とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

<News!>ビックカメラでビットコイン決済導入

f:id:jyutakugyoseiku:20170405185307p:plain

 

本日2017年4月5日に「ビックカメラ」が週内に2店舗でビットコイン決済を導入することが報道されました。また、リクルートライフスタイルは「Airレジ」というアプリを利用する店舗(最大26万店舗)でビットコイン決済を可能にするとの事です。今回の報道により決済機能としてのビットコインが注目されますが、実際のビットコインはどんな状況か、初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

今回の報道について

 

今回の報道はなかなかインパクトがありました。ビットコイン対応26万店 ビックカメラなど導入 :日本経済新聞

「Airレジ」というアプリを利用している店舗でビットコイン支払いができるようになるために26万店にビットコイン対応店舗が増えるとのことです。また、ビックカメラという私達にとても身近な大手電化製品店がビットコイン対応をすることで認知度は上がると言えるでしょう。

 

ちなみにビックカメラと提携したのはbitFlyer、リクルートライフスタイルと提携したのはcoincheckという取引所です。どちらの取引所も国内大手で、決済事業も以前から力を入れてきました。

ビットコイン取引所紹介~bitFlyer~

ビットコイン取引所紹介~coincheck~

 


スポンサー
   

 

ビットコインの決済

 

ビットコインはもともと「電子決済システム」として発明されましたが(ビットコインの原論文)これまで「投資」の対象として見られてきました。価格の変化率が大きい為ハイリスクハイリターンを好む投資家はビットコインやその他仮想通貨の投資を対象として見ました。

しかし、もともとビットコインや仮想通貨は「機能」があるもので今回のようにビットコインが「決済」に利用されるのはビットコインにとってはとても将来性の見込めるいいニュースだと言えるでしょう。

 

しかし、ビットコインの決済機能はまだまだ懐疑的な見方をする方もいます。というよりビットコインはまだ実験段階です。最近の「ハードフォーク問題」(ビットコインハードフォーク問題について<初心者向け>)は結局解決の目途すら立っておらず難しい局面を迎えております。

 

今回の報道でビットコインの技術的な問題が解決するわけでもなく、単なる日本国内のちょっとしたニュースという見方をするのが良いかと思われます。新規で保有される方は慎重に行いましょう。

 

ビットコインの今後

 

ビットコインの決済事業を展開するbitFlyerとcoincheck、そして導入する店舗(ビックカメラなど)にとってはビットコインの使い方(宣伝の仕方、上手くビジネス活用する方法)を学ぶとてもいい機会ではあると私は考えます。

 

もちろん私などが言わなくてもbitFlyerやcoincheckは考えている事ですが、他の企業も交えてビットコインという未知なる貨幣がどのように人々に受け入れられていくかを考えてくれることは私達にとってはとてもプラスになります。それが例えビットコインではなく新たに出てくる仮想通貨や他の仮想通貨だとしてもこのような「誰にも支配されていない通貨」を扱ういい機会になると私は考えました。

 

<関連記事>

 ぐるなびがビットコイン決済導入へ

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin