とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインとライトニングネットワークに関する考察

f:id:jyutakugyoseiku:20180103113812p:plain

 

ビットコインの手数料高騰や送金時間遅延などの課題を解決するとされる「ライトニングネットワーク」という技術が少しずつ話題になっています。ライトニングネットワークでビットコインはどのように変わっていくのか、初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークは簡単に言えばビットコインにプラスする事でビットコインの送金を即時に完了させる事や手数料をかなり安くできるような技術です。

ビットコインの従来のネットワークにライトニングネットワークのネットワークをプラスする事でビットコインの受け渡しがとても早くなります。

 

ビットコインでは基本的にブロックチェーンに取引が書き込まれる事で送受金が完了しますがライトニングネットワークではブロックチェーンの外でも取引を完了させる事ができます。(ブロックチェーンも必要)

その為ブロックチェーンのサイズを大きくしなくても取引処理能力を向上させる事ができる技術として注目を集めています。(参考:ライトニングネットワーク(Lightning Network)とは? <初心者向け>

 

ライトニングネットワークによる変化

実際、ライトニングネットワークによってビットコインはいくつかの点で変化します。

ビットコインが現在送受金でかかる最低10分、多い時では数日かかっている送受金の時間が即時に完了する事になります。

 

また数百円かかっている現在の送金手数料も数円、それ以下になる事でビットコインの最小単位である 1satoshi(0.00000001BTC)を送金する事も可能になります。

 

これらにより店舗での支払いはもちろんのこと、ネット上での少額支払いなどの多くの利用が見込める事になります。世界共通で利用できるビットコインの特性+現金のような即時性があるのでかなり決済の利便性が高まる事になります。

 

そうなれば決済受付事業者は増える事になり注目度上昇、利用者増加、価格上昇となるでしょう。

スポンサー

 

 

ビットコインが通貨になる?

と、ここまでは良い事ばかり述べましたがもちろんこれはライトニングネットワークの実装が完璧になり実際に利用できるようになった場合です。ライトニングネットワークまでの道のりはそんなに簡単なものではなく現在ではまだ完成はしていないので注意が必要です。課題などはこちらで述べています⇒ライトニングネットワーク1.0のリリースでビットコイン一歩前進 <初心者向け>

 

ライトニングネットワークが実装されたとしてもビットコインがそれだけで世界共通の通貨になるわけではありません。技術的な事がクリアになったとしてもまず問題なのは価格の変動率が高い事が問題です。

 

1satoshiを送金できたとして為替調整機能が無いビットコインでは価格の変動は現在と変わらず大きなままです。1satoshiが1円だったとしてもそれが2円になったり0.1円になったりしてしまっていた場合は現在のビットコインの不便な点は変わりません。

 

また円換算で税金を取られてしまう現在の税制(決済時に生じた利益に課税)では決済で利用する場合とても計算が複雑な上決済で税金が取られてしまうのであればあまり人は決済に利用したがらないでしょう。

 

つまり、上記2点は最低でも存在するビットコインが通貨として利用される為に必要な技術的な事以外での課題となります。

 

課題解決の為には

価格変動率が解決される為には為替調整機能をビットコインが付ける為替調整機能のある仮想通貨がライトニングネットワークのような機能をつける事が必要です。

ただ、ビットコインに為替調整機能があるという事はもはや中央管理不在ではない事、為替調整機能がある仮想通貨というのは既にライトニングネットワークのような技術以外で取引処理能力を向上させられる(中央管理する場合は取引処理能力の向上は様々な方法がある)という事から既にそれはビットコインやライトニングネットワークが必要ないものである事を意味します。

 

また税制の課題についても解決するには法定通貨と仮想通貨を対等な貨幣として国が認める国が関係ない生活を営めるようになるという方法がありますが前者は国が通貨発行権を放棄する事、後者は国という存在を否定する事になりますのですぐに可能になる問題ではありません。

 

つまりライトニングネットワークはとても利便性が向上する技術ではあるものの、それだけでビットコインが通貨になるという解決策ではない事が分かります。

 

では、ビットコインが必要ないか、と言われればそうではありません。ビットコインはユーザーが平等な立場にいる決済システムで中央管理不在の仮想通貨以外でそのような決済システムはありません。そのシステムは多くの電子決済システムを利用できない人(銀行口座が持てない・クレジットカードが持てないなどの人)に機会を与えます。

 

ライトニングネットワークの先に待っている事は抜本的な国や決済システムの改革であり、それを乗り越える一つのきっかけになっているという事です。もちろんそのようなきっかけになるライトニングネットワークやビットコインは期待による価格上昇も見込まれますがそれ以上の事が技術的進化の結果待っている事が分かります。

 

既存の原則では上記のような課題が多い為ビットコインが不要なものだという考え方をする事もできますが、さらに改革が行われる為のきっかけだと考えればライトニングネットワークのような技術は改革の一歩である事が分かります。

 

関連記事

ライトニングネットワーク1.0のリリースでビットコイン一歩前進 <初心者向け>

貨幣の実態から見る仮想通貨の基礎② <最適通貨圏とは>

ビットコインの中央管理不在のメリットとリスク

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本