とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

bitFlyer(ビットフライヤー)でのポルカドット(DOT)の購入・買い方を解説!手数料・注意点・取引所/販売所比較・評判を紹介!

ビットフライヤーポルカドット

 

国内の大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)でのポルカドット(DOT)の買い方・購入方法を初心者の方にもわかりやすく解説します。また、購入する際の注意点や、手数料なども解説しますので、ポルカドットを購入しようと考えている方は参考にしていただければと思います!

 

 

 

 

ポルカドットとは

そもそも、ポルカドットとはどのようなものかを解説します。

ポルカドットは、ブロックチェーン技術を基盤とした仮想通貨やサービスをつなぎ、「Web3」と呼ばれる新たなWeb世界の実現を目指すエコシステムです。また、そのプロジェクト全体を指してポルカドット、とも呼ばれます。

非常にわかりやすく、そして簡単に言うと、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンの、プラットホームになることを目指したプロジェクトです。

ポルカドットとは

ポルカドットとは

イーサリアムを共同で創設した、ギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏らによって2016年に考案されました。稼働は2020年5月から開始されています。

2021年現在、仮想通貨やブロックチェーンプラットホームはそれぞれ独立して存在しているため、同じ土俵で利用することが困難です。例えば、ビットコインとイーサリアムは異なるブロックチェーン基盤の仮想通貨のため、イーサリアムの送金手数料の支払いにビットコインを利用することは通常できません。

しかし、ポルカドットが両者を結ぶことで、イーサリアムの送金手数料支払いにビットコインを利用できるようになる、などが実現し、今まで離れていたブロックチェーン同士が相互に利用できるようになります。すると今まで実現しなかった、異なるブロックチェーン同士を利用したアプリケーションの構築などが可能になります。

まだ始まったばかりのプロジェクトなため、未知数なところはありますが、開発コミュニティも人数が増えてきており、今後や将来性が期待されているエコシステム・プロジェクトです。

 

ポルカドットの通貨「DOT」とは

ポルカドット内で発行される仮想通貨は「ポルカドット(DOT)」と呼ばれ、誰でも保有することができます。イーサリアムで発行されている仮想通貨「イーサ(ETH)」のように、ポルカドット上で利用され、市場での需要と供給によって価格が上下します。2021年現在では、約10億のDOTが市場でやり取りされています。最終的な供給量(発行枚数)の上限は、まだ定められていません。

ポルカドット(DOT)は、ポルカドットの仕様を決める投票権や、セキュリティを維持する役割を担っており、ポルカドットが稼働していく中では非常に重要な存在です。

ポルカドットの価格

ポルカドットの価格(出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/polkadot-new/

ポルカドットは、2021年6月時点ですでに2兆4千億円の時価総額(仮想通貨第9位)になっています。1DOTあたり、約2500円前後で推移しています。

ポルカドットの開発が進む、取引所への上場が決まるなどのニュースが発表されるとDOTの価格は上昇します。逆に国の規制対象となったり、開発が遅れたりすると価格が下落する可能性があります。

今後の予定では、「パラチェーンオークション」と呼ばれる、ポルカドットにつながれるブロックチェーンプロジェクトのオークションが開催されます。そのオークションでは、実際にポルカドットに繋がれるブロックチェーンプロジェクトがどのようなものか知ることができ、さらにポルカドット(DOT)も参加に必要となる予定のため、価格が上昇する可能性が高いでしょう。

 

〜ポルカドットについてもっと詳しく知りたい方はこちら〜

ポルカドット(DOT)とは?初心者にわかりやすく、今後・将来性・歴史・仕組みを解説した入門ページ

 

ポルカドットを買う際の注意点

ポルカドット(DOT)は仮想通貨の一つ。仮想通貨の歴史はビットコインが始まった2009年からスタートしており、他の株式や為替などの投資商品に比べて非常に浅いです。

歴史が浅い、ということはまだ私たちが知らない問題が隠されていることもあるかもしれない、ということです。仮想通貨は物ではなく、デジタルなもののため、脆弱性が見つかる可能性などもあります。その点をまずは理解して保有すべきでしょう。

また、仮想通貨は価格の変動が激しいため、多額の資金を保有していると不安になってしまうこともあるでしょう。無理をして多額の仮想通貨を買う、などはせずに少額から保有することを当サイトでは推奨しています。

もちろん、2009年からビットコインは大きな問題なく稼働し続けていますし、仮想通貨をはじめとしたブロックチェーン関連サービスは革新的なテクノロジーである、と多くの人が考えていることは事実です。そのため、長く仮想通貨と付き合っていくためにも、上記のようなリスクを踏まえ、適切な仮想通貨取引所を選んで、学びながら適切な量の仮想通貨を購入していくといいでしょう。

 

bitFlyerでのポルカドットの買い方

いよいよ、ここからbitFlyer(ビットフライヤー)でのポルカドットの買い方を解説していきます。ポルカドットを買うまでの手順は基本、以下のような流れになります。

 

1 口座開設(基本開設費は無料)

2 本人確認書類(運転免許証など)をオンラインで送る

3 本人確認審査が完了

4 日本円を銀行振込みなどで入金(振込み手数料などがかかる場合あり)

5 仮想通貨と日本円を交換(取引手数料がかかる場合あり)

6 口座内に交換した仮想通貨が保管(表示)される(口座維持費などは無料)

 

ポルカドットの仮想通貨「DOT」は、ほとんどの取引所で500円程度から購入が可能です。1〜6の手順は仮想通貨取引所によって、変わるものではなく、どこの取引所でも同様の手順で、簡単にDOTを買うことができます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

今回紹介するbitFlyerは、どのような取引所なのでしょうか?bitFlyerについても知っておくと、初心者の方も安心して仮想通貨が購入できるでしょう。

 

項目  内容
取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
設立 2014年1月19日
親会社 株式会社 bitFlyer Holdings
取り扱い仮想通貨数 13
提供サービス 取引所/販売所/bitFlyer Lightning/ステーキング/クラウドファンディング/寄付/簡単積立
アプリ
サイト内(DOT)RNK
第2位

 

bitFlyerは日本の取引所の中では歴史が長い仮想通貨・暗号資産取引所です。本格的なトレードもしやすいと中・上級者からも人気があり、非常に多くの人が利用しています。

 

<bitFlyerの特徴>

・優良銘柄を多数取り扱い

・使いやすいトレード画面

・歴史の長い取引所

・欧米でも取引所を展開しており将来性◯

 

<開催中キャンペーン>

・ポルカドット取扱開始記念!抽選で 15 名様に最大 5 万円が当たるキャンペーン

 

ポルカドットっていくらから買えるの?

ビットコインなどの報道では「ビットコインが400万円に上昇」などと書かれているので、仮想通貨に投資するにはお金を多く持っていなければならないのでは?と思いがちです。しかし、そんなことはありません。ポルカドットは、500円程度から購入することができます。

取引所での最小購入単位は以下です。

 

取引所名 最小購入単位(金額)
GMOコイン 0.01DOT
bitFlyer 0.00000001DOT

 

例えば1DOT(ポルカドットの通貨単位)が4000円の時、0.01DOTが最小購入単位であれば400円からポルカドットを購入することができます。数百円からポルカドットは購入可能なので、とりあえず保有だけしてみたい、という方でも気軽に始めることができるのです。

 

買う前に行わなければならないこと

ポルカドットを購入する前に、あらかじめ仮想通貨取引所で以下のことをしておかなければなりません。

 

1 アカウント作成/口座開設/会員登録

2 本人確認の完了

3 日本円の入金

 

どれも非常に簡単に行うことができますが、少し時間がかかってしまう場合があります。仮想通貨取引所でポルカドットを買いたい時にすぐに買えるよう、購入予定がある方はあらかじめこれらを完了させておくといいでしょう。

 

アカウント作成

bitFlyerの公式サイトへアクセスします。(https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

画面右上にある「無料アカウント作成」を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

登録したいメールアドレスを入力します。入力したメールアドレス宛に、bitFlyerからメールが届きます。メールの案内に従って操作を行えば、アカウント作成が完了です。

bitFlyerからメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダ(またはプロモーションフォルダ)にメールが届いているなどの可能性がありますので、そちらのフォルダも確認してみましょう。そのような問題がないのにも関わらず、メールが届かない場合はbitFlyerにお問い合わせをするといいでしょう。(bitFlyerお問い合わせ

 

本人確認書類の提出

続いて、本人確認書類を提出します。

f:id:jyutakugyoseiku:20170623161336p:plain

本人確認画面で、個人情報を入力していきます。間違いがあると、今後取引ができなくなってしまう場合がありますので、間違いのないよう入力しましょう。

続いて本人確認書類の提出ページを行います。 

f:id:jyutakugyoseiku:20170623161839p:plain

提出書類を選択します。赤枠内の下矢印をクリックして提出する書類の選択をしましょう。 

f:id:jyutakugyoseiku:20170623162011p:plain

規定のファイル形式やサイズは、各取引所によって異なりますので、利用する取引所の規定を確認してからアップロードしましょう。

本人確認書類として認められるのは多くの取引所で、以下のようなものになります。

・パスポート

・在留カード

・特別永住者証明書

・運転免許証

・運転経歴証明書

・住民基本台帳カード

・マイナンバーカード

詳しくは各取引所で「本人確認書類として有効なもの」の説明がありますので、必要な証明書や枚数をアップロードします。未成年者の場合は保護者の同意書が必要になります。 

f:id:jyutakugyoseiku:20170623162133p:plain

画像ファイルをアップロードしましょう。 

f:id:jyutakugyoseiku:20170623162631p:plain

bitFlyerに日本円を振り込む為の銀行口座情報を入力します。先ほど「ご本人情報のご登録」で登録した方の名義になっている銀行口座を登録しましょう。

ちなみにbitFlyerに入金する際は「三井住友銀行」と「住信SBIネット銀行」宛てになります。振込手数料は利用者負担ですので手数料を少しでも安く済ませたい方はどちらかの銀行口座を登録しておいた方が良いでしょう。(銀行口座は後からでも追加可能です)

参考:ビットコインを始めるなら住信SBIネット銀行口座がいい理由

これで本人確認書類の提出は完了です。

 

本人確認書類の提出が完了したら、仮想通貨取引所の審査を待ちます。審査が完了すると、登録した住所へ仮想通貨取引所からハガキ(または封筒)が郵送されて来ます。ハガキを受け取り次第、本人確認が完了しますので、ハガキが郵送されるのを待ちましょう。

ハガキは混雑しているとなかなか届かないことがあります。特に仮想通貨の価格が変動しているときは時間がかかります。もし、今後仮想通貨取引所を利用する予定がある場合は、早めに本人確認書類の提出まで終わらせておくといいでしょう。


スポンサー

 

 

日本円を入金する

日本円の入金方法を解説していきます。bitFlyerでは日本円の入金方法は3種類あります。「銀行振込」「ネットバンク入金(クイック入金)」「コンビニ入金」です。それぞれの特徴は以下です。

 

  銀行振込 ネットバンク入金 コンビニ入金
入金元 銀行口座 住信SBIネット銀行
イオン銀行
Pay-easy(ペイジー)
コンビニ店舗
手数料 銀行所定の手数料 330円/回※ 330円/回
反映時間 銀行所定の振込時間 原則即時 原則即時
上限金額 無制限 9,999,999円/回※

300,000円/回

送金制限 なし 7日間送金不可 7日間送金不可

※ 住信SBIネット銀行利用時は手数料無料・入金上限1億円

 

まずは「銀行振込」の方法から解説していきます。

f:id:jyutakugyoseiku:20170616144938p:plain

ログイン後、画面左の「入出金」を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

「銀行振込」を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

振込み口座の三井住友銀行口座が表示されます。bitFlyerでは、入金先の口座に三井住友銀行か住信SBIネット銀行を選択することができます。どちらの口座宛でも問題なく入金することができますが、もし可能であれば住信SBIネット銀行の口座を開設しておき、その口座から振り込むといいでしょう。住信SBIネット銀行から、住信SBIネット銀行宛の振込の方が手数料が安くなるためです。

住信SBIネット銀行の振込先を表示したい場合は右下の「住信SBIネット銀行への振込入金はこちら」を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

住信SBIネット銀行口座に振込む際は、一つ注意点があります。それは振り込み名義人を「5桁の数字 振り込み名義人名」とすることです。

上画面「振込名義人」の箇所に5桁の数字が表示されます。その5桁の数字を住信SBIネット銀行から振込む際に、忘れずに入力する必要があります。これを忘れてしまうと、入金が反映されない場合があり、さらに本人確認を行わなければならなくなることもあるので、この点には注意して振込みを行うようにしましょう。

 

続いて、ネットバンク入金(クイック入金)について解説していきます。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

ネットバンク入金は、以下のインターネット銀行にて入金が行えます。

・住信SBIネット銀行 

・イオン銀行

・Pay-easy(ペイジー)対応金融機関

上記以外は振込入金にて入金を行うことになりますので、もしbitFlyerを利用する予定がある場合は、上記どれかの銀行口座を開設しておくといいでしょう。Pay-easy対応のメガバンクも、インターネットバンキングを開設していないと利用することはできませんので、注意が必要です。(通常口座のみ開設している場合、Pay-easy入金は使えません。その場合も振込入金を利用することになります。)Pey-easy対応の金融機関はこちらで確認することができます。

また、以下の銀行口座を使用してクイック入金を行なった場合は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができないことに加え、9,999,999円までしか入金することができません。

・イオン銀行

・Pay-easy(ペイジー)対応金融機関を経由した入金

そのため、できれば

・住信SBIネット銀行

を開設しておくのがいいでしょう。(住信SBIネット銀行であれば入金金額の上限は100,000,000円となります)

なお、住信SBIネット銀行であればクイック入金にかかる330円もかからず、無料で入金することができるため、その点でもおすすめです。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

振込み先の銀行や方法を選択すると、上のような画面が表示されますので入金額を入力します。画面の案内に沿って操作していくと、そのまま利用するインターネット銀行のサイトへ繋がります。入金までインターネットを通じて行われ、画面の案内に沿って操作すれば入金ができますので、難しいことはないでしょう。

 

最後にコンビニ入金について解説します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

コンビニエンスストア入金を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

入金したい金額を入力します。

コンビニ入金はbitFlyerでの手続き後、コンビニの店舗に行き、支払いを行うことで入金します。手数料が一回330円(税込)かかり、一回につき300,000円の入金金額上限があります。

また、コンビニ入金した後は7日間、入金相当額の日本円と仮想通貨の出金・送金・振替ができませんのでご注意ください。

金額を入力したら、支払いを行うコンビニを選択します。

・ローソン

・ファミリーマート

・ミニストップ

・デイリーヤマザキ

・セイコーマート

を利用することができます。(セブンイレブンは利用することができないので注意が必要です)

画面に従い操作を行うと、バーコード、または番号を取得できますので、その画面をお持ちになってコンビニ店舗へ行き、支払いを行えば完了です。

 

ポルカドットの買い方

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

ログイン後「販売所」を選択し、売買通貨「DOT/JPY」を選択します。すると上のような画面になりますので、ここで「買う」を選択します。

bitFlyer操作画面

bitFlyer操作画面(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

すると、購入価格が表示されます。表示されている購入価格でいくら分(もしくはどのくらいのDOT)購入するかを入力します。そして「買い注文に進む」を選択すると、どのくらいのDOTがいくらで購入することができるか、表示されます。

