

中国の金融当局はICO(Initial Coin Offering)について規制をする内容の声明を発表しました。ICOが規制される事によって仮想通貨自体に様々な憶測が飛び交い、ビットコインを始めとする仮想通貨の価格が市場で暴落しております(2017年9月5日現在)。初心者の方も理解が深まるよう、分かりやすくこの問題に関して解説をしていきます。

 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

中国の規制

 

今回発表された中国金融当局の規制内容は、ICOという仮想通貨を利用した資金調達についての規制です。

ICOは仮想通貨を個人や団体が発行する事により、その仮想通貨を投資家が購入し販売資金を利用してサービスを発行元が開発・宣伝していく資金調達の事です。

 

元々ICOは「ブロックチェーン」という技術を利用してコインを作成する事でコイン購入者に対しサービスを利用できる権利等を提供(コインでサービス利用が可能)するもので、ブロックチェーンを利用していないものは該当しませんでした。しかし近年、その資金調達方法のみに注目が集まり「ブロックチェーンを利用したもの」というよりは「コイン」という疑似株式(トークンと呼ばれる)を発行する事で資金を調達してサービスの開発資金に充てるものへと変化していきました。

 

そんなICOに対し中国当局は2017年9月4日の発表で禁止、また既にICOを行っている個人・団体に対し資金の返却を求めました。

 

中国当局はICOは不正な資金調達とし、仮想通貨取引所へ販売したコインを上場(個人投資家の売買が可能になる事)する事で不正に価格を上昇させているとしてICOを禁止する発表をしました。

 

これを受け、一時1BTC=55万円までつけていたビットコイン価格が約45万円まで下がるという暴落を起こしました。その他の仮想通貨もそのあおりを受け、軒並み価格は下落しました。

 

今後のICO

 

今後、ICOは規制にかけられていくと考えます。今までのような開始数分で億のお金が集まるようなICOは出にくくなっていく事でしょう。アメリカやシンガポール等でもICOに対する国の考え方が次々と発表されており今までのような「自由な」資金調達では段々と無くなっていく方針です。(参考:今後「ICO」という資金調達は規制されて消滅するか?

 

実際、今まで資金を調達してきたICOの中には「ホワイトペーパー」と呼ばれるICOの企画書も内容が濃くないものも多く、ICO後に資金がどのように利用されているか不透明なものも多くありました。

 

そのような観点から見ると投資家にとって、ICOの規制というのはICO詐欺の規制に繋がっていくので騙して(又は曖昧な計画で)資金調達をする、というICOは減っていく事が減るのでプラスになっていくと言えるでしょう。

スポンサー

 

 

ICOは誰の為のものか?

 

ICOで発行されるものがトークンである場合、それは誰の為のトークン発行なのかを知る事は必要です。実際、団体が発行するものでそのトークンがトークンである必要がある場合は「ブロックチェーン」を利用したサービスである時に初めてトークンの意味を持ちます。

 

例えばイーサリアムで発行された「イーサ(ETH)」という通貨はICOで莫大な資金を調達しましたが、「イーサ」というコインはイーサリアムのシステムを利用する時に必要になるものです。イーサが無ければイーサリアムというブロックチェーンを利用する事が出来ません。これはICOにしかできない資金調達です。

 

しかし、ブロックチェーンを利用しないICOでの資金調達はトークンを作成する必要はありません。例えばICOで発行したコイン購入者に対し何かのサービスを提供する、というものであればそれは「仮想通貨」である必要はありません。

 

それは「優待」が「サービス」と名を変えた株式と同じ意味を持ちます。つまりトークンは株式という名で既にこの世に存在するのです。

そのトークンを購入するという事は株式を購入する事と同義で、法整備がなされていないトークンを購入する事は株式を購入するよりもリスクの高い行動という事になります。

 

もちろん、仮想通貨ブロックチェーンを利用する事で「株式」のようなトークンを従来よりも簡単に作成し広く資金を調達できる可能性がある、という点でICOの生き残る道は存在しますが、ここでのICOの利点は発行者にしかありません。

 

簡単作成、広い資金調達、というICO発行者の利点のみのICOの現状を認識した上でICOには参加するとリスクが少ないでしょう。つまりこれは「寄付」のような応援の意味が強くなるという事です。

 

例え儲かったとしても今回の中国の規制のように遡って資金返還を求められる危険もあります。ICO参加はかなりリスクの高いものだという事を強く認識した上で、初心者の方は参加するように心掛けていきましょう。

 

(参照:http://www.miit.gov.cn/n1146290/n4388791/c5781140/content.html

 

関連記事

ICOは資金調達方法・投資としてはまだまだ未成熟

中国の規制がビットコインに与える影響と9月8日の価格急落

中国仮想通貨取引所、全面停止へ

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin