とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ライトニングネットワーク1.0のリリースでビットコイン一歩前進 <初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20171208140212p:plain

 

2017年12月6日にビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決すると注目される技術「ライトニングネットワーク」が一歩前進しました。今回の件について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

スケーラビリティ問題とは

ビットコインの「スケーラビリティ問題」は簡単に言えばビットコインの取引処理能力に関する問題です。世界共通の通貨であるビットコインが世界中で取引が行われる時に現在の取引処理能力では追い付かない、という所に問題があります。(「ブロックサイズ問題」とも言われます。)

 

ブロックチェーンという台帳に書き込まれる事でビットコインの取引は処理されますがそのブロックが一定のサイズに決まってしまっているので取引処理は一定で、取引が増えれば増えるほど取引が完了しないまま取り残される事になります。

 

その為、ビットコインからブロックチェーンのサイズを大きくできる機能を持った「ビットコインキャッシュ」が誕生したり、ビットコインのブロックチェーンの外で取引を行う為の前段階技術「Segwit」などが実装されるなど、この問題の為にビットコインは様々な動きを見せてきました。

 

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとはスケーラビリティ問題を解決する為の技術のうちの一つです。ブロックチェーンのブロックサイズを大きくするのとは異なりブロックチェーンではない所でもビットコインの取引を行えるようにしたものです。(「オフチェーン(ブロックチェーンの外)」などとも言われます。)

 

ライトニングネットワークではビットコインのブロックチェーンを介さずにビットコイン取引を行えるので安い手数料とスピーディな取引を可能にします。

 

しかし、これを実用的なものにするにはいくつか課題があり、2017年12月8日現在では開発段階にあります。

スポンサー

 

 

ライトニングネットワーク1.0のリリース

そんな中12月6日にライトニングネットワーク1.0のリリースが発表されました。

今回の実験ではライトニングネットワークを稼働させた成功事例も合わせて発表されています。

 

ライトニングネットワークではビットコインのブロックチェーンを介さずに取引を行う為、簡単に言えば「中継ポイント」のような場所が必要になります。その中継ポイントは設備さえあれば誰でもなる事ができます。

 

例えばアメリカのAという場所からイギリスのBへビットコインを送信する場合、いくつかの中継ポイントを経由してビットコインが送信されます。世界中に中継ポイントを張り巡らす事でライトニングネットワークのネットワークは形成されます。ネットワークがある事でビットコインのネットワークではなくライトニングネットワークを伝ってビットコインの決済が可能となるのです。

 

今回はライトニングネットワークを開発する3つのグループがそれぞれ設定した中継ポイントを伝って決済が行われました。

異なる団体の中継ポイントを経由してでもネットワークを伝えられる事が証明されました。今回参加したのはACINQ、Blockstream、Lightning Labsです。

ACINQは「eclair」、Blockstreamは「c-lightning」、Lightning Labsは「lnd」というソフトを独自に構築して行いました。今回の実験で成功したためライトニングネットワークの中継ポイントを独自に構築しても正常に決済が完了する事が証明されました。

 

また、ウェブサイトへ少額を送る実験も行われ成功しています。これはビットコインでは多額の手数料の為少額の支払いが難しいのに対しライトニングネットワークを利用すれば「チップ」のような感覚でネット上の記事一つに対してビットコインを送金するような実例を示しています。

 

これが実用化されればウェブ上で活動するブログ作成者や芸術家などに世界中から支払いを行える「価値の移転」が容易に可能になり世界の経済活動が変わっていく可能性があります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171208135051p:plain

異なるポイントを中継した事を示す結果(参照:https://cdecker.github.io/lightning-integration/f5fa74e3adb19c56e191ae70d7a4d233e09f8863006870da7f9590b7ab03c1e0.html

 

今後ライトニングネットワークの開発が進めばビットコインが更なる決済システムとして便利なものになる可能性があります。

 

課題

ただし、ライトニングネットワークではまだまだ課題があり実用化されるかどうかは不透明です。

ライトニングネットワークの中継ポイントになるメリットをどのように設定するかや、中継ポイントとなる人に資金がロックされてしまう可能性があります。もちろんこれらの問題点は多くの人が気づいており提案がされていますがビットコインのような経済原理を持って人々が正しく行動するシステムを作成するのは容易ではありません。

 

また、大きく価格が上昇するビットコインでは決済に利用したいと考える人がどれだけいるかも問題です。決済システムとして機能、通貨として機能するには価格の安定化かもしくは基軸通貨として成り立たねければならずどちらもまだ達成するかどうかは分かりません。

 

スピーディーかつ安価に決済を行う事ができる仮想通貨は他にもあります。これらの仮想通貨とライトニングネットワークがどのように共存・競合していくかもビットコイン・仮想通貨の抱える大きな課題と言えるでしょう。

(参照:Developers Release Lightning Protocol 1.0; Perform Successful Interoperability Tests

 

関連記事

ビットコインの取引処理能力は低い?

イーサリアムのライデンネットワーク(Raiden Network)とは <初心者向け>

スケーリングビットコイン(Scaling Bitcoin)とは ~世界的なビットコインイベント~

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本