とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

仮想通貨の知識が全くない初心者の方に向け、仮想通貨・ブロックチェーン・Web3.0を理解できるポータルサイトです。

Coincheck(コインチェック)のステーキングはおすすめ?<2021年8月最新>やり方・デメリット・利回り・評判について解説!

コインチェックのステーキングはおすすめ?


仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)では、仮想通貨のステーキングを行うことができます。ステーキングは保有する仮想通貨でインカムゲインを得ることができる方法で、もし仮想通貨を保有しながら運用したいと考えている場合は、選択肢に入れてもいいでしょう。ここでは、Coincheckのステーキングについてと、そのやり方、リスクなどについて初心者にもわかりやすく解説をします。

 

 

コインチェック

 

Coincheckのスペック

取引所名 Coincheck(コインチェック)
取り扱い仮想通貨 16種類(BTC/ETH/BCH/LSK/FCT/MONA/LTC/XRP/XEM/XLM/BAT/OMG/XTZ/QTUM/ENJ/IOST)
売買手数料 無料
日本円入金手数料 無料(銀行振込)
暗号資産入出金手数料 0.0005BTC~(変動制)
FX -
レバレッジ -
販売所
貸仮想通貨
積立
ステーキング ◯(LSK)
アプリ ◯(ウォレット)
お得な提携銀行 GMOあおぞらネット銀行/住信SBIネット銀行
サイト内取引所RNK 2位第2位

※2021.8.10.最終更新  

 

〜Coincehck(コインチェック)についてもっと詳しく知りたい方はこちら〜

Coincheck(コインチェック)って実際どう?<2021年最新版>【特徴・評判・使い方・登録方法・おすすめ度・注意点】

 

ステーキングとは

ステーキング(ステーク)とは、仮想通貨のネットワークへ仮想通貨を預け入れることで、ネットワークに参加するとともに、見返りとして報酬を受け取る行為のことを言います。

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれるルールを採用している仮想通貨でステーキングは行うことができ、仮想通貨取引所などでステーキングの代行サービスを行なっている場合があります。ステーキングをすると報酬を受け取ることができますが、ステーキングには以下のようなリスクがあります。

・ステーキングしている仮想通貨の脆弱性が見つかる

・ステーキングサービス(取引所)のハッキングリスク

・最低数量や、解除不可期間がある場合がある

・ステーキングに失敗すると仮想通貨を没収される(Coincheckではありません)

これらのリスクがあることを認識した上で、ステーキングを行いましょう。基本的には長期でその仮想通貨を保有する人は、ステーキングを行うことでシステムの貢献+報酬受け取りができるため、リスクを認識していればおすすめの投資行為です。

 

〜ステーキングについてもっと詳しく知りたい方はこちら〜

ステーキング(ステーク)とは?ステーキングできる取引所/リスク/インカムゲインを得る方法/を紹介!

 

貸仮想通貨(貸暗号資産)との違い

ステーキングは、仮想通貨を預け入れて仮想通貨を報酬として受け取るため、仮想通貨を貸して利息を受け取る「貸仮想通貨(貸暗号資産)」のサービスと似ています。取引所で行われる貸仮想通貨とステーキング、それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

貸仮想通貨 項目 ステーキング
多い 対応仮想通貨 少ない
年率1%~3%程度 利率 仮想通貨による
比較的高い 最低数量 少ない数量から可能
不可、もしくは解約料 途中解約 いつでも(解約料などは基本かからない)
かからないことが多い 手数料 報酬の数%
月ごと 賃借料付与 取引所による
いっぱいのことが多い 定員 比較的空いている

 

個別の仮想通貨取引所によって、どちらのルールも多少異なりますが、大まかには上記の表のようなサービスの違いがあります。

 

<貸仮想通貨が向いている人>

ステーキングできない仮想通貨を保有しており、一定の利回りが欲しい人。また、長期間預けておいても良く、急な引き出しは行えなくてもいいと考える人。

 

