とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインの秘密鍵=銀行預金の暗証番号?

f:id:jyutakugyoseiku:20161207161014j:plain

 

ビットコインをまだ始めていない方やビットコイン初心者の中で、今まで特に技術者ではなかった方には「公開鍵」と「秘密鍵」という言葉のイメージはパッとつきにくいものだと思います。そんな時はとりあえず「秘密鍵」の重要性だけ覚えておきましょう。

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

秘密鍵とは

 

秘密鍵とは、まずイメージとしては「銀行の暗証番号」と覚えましょう。まずはビットコインをとりあえず購入した方はビットコインの仕組みについてはよくわからず、どのようなセキュリティ対策をすればいいか分からないと思います。ですのでまず、「ビットコインの秘密鍵」=「銀行預金の暗証番号」であると覚えましょう。

 

もちろん秘密鍵はただの暗証番号とは異なりますが、そうそう銀行の暗証番号を他人に見られてしまうところに書いておいたり、ネット上で入力をすぐにしてしまう方は少ないと思います。ですので「そのくらい大切なものである」という事をまず頭に入れておいてください。

 

秘密鍵はビットコインを送信する際に必要となる暗号です。ランダムに並べられた数字とアルファベットの文字列により形成されます。秘密鍵から「公開鍵」というものは作られます。ですが「公開鍵」から秘密鍵を割り出すことはできない仕組みになっている為に「公開鍵」という名前の通り、こちらは誰に見られても問題はありません。

(秘密鍵と公開鍵についてはこちら⇒ビットコインの公開鍵と秘密鍵とは?

 

秘密鍵を見たことがない?

 

ビットコインを保有しているのに秘密鍵を見たことがない、という方はいます。その方はビットコインの保管を運営の会社を信用して任せている人たちです。例えば取引所では秘密鍵を運営側が一括して管理しております。アカウントを作成し、パスワードを決めますが、それは取引所に入るためのもので特定のビットコインアドレスに入った(または入れる)権利を取引所側から許してもらうためのものです。

 

もちろん、だからといって取引所にビットコインを必ず盗まれますよ、というわけでは無いのですが取引所側はいつでもあなたのビットコインを取り出せてしまうのですよ、という事です。ですのでビットコインは取引所で購入→ウォレットに保存がセキュリティとしては優れております。ただでさえ少しリスクの高い取引所で2段階認証をしないのはかなり危険な行為だという事を肝に銘じておく必要はあります。(2段階認証はビットコイン初心者必須セキュリティ!

 

まとめ

 

秘密鍵について管理方法は何が一番良いか議論されております。私は紙が一番手っ取り早くて好きです。紙は紛失や焼失のリスクがありますが、現代人は紙幣を使ってきたので紙幣を扱う感覚で保存できるのではないかと考えるからです。100万円分のビットコインが入ったビットコインアドレスの秘密鍵を書いた紙は100万円紙幣のように自分だったら扱います笑

 

どちらにせよビットコインを安全に管理するのにはこのような知識が必要です。より安全に仮想通貨を楽しみたい見たい方は知識をつける事を心掛けていきましょう!

 

 

 <ハードウェア型ビットコインウォレット>

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)
 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


スポンサー