とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

中央銀行が仮想通貨を発行する?

f:id:jyutakugyoseiku:20170823164110p:plain

 

仮想通貨のテクノロジーを利用する事で「データ」という形で「通貨」を発行する事ができます。実際に各国で仮想通貨を発行する動きもあります。「国が仮想通貨を発行する」という事に関してどのような事が起こるのか、初心者の方にも分かりやすく解説をしていければと思います。

 

 

 

 

中央銀行と仮想通貨

 

世界に各国では自国「仮想通貨」を 発行する動きがしばし見られております。法定通貨(日本円など)を発行するのと同様に「仮想通貨」を発行するというものです。

 

「仮想通貨」はブロックチェーンという台帳にデータが記載される事により発行が行われます。例えば日本が仮想通貨を発行した場合「日本の中央銀行の管理するブロックチェーン」に「仮想日本通貨が発行」と記載され、それが銀行や企業へと債権という形で渡り市場に出回ります。

(イメージ図)

f:id:jyutakugyoseiku:20170823160951p:plain

 

中央銀行が仮想通貨を発行するメリット

 

中央銀行は既に法定通貨を持っております。それが自国のものかどうかは別として(他国と同じ通貨を使っているEUなどがある為)が仮想通貨を発行するメリットはあります。

 

仮想通貨ではブロックチェーンに記載された取引は通常よりもコストを抑えてセキュリティを確保する事ができます。

紙幣等を発行する場合「透かし」「投資番号」により偽造を防止しますが仮想通貨では「ブロックチェーンに記載されている」という事で発行や所有権を証明する事が出来ます。ブロックチェーンの改ざん防止についてはこちらの記事ブロックチェーンを改ざんできない理由などをご参考にしていただければと思います。

 

また、国際送金にも対応します。もちろん国ごとに発行されている通貨ですので仮想通貨であっても両替を必要としますが、現在利用されているような国際送金の仲介システムは不要になり、地球上のどこでもインターネットさえ繋がっていれば送受金が可能になります。

 

このように中央銀行が発行する仮想通貨には国にとっても国民にとってもメリットがあると言えます。

スポンサー

 

 

仮想通貨を発行する意義

 

しかし、これは「仮想通貨」と言えるのか疑問が残ります。仮想通貨の定義は曖昧なのでいかんともしがたいですが、上記で示したものはあくまで「法定通貨をブロックチェーンに載せた」というだけになります。

 

「通貨をブロックチェーンに載せた」=「仮想通貨」と呼ぶのであればそれは「仮想通貨」と言えるでしょう。しかし、もはや法定通貨を最新技術で管理・送金コストを抑えた、というだけです。

 

これにより多くの事は変わる(送金仲介業は不要になる等)でしょうが、現状では国内利用の際には紙幣や硬貨などの「現金」が便利な事には変わりありません。現金を超える為に国の発行する仮想通貨をカード型にする事も考えられますが、それはそれでややこしく、近い将来にそうなるとは考えられません。

 

中央銀行発行仮想通貨は有り得ないか

 

上記に述べた問題点が現実的なのは「小国」です。国民の少ない国家では通貨の切り替えコストが安い事や国民の理解を深めるのが比較的容易という事があります。ブロックチェーン技術導入推進をするエストニアでもその例は当てはまります。(参考:ブロックチェーンとエストニア

 

つまり「仮想通貨」が誕生した事により国家としての強弱が変わる可能性も秘めている事になります。その辺りを調べる事も仮想通貨の一つの楽しみ方だと言えるでしょう。

 

仮想通貨の分類

 

「仮想通貨」と言っても様々なものがあります。ビットコインのような「管理主体」や「発行者」がいない仮想通貨を「パブリック(公な)」仮想通貨、開発者がいて特定の参加者だけが取引処理を行える仮想通貨を「プライベート(私的な)」仮想通貨と言ったりします。

 

パブリックな仮想通貨ではシステムなどはあらかじめ決められたルールにより変更や推進がなされます。ルール変更のルールもあったりするのでルールを絶対に変えられないというものではありませんが、ユーザー(や事業者)はルールを判断基準にします。

 

プライベートな仮想通貨ではシステムにおいて権限は管理者にあります。もちろんルールを簡単に変更するようではユーザーの信頼を得る事が出来ないのでルール変更は簡単なものではありませんが現実的には可能です。

 

ビットコインから始まった仮想通貨は現在このようにいくつかに分類する事ができます。詳しくは⇒パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン

 

実際中央銀行がどのような自国の仮想通貨を発行するかによっても起こり得る現象は変わるでしょう。例えばBCCC(ブロックチェーン推進協会)が進めるZenという対日本円に対して価格安定を目指す仮想通貨もこのような事を考える際の参考になります。(仮想通貨「Zen」とは

 

日本円に対し発行元のBCCCが1Zen=1円で買い取る注文を提示している事でZenの日本円に対する価格安定を目指します。

 

このように様々な形が仮想通貨には考えられます。仮想通貨は今までの「貨幣」の形でとらえる事はできません。従来の「貨幣論」も参考にし、これからの「貨幣」「社会システム」の変化を考察し、自身の生活に活かしていただければと思います。

 

関連記事

日本銀行とビットコイン ~日本銀行の役割①「通貨発行」~

仮想通貨と国家と犯罪

モーリシャス共和国とイーサリアムブロックチェーン