確定をすれば、購入完了です。bitFlyerアカウントにイーサ保有量が反映されます。

売買手数料は無料で購入することができるのですが、注意しなければならないのは、販売所では「スプレッド」と呼ばれる手数料がかかってしまうことです。スプレッドとは「購入価格」と「売却価格」の差のことを言います。

例えば先ほどの購入価格は、1DOTあたり1,793円となっていましたが、その時に確認した売却価格は、1DOTあたり1,622円となっていました。この二つの価格の差が170円程度ありますが、これを「スプレッド」と呼び、販売所を利用した際の手数料として仮想通貨取引所に支払うことになる金額です。なぜなら、買ってすぐに売った場合、価格が変動していないにも関わらず170円あなたは必ず失うことになるからです。その170円は仮想通貨取引所へ支払っているのです。

販売所では、このような隠れた手数料がかかっていることは知っておくといいでしょう。

 

ポルカドットを買う際にかかる手数料は?

ポルカドットを買う際にかかる手数料は、1万円分のDOTを買った場合、bitFlyerの場合「販売所」では0円(+スプレッド)です。

 

※手数料計算方法

<販売所利用>

口座開設費用…0円

日本円入金手数料…0円(住信SBIネット銀行からの入金利用

取引手数料…0円(+スプレッド)

 

DOTをスプレッド分の手数料だけで買うことができます。

 

取引所はどこがおすすめ?

ポルカドットを購入する場合、どの取引所がおすすめなのか当サイトでは独自のランキングを作り、比較しています。当サイトでは取引所を選ぶ際、初心者の方はまず以下の7つのポイントをチェックすべきだと考えています。

 

1 金融庁の登録を受けているか?

2 目当ての銘柄は取り扱っているか?

3 手数料は高くないか?損していないか?

4 取引所への入金方法は?

5 取引以外のサービスは目当てのものがあるか?

6 セキュリティ体制は問題ないか?

7 今後も長く付き合っていきたい取引所か?

 

これらをチェックした上で、自分にあう取引所を選ぶといいでしょう。どこの取引所を利用しても同じ「DOT」を購入することができますが、手数料などの違いがあるため、お得に購入できる場合とそうでない場合があります。

しっかりと取引所を比較し、お得にDOTを購入しましょう。

 

〜ポルカドット取り扱い取引所比較(スマホはスクロールで全体を閲覧できます)〜

取引所名 手数料(取引所) 通貨ペア JPY入金 JPY出金 DOT出金 販売所 レバレッジ
GMOコイン 取り扱いなし JPY 無料 無料 無料 あり -
bitFlyer 取り扱いなし JPY 0~330円 220~770円 0.1DOT あり -

※2021.07.01.最終更新 ※取引所と販売所の違い⇒ビットコイン取引所と販売所の違い ※通貨ペアは現物取引 ※JPY入金には振込手数料の実費がかかる場合があります

 

〜仮想通貨取引所の徹底比較はこちら〜

ビットコイン/仮想通貨取引所比較ランキング<2021年最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

以上、bitFlyer(ビットフライヤー)でのポルカドット(DOT)の買い方を初心者の方にもわかりやすく紹介しました。 知識があるとポルカドットをお得に買うことができます。ぜひ、しっかりと下調べをした上でポルカドットをお得に買っていただければと思います!

 

関連記事

ポルカドット(DOT)のおすすめウォレットは?安全に保管する方法とウォレットの基礎知識を紹介

ポルカドットのステーキング方法をわかりやすく解説!初心者でもできる仮想通貨を増やす方法と注意点を紹介!

ポルカドット(DOT)とは?初心者にわかりやすく、今後・将来性・歴史・仕組み・ウォレット・取引所を解説した入門ページ

GMOコインでのポルカドット(DOT)の購入・買い方を解説!手数料・将来性・注意点・取引所比較を紹介!

 

GMOコイン