とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

スケーリングビットコイン(Scaling Bitcoin)とは ~世界的なビットコインイベント~

f:id:jyutakugyoseiku:20171205104803p:plain

 

ビットコインには世界的なカンファレンスを行っている「スケーリングビットコイン(Scaling Bitcoin)」というイベントが存在します。スケーリングビットコインについて初心者の方でも理解できるよう解説します。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

スケーリングビットコインとは

スケーリングビットコイン(Scaling Bitcoin)はビットコインの技術的な問題を解決する為の提案や方法を議論する為のイベントです。2015年より始まり、1年に1度開催されています。

これまでカナダのモントリオール、香港、イタリアのミラノ、アメリカのスタンフォードで開催されてきました。

 

元々ビットコインのスケーラビリティ問題という課題を解決する為に世界中の才能のある技術者が集まって解決策を提案し合う事で問題を解決しようと始まりました。2015年から議論されているスケーラビリティ問題は2017年現在も課題解決の為に議論は行われています。

 

イベントは技術的に明るい登壇者が聴衆にプレゼンするような形で行われます。開発する技術がどのようなものか、それがどのような解決策になるのかを発表したりする事でビットコインの課題解決を目指します。

 

世界中でビットコインは注目・利用されているのでこれらのプレゼンはほとんどが動画で配信されており、誰でも見る事ができるようになっています(こちらの公式サイトで閲覧できます⇒Scaling Bitcoin Workshop)。技術的な事が多く初心者の方には理解できるものが少ないのですが、ここで出てくる提案の名前だけでも知っておく事で今後のビットコインや仮想通貨の動向を理解しやすくなるでしょう。

 

また、スケーリングビットコインではスケーラビリティ問題以外のビットコインに関するプレゼンもあります。

スポンサー

 

 

スケーラビリティ問題とは

ビットコインのスケーラビリティ問題とは簡単に言えばビットコインの取引処理能力に関する問題です。世界共通の通貨であるビットコインが世界中で取引が行われる時に現在の取引処理能力では追い付かない、という所に問題があります。

 

「スケーラビティ」とはシステムの拡張性の事を言います。「スケール(規模)を広くする事ができる」というのがスケーラビリティです。ビットコインの取引処理能力はスケーラビリティではありません。ブロックチェーンという台帳に書き込まれる事で取引が処理されるビットコインですがそのブロックが一定のサイズに決まっているので取引処理能力がスケーラビリティではありません。

 

その為、ビットコインからブロックチェーンのサイズを大きくできる機能を持った「ビットコインキャッシュ」が誕生したり、ビットコインのブロックチェーンの外で取引を行う為の前段階技術「Segwit」などが実装されるなど、この問題の為にビットコインは様々な動きを見せてきました。

 

一刻も早くこの問題を解決するべく開催されるのがスケーリングビットコインなのです。

 

どのような内容か

実際にスケーリングビットコインイベントではビットコインの課題を解決する為のプレゼンが行われています。2日間かけて行われているのでかなり多くの提案や議題があります。全てを理解するには初心者の方にはかなり骨が折れる作業となるでしょう。

 

例えばビットコインの取引を2者間でブロックチェーンの外で行う「ペイメントチャネル」という技術があります。これはビットコインのスケーラビリティ問題を解決する為の一つの提案です。

この提案が以前からありますが、この技術をより有効に使う為の提案が2017年にされました。それは匿名性をこの取引において向上するものです。匿名性を向上する事で攻撃の耐性などを提案します。

他にもビットコイン取引手数料をなるべく安く、そして取引をスピーディーにする為の方法を解説していたりします。

 

ビットコインの取引はネットワーク内へ送信され、ブロックチェーンに書き込まれるまでに時間がかかります。多くの取引が集中している時間帯では限定されたブロックチェーンの取引処理能力では数時間前、数時間後とは全く異なる手数料・送金スピードになってしまいます。

これを緩和させるべく手数料をどのくらいに設定するか、現在の取引混雑をどのように知るかで解決できる方法がある、などのプレゼンが行われます。

 

様々な立場の人が技術的な観点で語るのでそこはビットコインの将来を真剣に考えるカンファレンスとなっているのです。

 

まとめ

日本語ではない事や技術に明るい人でなければ理解する事は難しいでしょう。しかし、スケーリングビットコインは世界最大級のビットコインの真面目なイベントです。2018年には日本で開催される事が決まっています。

ビットコインの仕組みを知り、一つ一つ理解をしてきた人には大変面白くまた為になるイベントですので存在を知っておくと今後何かの役に立つかもしれません。

 

関連記事

ビットコインコア(Bitcoin Core)開発者の役割とルール決定

ライトニングネットワーク1.0のリリースでビットコイン一歩前進 <初心者向け>

ビットコインの仕組みを学べるページ

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本