<ステーキングに向いている人>

ステーキングできる仮想通貨を、長期保有しようと考えている人。貸仮想通貨で一般的な月単位での契約や、解約時に解約料が取られてしまうのが嫌な人。

 

貸仮想通貨とステーキングでは、サービスのルールに違いがあるため、自分がどちらに向いているのかを知っている必要があります。なお、貸仮想通貨は定員がいっぱいでサービスを利用できないことも多いため、ステーキングサービスに枠が空いている場合はそちらを利用する、といった選択方法もありでしょう。

 

Coincheckのステーキング

項目 ステーキング
対応仮想通貨 リスク(LSK)
利率 非公表
最小保有数量 10LSK(日平均)
途中解約 いつでも(売却や送金などによる)
報酬受取日 毎週水曜日
サイト内ステーキングRNK
第2位

 

Coincheckでは、リスク(LSK)という仮想通貨をステーキングすることができます。ステーキングする場合、Coincheckでリスクを10LSK(日平均)保有しているだけで自動的にステーキングできるため、初心者でも簡単にステーキングを行うことができます。

途中解約はいつでも可能で、最小保有数量は10LSK(4500円前後※相場は変動します)から行うことができるため、ステーキングを開始するハードルも低いと言えるでしょう。

 

リスク(LSK)
仮想通貨名 リスク
シンボル LSK
開始年 2016年2月
考案者 Max Kordek・Oliver Beddows
コンセンサスアルゴリズム DPoS(Delegated Proof of Stake)
公式サイト https://lisk.com/
時価総額 約400億円(114位)
ステーキング可能取引所 Coincheck(コインチェック)/bitFlyer(ビットフライヤー)

※時価総額は2021年7月30日時点 

 

リスクはDappsと呼ばれる、分散型アプリケーションを構築するためのプラットホームです。特徴は、開発言語に世界的に利用されているJavascriptを採用していること、そしてサイドチェーンと呼ばれる複数チェーンで処理をすることで、素早い処理などを目指していることです。

コンセンサスアルゴリズムにはDelegated Proof of Stake(DPoS)と呼ばれるルールを採用しており、101人の承認者をリスク保有者が選ぶことで、セキュリティを保ちます。101人の承認者が処理承認を行うことを「フォージング」と呼び、フォージングによって101人の承認者は報酬を受け取ることができます。

 

Coincheckでステーキングする方法

Coincheckでステーキングする際の流れは以下のようになります。

 

1 口座開設(開設費は無料)

2 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る

3 本人確認審査が完了

4 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)

5 仮想通貨リスク(LSK)と日本円を交換

6 口座内にリスクが保管(表示)される

7 ステーキング開始

 

Coincheckは使いやすい操作画面や、手数料が安いことから、初心者の方に非常に人気があります。もしステーキングしてみたい方は、口座開設が無料なのであらかじめ開設しておくといいでしょう。また、Coincheckを利用する場合は、インターネット銀行「GMOあおぞらネット銀行」の口座を持っておくとお得に仮想通貨を購入できます。そちらも合わせて開設をしておくのがおすすめです。

 

CoincheckやGMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちらからどうぞ

コインチェックGMOあおぞらネット銀行口座開設

 

仮想通貨/ビットコインを始めるならGMOあおぞらネット銀行がおすすめな理由!手数料が安くお得に買える!

 

リスクを買う前に行わなければならないこと

リスクを購入する前に、あらかじめ仮想通貨取引所で以下のことをしておかなければなりません。

 

1 アカウント作成/口座開設/会員登録

2 本人確認の完了

3 日本円の入金

 

どれも非常に簡単に行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。買いたい時にすぐに買えるよう、購入予定がある方はあらかじめこれらを完了させておくといいでしょう。

 

アカウント作成/口座開設/会員登録

仮想通貨を購入するにはまずCoincheck(コインチェック)の会員登録(アカウント作成や口座開設などとも言います)する必要があります。

Coinsheckのアカウントがまだの方はこちらから会員登録をしてください。口座開設は無料かつ数分で完了します。

coincheck(コインチェック)操作画面

coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

右上の「会員登録」ボタンを押します。

coincheck(コインチェック)操作画面2

coincheck(コインチェック)操作画面2(出典:https://coincheck.com/ja/

メールアドレスとパスワードを入力します。

登録メールアドレス宛に、Coincheck(コインチェック)から以下のようなメールが届きます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155222p:plain

 

表示されているURLをクリックする事で、会員登録が完了します。会員登録が完了し、ログインを行うと以下のような画面になります。 

coincheck(コインチェック)操作画面3

coincheck(コインチェック)操作画面3(出典:https://coincheck.com/ja/

あとは本人確認を行い、日本円を入金すればリスクを購入する事ができます。


スポンサー

 

 

本人確認書類の提出

続いて、本人確認書類を提出します。会員登録しただけでは、日本円の入金や、仮想通貨を購入することはできません。国内の仮想通貨取引所は、全て本人確認書類の提出が義務付けられています。そのため、もし本人確認なしで仮想通貨の購入ができる場合は無許可で事業を行なっている場合がありますので、注意が必要です。

仮想通貨取引所で本人確認を行う場合、下のような画面になりますので、個人情報を入力していきます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155740p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404155933p:plain

そして本人確認書類である「運転免許証」などの写真をアップロードします。

本人確認書類として認められるのは

・パスポート

・在留カード

・特別永住者証明書

・運転免許証

・運転経歴証明書

・住民基本台帳カード

・マイナンバーカード

です。詳しくは各取引所で「本人確認書類として有効なもの」の説明がありますので、必要な証明書や枚数をアップロードします。未成年者の場合は保護者の同意書が必要になります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160332p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160352p:plain

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160751p:plain

ここまで入力&アップロードが完了したら「外国PEPs」かどうかのチェックボタンがあります。「外国PEPs」とは外国の政治関係者など(大臣や議員、中央銀行の役員など 参考:http://support.matsui.co.jp/faq/show/8893?site_domain=faq)の事です。外国PEPsでなければチェックをして「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。

 

これで書類の提出は完了です。

f:id:jyutakugyoseiku:20170404160937p:plain

本人確認書類の提出が完了したら、仮想通貨取引所の審査を待ちます。審査が完了すると、登録した住所へハガキが郵送されます。ハガキを受け取り次第、本人確認は完了しますので、ハガキが郵送されるのを待ちましょう。

ハガキは混雑しているとなかなか届かないことがあります。特に仮想通貨の価格が変動しているときは時間がかかります。もし、今後仮想通貨取引所を利用する予定がある場合は、早めに本人確認書類の提出まで終わらせておくといいでしょう。

 

日本円を入金する

日本円の入金方法を解説していきます。Coincheckでは日本円の入金方法は3種類あります。「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」です。それぞれの特徴は以下です。

 

  銀行振込(おすすめ) コンビニ入金 クイック入金
入金元 銀行口座 コンビニ店舗 Pay-easy(ペイジー)
手数料 銀行所定の手数料 770円/回 770円/回
反映時間 銀行所定の振込時間 所定の入金時間 即時
上限金額 無制限

300,000円/回
999,999円/3日

999,999円/回
10,000,000円/日
送金制限 なし 7日間送金不可 7日間送金不可

 

まずは「銀行振込」の方法から解説していきます。

coincheck(コインチェック)操作画面4

coincheck(コインチェック)操作画面4(出典:https://coincheck.com/ja/

トップ画面にて「日本円の入金」を押します。 

coincheck(コインチェック)操作画面5

coincheck(コインチェック)操作画面5(出典:https://coincheck.com/ja/

上のような画面が表示されます。2021年現在のCoincheckの振込み先銀行口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「住信SBIネット銀行」になります。Coincheckで銀行振込みによって日本円を入金する場合は、この2つの銀行口座からであれば手数料無料で入金できるため、どちらかの口座をあらかじめ開設しておくといいでしょう。

