とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ERC20とは<初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20170711095855p:plain

 

ICOでイーサリアムを資金調達する際に「ERC20」というトークンが利用される事があります。ICO、イーサリアム、トークンという聞きなれない言葉にプラスして「ERC20」と言われてもピンと来ません。今回はERC20について初心者の方にも分かるようになるべく簡潔に解説をしていきたいと思います。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

 

ICOとイーサリアム

 

ICOとは簡単に言えば「仮想通貨を利用した資金調達」です。ICOは「Inicial Coin Offering」の略で仮想通貨を開発して販売する事でプロジェクトに賛同する投資家から資金を調達します。(仮想通貨のICOとは?

 

ICOを行う側は仮想通貨、ブロックチェーンを利用したプロジェクトを開発する為の資金を調達し、その代わりに新たなコインを投資家に渡す事でそのコインの「値上がり」や「プロジェクト内での利用」というメリットが投資家には生まれます。

 

「イーサリアム」という仮想通貨のブロックチェーンを利用してICOは頻繁に行われます。それはイーサリアムが新たなサービスの開発に向いたブロックチェーンでイーサリアムを利用することで比較的容易に新たなアプリケーションを開発する事ができるからです。

 

イーサリアムブロックチェーンを利用して新たなサービスを開発する際にはイーサリアムブロックチェーンから新たなコインを発行します。その新たなコインはイーサリアムの基軸通貨ETH(イーサ)に対して「トークン」と呼ばれます。(暗号通貨における「トークン」とは

 

そのイーサリアムの「トークン」の一つが「ERC20」です。

 

ERC20とは

 

ERC20の技術的な側面はひとまず置いておいて、なぜイーサリアムのICOで利用されるトークンにERC20が多く使われているのか、です。

 

仮想通貨もそうですがトークンはデジタル通貨なので手に取れるものではありません。そうなるとICOに参加してくれた投資家へ新たなコイン(トークン)を配る際にはそのトークンを保管しておくウォレットが必要になります。

 

仮想通貨、トークンと一口に言ってもその技術は様々なものがあり、プログラミング言語なども異なります。ですので基本的には仮想通貨、トークンそれぞれに対し異なる仕様のウォレットが必要になります。

 

ビットコインとイーサリアムでウォレットが異なるものを使用しなければならないのもこの理由です。

 

しかし、ERC20という規格のトークンを利用する事でウォレットは1種類で様々なトークンを保管する事ができるようになります。例えばMyEtherWalletではERC20がサポートされているので保管する事ができます。(イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」の使い方

 

このような事がERC20は多くのICOで利用される一つの理由として挙げられます。

 

ERC20と非中央集権アプリ

 

また、ERC20を用いる事で非中央集権プラットホームブロックチェーンであるイーサリアムをより人々が利用しやすくなります。

 

ERC20という共通仕様のトークンがあれば先ほど挙げたように同じウォレットで異なる名前のトークンをやり取りできますのでDappsと呼ばれる「非中央集権アプリケーション(誰か管理者がいるのではなくルールに基づいて動く)」をより皆が利用しやすくなります。

 

ERC20トークンはあくまで基軸であるイーサリアムが稼働している事が条件になりますが、現在イーサリアムは広く知られており開発がしっかりと進められているのでICOにはもってこいのシステムとなっているのです。

 

まとめ

 

以上が簡単なERC20の説明です。とりあえず初心者の方は技術的な事ではなく概要を知っていただければと思います。ICOもイーサリアムも完璧ではなく、今後更なる改善と開発が求められております。

 

ICOに参加する際は詐欺なども横行しておりますので自身が損をしてもかまわないと思える程の素敵なプロジェクトに参加するのが良いかと思われます。

 

関連記事

ICOは夢がある(リスクもある)

イーサリアムとは

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 


スポンサー