とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

SBI子会社、英国企業と共同でビットコインキャッシュ強化へ

f:id:jyutakugyoseiku:20171207114651p:plain

 

2017年12月7日にSBIグループの発表によれば子会社「SBI BITS」がイギリスのブロックチェーン開発企業「nChain」とパートナーシップを結んだ事を明らかにしました。この事について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

 

SBI BITSとnChain

SBIグループの子会社「SBI BITS」はイギリスのブロックチェーン関連企業「nChain」とパートナーシップを締結する事を発表しました。

 

今回の締結では第一段階として仮想通貨事業においてより強固なセキュリティ対策を提供する為の解決策を開発していく事を目指しております。

そしてサーバーの無いネットワークであるP2Pネットワーク取引であるビットコインの規模拡大、安価で速い取引を実現する為ビットコインから2017年8月1日に分岐する事で誕生したビットコインキャッシュのネットワークをサポートする協力も行っていくとしております。

 

ビットコインキャッシュはビットコインと同様の仕様で作成されていますが、ビットコインの課題である取引処理能力の問題(スケーラビリティ問題と言います)を解決する方針が異なっていて、ビットコインとは異なる独自の開発を行う事によって課題解決を目指しています。

 

SBIグループでは仮想通貨交換事業を行う「SBIバーチャルカレンシーズ」でもビットコインキャッシュの取り扱いは検討しており(SBIバーチャルカレンシーズ専門ページ <評判・特徴・会社概要・いつ開始予定か>)SBIグループはビットコインだけではなくビットコインキャッシュの将来に向けての取り組みも今後強化されていきそうです。

 

また、SBIグループはアメリカでリップル(XRP)を開発するリップル社と共同でSBI Ripple Asiaという会社を設立しておりビットコインとは異なる仮想通貨の在り方を提示するリップルの強化にも取り組んでいます。金融大手であるSBIグループは仮想通貨の将来を様々な角度から見据えており、今後仮想通貨の動向がSBIグループによって何かしらの変化を生む可能性があります。

(参照:http://www.sbigroup.co.jp/news/2017/1207_10907.html

スポンサー

 

 

SBI BITSとは

SBI BITSはSBIグループの完全子会社で金融ITのシステム開発などを主に行っております。仮想通貨関連では仮想通貨を保管しておくための「ウォレット」を開発していく方針と発表されています。

また香港や大連(中国)にも拠点があり、国内だけではなくSBIグループ事業の海外の顧客獲得も目指しています。

 

<会社概要>

会社名 株式会社SBI BITS (エスビーアイ ビッツ)

本社所在地 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ20階

会社設立日 平成27年7月21日

資本金 1億円

役員 北尾 吉孝他

事業内容 情報通信機器およびコンピュータソフトウェアの設計、開発、運用、販売、保守管理、監査およびリース業務等

 

nChainとは

「nChain」はイギリスのロンドンに本拠を置くブロックチェーン開発などを主に行う企業です。ブロックチェーンテクノロジーを開発し多くの分野での採用を目指します。金融分野だけではなく財務・法律・エンターテイメントなどの幅広い分野での採用を目指し開発を行います。

(参考:https://nchain.com/en/vision/

 

ビットコインキャッシュの注目度

2017年8月1日より誕生したビットコインキャッシュですが現在注目度が上昇しています。2017年11月にビットコインキャッシュの価格が約3倍ほどに上昇した事などから一般投資家の注目を集め出しました。

誕生した当時には開発も不透明でビットコインの課題解決を本当に行えるのかという疑念もありましたがその後ビットコインのマイニングとの互換性もあり、ビットコインをマイニングするグループがビットコインキャッシュもマイニングするようになりビットコインキャッシュは第2のビットコインの地位を築きつつあります。(参考:ビットコイン・ビットコインキャッシュのマイニングについて <難易度調整機能など>

 

ビットコインキャッシュはビットコインとは異なる課題解決方法をとっているのでビットコインの課題解決がなかなか実現しなければその分今後も注目度は上昇していくでしょう。今回のSBIグループのように大手事業者がビットコインキャッシュに注目していく可能性も大いに考えられます。

 

またビットコインキャッシュでは中期的な開発目標(ビットコインキャッシュの中期的開発計画 <初心者向け>)も発表されていて、それらが実際に達成されていくとすれば今後大いに期待される仮想通貨の一つと進化していくでしょう。

 

関連記事

SBIバーチャルカレンシーズ専門ページ <評判・特徴・会社概要・いつ開始予定か>

ビットコインキャッシュはビットコインを超えるか ビットコインとの違い

ビットコインを始めるなら住信SBIネット銀行口座がいい理由

SBIグループと仮想通貨デビットカード「Wirex」の合弁会社設立について