とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」の使い方

f:id:jyutakugyoseiku:20170512100939p:plain

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は基本的に自身の責任の下管理していく資産です。

取引所に預けておくのは便利ですが資産の保証はしてくれません。そこで初心者の方でも比較的簡単に管理のしやすいウォレットをご紹介します。「MyEtherWallet」というウォレットでイーサリアムの通貨イーサ(ETH)やイーサリアム上で動くトークンAugur(REP)などにも対応しております。

 

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

MyEtherWalletとは

 

MyEtherWalletはイーサリアムに対応したウォレットです。仮想通貨のウォレットはウェブウォレットやペーパーウォレットなどがありますがこちらのウォレットではオフラインで仮想通貨を管理する「コールドウォレット」を作成することができます。

 

MyEtherWalletの基本情報についてはこちらをご参照ください⇒イーサリアムウォレット「MyEtherWallet」とは <初心者利用ガイド>

 

なお、コールドウォレットを作成する際にサイトを利用しているので、滅多に無いですがサイトがハッキングに合っている時に利用してしまうと秘密鍵などの情報を盗まれる危険性もあります。サイトを良く見て不審な点が無いかどうか確認してから利用するようにしましょう。


スポンサー

 

 

使い方

まず、サイトにアクセスをします。

https://www.myetherwallet.com/

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512093219p:plain

 

9文字以上のパスワードを入力して「お財布の作成」をクリックします。ちなみに今から説明する方法は「秘密鍵」を利用する方法なのであまりここのパスワードは関係ありませんがなるべく他人に推測されないものにし、なくさないようにしっかりと保管しておきましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512093546p:plain

次にKeystoreファイルをダウンロードします。ここでダウンロードするものは今回は利用しませんが、このファイルを利用してイーサリアムを管理する方法もあるので保管はしておきましょう。今回は無視をします。

 

ダウンロードが終了すると「I understand Continue」がクリックできるようになりますのでそちらをクリックします。

ちなみにその上にある文章は「MyEtherWalletはウェブウォレットではないのでファイルやパスワードは保存されません。自分で管理しないと二度と復元できないのでこのパソコン以外の場所でしっかり保存しておいてください。」というような意味が書かれております。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512094409p:plain

 

これでウォレットの作成は完了です。秘密鍵が表示されますので安全な場所(紙媒体などやオフラインパソコン)で保管しましょう。下に表示されているのは秘密鍵のQRコードです。(秘密鍵について⇒秘密鍵と復元パスフレーズ

 

また、この秘密鍵(ウォレット)の情報を印刷する事もできます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512094903p:plain

 

保存したら画面下の「Next: Save your Address」をクリックします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512095149p:plain

 

上の画面に移ったら「秘密鍵」を選択します。

そして先ほど保存した秘密鍵を入力します。そして「アンロック」をクリックしてウォレットの情報(自分のアドレスなど)を表示します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512095610p:plain

 

アンロックに成功するとウォレット情報が表示されます。

 

①作成したウォレットのアドレス

・・・このアドレスに仮想通貨を送金するとウォレットに入金されます。

 

②作成したウォレットの秘密鍵

・・・ウォレットを開いたりウォレットから仮想通貨を取り出す時に利用する暗号です。右端にある「目」のマークをクリックすると表示されます。

 

③印刷

・・・ペーパーウォレットを作成できます。紙媒体での保存はハッキングに合わないなので安全です。

 

④作成したウォレットアドレス(QRコード)

・・・カメラで読み取ることができるウォレットのアドレスです。

 

⑤作成したウォレットの秘密鍵(QRコード)

・・・カメラで読み取ることができるウォレットの秘密鍵です。

 

ちなみに③のペーパーウォレットを作成すると以下のようになります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170512100228p:plain

 

印刷をして金庫などで保管しておけば燃えたり劣化したりして印刷が消えない限り安全に仮想通貨を保存することができます。

 

取引所からペーパーウォレットへの入金する場合はイーサリアムアドレスを指定する事で入金する事ができます。

 

ローカル環境で利用する方法

また、イーサリアムをより安全にMyEtherWalletで保管する方法としてオフラインパソコンのローカル環境で操作する方法があります。

より安全なイーサリアム保管方法 <MyEtherWallet>で解説をしております。多額を保管する場合はこちらの方法もご参考にしていただければと思います。

 

TREZORと連携する方法

MyEtherWalletとTREZORを連携する事でハードウェア型のウォレットにイーサリアムの通貨「イーサ(ETH)」やイーサリアムブロックチェーンで動くトークンを保管する事ができます。

 

TREZORの使い方「MyEtherWallet利用」 <イーサリアムの送信・受信>

 

まとめ

以上がイーサリアムなどの仮想通貨ウォレットMyEtherWalletの使い方です。秘密鍵を運営が保管するウェブウォレットではないので運営のハッキング被害による漏洩は防ぐことができますが秘密鍵などの管理は自己責任になります。(送金ミスも自己責任です。)

ですが安全に保管できる可能性は高まりますので選択肢の一つとしては良いと思います。仮想通貨などの取り扱う際は金額と自身の保有計画に基ずいてウォレットなどを選択していっていただければと思います。色々と学びながら安全に資産管理をしていきましょう!

 

関連記事

bitFlyerでのイーサリアム購入方法<2つのパターン>

イーサリアム取引所比較<2017年7月最新版>

ERC20とは<初心者向け>

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で