とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ライトコインウォレット「liteaddress.org」でペーパーウォレットを作成する方法

f:id:jyutakugyoseiku:20170704184444p:plain

 

仮想通貨のうちの一つにライトコイン(Litecoin)という仮想通貨があります。ライトコインを取引所で購入した後にウォレットで保管する時の選択肢の一つに「liteaddress.org」というウォレットがあります。今回はliteaddress.orgの解説をします。

 

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ライトコインとは

 

ライトコインは2011年に開発された決済用仮想通貨です。ビットコインとの主な違いは取引完了の時間が挙げられます。ビットコインが10分なのに対しライトコインは2.5分で完了します。ビットコインが「ゴールド」として例えられるのに対しライトコインは「シルバー」として例えられます。ビットコインよりも決済の面で「実用的」を目標に作成されました。

 

ライトコインはビットコインに先駆けてSegwitを実装して話題になりました。ですがビットコインにも課題があるようにライトコインにも課題はあります。マイニングの中央集権化など、仮想通貨につきものの課題があるのでまだまだこれからどのような発展をしていくかは誰にも分かりません。

 

ライトコインについて詳しくはこちら⇒ライトコイン(Lite coin)とは


スポンサー

 

 

liteaddress.orgとは

 

liteaddress.orgはライトコインのウォレットサービスです。初心者にとって基本的な使い方としては「ペーパーウォレットの作成」が挙げられます。ビットコインのペーパーウォレットサービス「bitaddress.org」と基本的な使い方は同じでとても簡単にペーパーウォレットが作成できてしまいます。

 

注意点

 

仮想通貨のウォレットはいくつかのタイプがあります。liteaddress.orgはウェブ上でウォレットを作成するサービスです。所有権を示す「秘密鍵」をサーバーが管理するオンラインウォレットとは違い自身で管理をし、ペーパーウォレットに出来るのでセキュリティは高いウォレットです。(ビットコインの秘密鍵=銀行預金の暗証番号?

 

ペーパーウォレットは紙で保管し、「秘密鍵」はその紙に記載されるのでリスク管理方法は現金とほぼ同じです。ただ、現金と違って印刷された秘密鍵が劣化により見えなくなってしまうリスクがありますので注意しましょう。

 

また、liteaddress.orgのようなウェブウォレットサービスには秘密鍵作成の際に「決められた秘密鍵」を提供されてしまうリスクがあります。ランダムな文字列から秘密鍵は作成されますがその文字列がランダムではなく決まった文字列だとするといとも簡単に秘密鍵を復元されてしまいます。

 

liteaddress.orgでは安全に秘密鍵を作成できると思いますが、そのようなセキュリティ不足がある可能性は知識としてしっておいた方がいいと思います。またliteaddress.org自体がハッキングを受けているとウォレットを作成する際、危険にさらされる事になりますのでウォレットを作成する際は注意しましょう。

 

ペーパーウォレット作成方法

 

liteaddress.orgを開きます。https://liteaddress.org/

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170704182845p:plain

 

このような画面が表示されます。

マウスを動かすか赤枠四角内に文字を打ち込むとランダムな文字列が作成されます。これが秘密鍵、ライトコインアドレスの元となる文字列です。(記録の必要はありません)

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170704183426p:plain

 

作成が終了すると上のような画面が表示されます。

左にライトコインアドレス、右に秘密鍵が表示されます。秘密鍵は誰にも見せないように保管しましょう。

 

画面右上の「Print」でこのアドレスのペーパーウォレットを作成する事ができます。メニューの「Paper Wallet」をクリックすると新たに(このアドレスとは別の)アドレスでペーパーウォレットを作成する事ができます。

 

※一度作成したウォレット(秘密鍵)を保存せずにブラウザを閉じてしまうと二度と復元できなくなりますので注意してください。

 

まとめ

 

以上がライトコインウォレット「liteaddress.org」の概要とペーパーウォレットの作成方法です。取引所の中に預けているよりも安全にライトコインを保管する事ができますのでウォレットへしっかりと入れておきましょう。

 

関連記事

bitbank.ccでのライトコイン(LTC)購入方法と注意点

ビットコインのコールドストレージとは

ビットコインウォレット紹介ページ

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最初に手に取るビットコインの教科書

最初に手に取るビットコインの教科書