住信SBIネット銀行を利用する場合は、Coincheckから与えられているユーザーID(画面内に記載)を振込み時に依頼人名の前に入力しなければなりません。

もし、銀行振込みをしたのになかなか入金されない時は、このユーザーIDを入力し忘れている場合がありますので、そのような時はCoincehckの「日本円入金専用フォーム」からお問い合わせしてみましょう。

続いてコンビニ入金の方法を解説します。

coincheck(コインチェック)操作画面6

coincheck(コインチェック)操作画面6(出典:https://coincheck.com/ja/

コンビニ入金はCoincheckでの申請後、コンビニの店舗に行き、支払いを行うことで入金する方法です。入金予定の金額を入力し、申請を行います。

最低入金額は1,000円、そして手数料が770円(税込)かかりますので、最低でも1770円は必要になります。銀行振込みには金額上限はありませんでしたが、コンビニ入金では一回につき300,000円、三日間で999,999円の入金金額上限があります。

また、コンビニ入金した後は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができませんのでご注意ください。

金額を入力したら、支払いを行うコンビニを選択します。

 

<ローソン・ミニストップ・セイコーマート>

Coincheckで申請をしたら、「コンビニエンスストア」「受付番号」「お支払い金額合計」「お支払い期限」が表示されます。支払いの際に使いますので、スクリーンショットを撮っておくか、メモしておくなどして記録しておきましょう。
支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

ローソンの支払い方法(ローソン公式)

ミニストップの支払い方法(ミニストップ公式)

セイコーマートの支払い方法(セイコーマート公式)
 

<ファミリーマート>

Coincheckで申請をしたら、「コンビニエンスストア」「お支払い金額合計」「お支払い期限」が表示されますのでその後、「バーコード表示」をクリックします。

バーコードをレジで店員さんに提示し、支払いを行います。バーコードが読み取れない場合には、Famiポートで読み込みます。ファミリーマートも支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

ファミリーマートの支払い方法(ファミリーマート公式) 

 

最後にクイック入金の方法を解説します。

coincheck(コインチェック)操作画面7

coincheck(コインチェック)操作画面7(出典:https://coincheck.com/ja/

クイック入金はCoincheckでの申請後、ATMかインターネット銀行でPay-easy(ペイジー)払いを行うことで入金する方法です。入金予定の金額を入力し、申請を行います。

最低入金額は1,000円、そして手数料が770円(税込)かかりますので、最低でも1770円は必要になります。クイック入金は一回につき999,999円、一日で10,000,000円の入金金額上限があります。

また、クイック入金した後は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができませんのでご注意ください。

金額を入力したら、「支払い情報を発行」を選択し、申請します。

申請を行うと「お支払い金額合計」「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」「お支払い期限」が表示されます。支払いの際に使いますので、スクリーンショットを撮っておくか、メモしておくなどして記録しておきましょう。

支払い期限は、申請から3時間以内です。支払い期限を過ぎてしまうと、再度申請を行わなければならなくなってしまうので注意しましょう。

また、Pay-easyは利用できる金融機関のATMやインターネット銀行が決まっています。あらかじめ自分が利用する予定のATMやインターネット銀行が利用可能かどうか、調べておきましょう。

利用できる金融機関を調べる(Pay-easy公式)

 

なお、インターネット銀行を利用している方であればわかると思いますが、インターネット銀行は基本、即時に振込みを行うことができます。Coincheckをはじめとして、仮想通貨取引所では基本「銀行振込」で設定されている銀行口座はインターネット銀行です。そのため、クイック入金とそこまで入金スピードは変わりません。もちろん、仮想通貨取引所の状況などもあるため、クイック入金と銀行振込が常に入金スピードが変わらない、というわけではありませんので一刻を争う時はクイック入金で入金するといいですが、そこまで急いでいない場合は銀行振込をインターネット銀行口座から行うのがおすすめです。

そのような意味でも、仮想通貨取引所を利用しようと考えている方はインターネット銀行をあらかじめ開設しておくといいでしょう。

 

GMOあおぞらネット銀行口座開設

 

日本円を入金したら、いよいよリスク(LSK)を購入する事ができます。

 

リスク購入方法

リスク購入方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

トップ画面中央右の仮想通貨一覧から「LSK」を選択します。 

リスク購入方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

購入画面が「リスク」になっている事を確認し「数量」に欲しいリスクの数量を入力します。「交換する通貨」はJPY(日本円)もしくはBTC(ビットコイン)から選択することができます。数量を入力するとレートが表示されます。

「レート」に合わせた日本円の購入金額が「合計」に表示されますので、確認が出来たら「購入する」を選択します。これで購入が完了です。

 

ステーキング方法

Coincheckでは、リスクを上記の方法で10LSK以上購入したら、ステーキングが始まります。つまり、Coincheckで購入し、保有しているだけで報酬(LSK)を受け取ることができるのです。

ステーキングはCoincheckからリスクを別の取引所やウォレットへ送ったり、売却したりした時に10LSK以下(日平均)になると終了します。ステーキングをしない理由はあまり無いですが、Coincheckではテゾスを保有している場合、ステーキングをしないことはできないので注意しましょう。(10LSK以下であれば保有していてもステーキングは行われません)

仮想通貨でインカムゲインを得たい方は、ステーキングはおすすめであると言えるでしょう。

 

リスクを買う際にかかる手数料は?

リスクを買う際にかかる手数料は、コインチェックでは0円です。

 

※手数料計算方法

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(即時入金利用

取引手数料…10000円×0%=0円(販売所利用。スプレッド手数料はかかります)

 

売買手数料は0円で、リスクを買うことができてしまいます。

 

Coincheckの貸仮想通貨とステーキング比較

項目 貸仮想通貨 ステーキング
対応仮想通貨 全16種類 リスク(LSK)
利率 年率1%~5% 非公表
最低数量 1万円相当 10LSK
途中解約 不可 いつでも(売却や送金などによる)
賃借料付与 返却時 毎週水曜日

 

Coincheckでは、インカムゲインを得る方法に「貸仮想通貨」というサービスがあります。貸仮想通貨は一定の期間、返却されないなどのデメリットがあるため、リスクであれば、いつでも売却ができるステーキングがおすすめです。リスク以外の仮想通貨でインカムゲインを得たい場合には、貸暗号資産のサービスを利用するといいでしょう。

ただし、貸暗号資産は定員がいっぱいだと利用できませんので、貸出募集の状況を見ながら、申請を行いましょう。

なお、ステーキングにおいてCoincheckでは悪い評判はあまり聞きません。基本的にはリスクのステーキングリスクは相場変動リスクが主なものため、Coincheckのステーキング自体にあまり悪い評判は出てこないでしょう。

 

以上、Coincheckのステーキングはおすすめか?また、やり方などについて初心者にもわかりやすく解説しました。ステーキングは仮想通貨ならではのインカムゲインを得る方法です。しっかりと知識をつけておくことで、長期保有する際にも仮想通貨を増やしていくことができます。

 

関連記事

ステーキングにおすすめの取引所は?<2021年最新版>取引所一覧と利回り比較・ランキング・やり方!

GMOコインのステーキングはおすすめ?<2021年最新>やり方・デメリット・利回り・評判について解説!

ステーキング(ステーク)とは?ステーキングできる取引所/リスク/インカムゲインを得る方法/を紹介!

 

コインチェック