とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

仮想通貨の知識が全くない初心者の方に向け、仮想通貨・ブロックチェーン・Web3.0を理解できるポータルサイトです。

2段階認証とは?仮想通貨に投資するなら初心者が必ず行っておくべきセキュリティ対策!やり方・注意点・紛失時の対処法もわかりやすく解説!

f:id:jyutakugyoseiku:20161130181827j:plain

 

仮想通貨に投資しようと考えている方は、仮想通貨の安全な管理方法を知ることが最初のステップです。仮想通貨はデジタルなものなので、パソコンやスマホの管理が甘いと流出してしまいます。中でも最低限のセキュリティ対策として「2段階認証」というものがあります。2段階認証とは、やり方・注意点について初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

コインチェック

 

2段階認証とは

2段階認証とは、ログインや仮想通貨を取引所から取り出す際に、パソコンとスマホ、などの2つの端末で認証をしなければ操作できないようにするセキュリティ設定です。 

f:id:jyutakugyoseiku:20180128105835p:plain

仮に利用している仮想通貨取引所アカウントのIDとパスワードが流出してしまっても、スマホが盗まれていない限り、2段階認証ができないため、第三者はログインをすることができません。

ほとんどの仮想通貨取引所で2段階認証を設定する事ができますので、必ず設定するようにしましょう。

 

2段階認証の認証方法

2段階認証には以下のようなパターンがあります。

・メールアドレスで認証

・SMS(ショートメッセージ)で認証

・2段階認証のスマホアプリで認証

2段階認証は、スマホに届く(または表示される)コードを取引所の画面で打ち込んで、認証するという方法が取られます。

注意点は2段階認証設定をしたメールアドレス・電話番号・アプリを機種変更などで紛失してしまわないようにすることです。

日本の仮想通貨取引所は、利用するために本人確認が必要なため2段階認証設定を紛失してしまっても再度本人確認をすることによって、IDやパスワードを再発行することができる場合があります。しかし、再発行には時間がかかってしまうことがあるため、仮想通貨の買いたい(売りたい)タイミングを逃してしまいます。

2段階認証をした後は、メールアドレスが使えなくなる(特にキャリア携帯を使用している方)ことや、スマホの紛失などにご注意ください。

 

2段階認証が重要な理由

2段階認証がなぜ必須のセキュリティ対策なのでしょうか。

仮想通貨やビットコインの投資を始めよう!と思った場合、最初に行うことは仮想通貨取引所で仮想通貨を購入です。

しかし、仮想通貨取引所のあなたのアカウントはハッカーに非常に狙われやすい場所です。仮想通貨取引所では、IDとパスワードによってログイン・日本円の入出金・仮想通貨の送受金を操作します。

逆に言えば、IDとパスワードがわかってしまえば仮想通貨を盗むことが容易にできてしまうのです。そこで、2段階認証を設定しておくことで、IDとパスワードの他に2段階認証端末が必要になります。

例えば、スマホを2段階認証端末として設定しておけば、パソコンを万が一盗まれてしまってもスマホさえ無事でなら、第三者に仮想通貨を盗られてしまうことは無くなります。

このように、2段階認証は仮想通貨の2重ロックのような意味を持っています。仮想通貨に投資する方は必ず2段階認証設定を行うようにしましょう。

 

注意点

パスワードやIDを記録する際には、2段階認証を行えるスマホやパソコンへ記録をしないようにしましょう。2段階認証を行えるスマホやパソコンが盗まれてしまった場合、パスワード、ID、2段階認証を一気に突破されてしまうことになります。

そのため、パスワードとIDと2段階認証端末は全て物理的に離して管理することが大切です。そうすれば、仮想通貨の盗難リスクは減少するでしょう。

 

2段階認証の設定方法

ここからは実際の2段階認証の設定方法を紹介していきます。

今回は例として、仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)で設定方法を説明します。どの取引所でも基本の設定方法は同じです。取引所アカウント内の「2段階認証」ページから設定を行いましょう。

まずCoincheckにログインをします。

2段階認証設定方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

画面左の歯車マークを選択し「2段階認証」を選択します。

2段階認証設定方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

Coincheckの2段階認証は「Google Authenticator」というアプリを使いますので、あらかじめインストールしておきます。

「Google Authenticator」iPhoneの画面↓

f:id:jyutakugyoseiku:20170507143615p:plain

「Google Authenticator」Androidの画面↓

f:id:jyutakugyoseiku:20170507142705p:plain

その後、Coincehckの画面で「設定する」を選択すると、登録メールアドレスへCoincheckからメールが届きます。メールに記載されたURLを選択します。

2段階認証設定方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

URLを選択すると、2段階認証設定画面が開くので、設定を行います。なお、セットアップキーは必ず紙などに記載して控えておきましょう。Google Authenticatorアプリがインストールされているスマホが紛失などしてしまった際に、セットアップキーがあれば再度2段階認証設定を行うことができます。

続いて、Google Authenticatorアプリを開きます。今回はiOSアプリを例に行います。

スマホアプリで設定を開始↓

f:id:jyutakugyoseiku:20170507143803p:plain

 「設定を開始」をタップ

f:id:jyutakugyoseiku:20170507143945p:plain

「バーコードをスキャン」をタップします。

そしてCoincheckの設定画面でQRコードを読み取ります。

するとスマホアプリに6桁の数字が表示されます。 

アプリ数字表示画面↓

f:id:jyutakugyoseiku:20170507144603p:plain

 Coincheckの設定画面で生年月日と6桁の数字を入力をしましょう。

2段階認証設定方法

Coincheck(コインチェック)操作画面(出典:https://coincheck.com/ja/

 

「設定済みです」と表示されれば2段階認証の設定が完了です。

 

2段階認証でのログイン方法

設定が完了したら2段階認証でログインをしてみましょう。

今まで通りログイン画面へアクセスします。

f:id:jyutakugyoseiku:20170507145158p:plain

すると「パスコードが必要です」との表示がでます。仮にログインIDとパスワードを盗まれてしまっても、相手にはこのような画面が表示されるので実際にログインすることができない、という事です。

自分でログインする場合はこの画面の「パスコード」欄にGoogle Authenticatorアプリを起動して6桁の数字を入力しましょう。

f:id:jyutakugyoseiku:20170507144603p:plain

このようにして2段階認証ログインを行います。

 

その他のセキュリティ対策

2段階認証は「最低限」のセキュリティ対策です。仮想通貨投資を始めるなら、2段階認証の他に、当サイトでは以下のセキュリティ対策も推奨しています。

 

1 2段階認証設定を行う

2 複数取引所のアカウントを作成しておく

3 パスワードやIDは毎回違うものを使用する

4 フィッシング詐欺防止のため取引所はブックマークする

5 コールドウォレットで長期保管する

 

簡単にできるこれらの方法を行うことで、何もしないより数段仮想通貨を安全に保管できるようになります。より安全に保管する場合には、さらに行えることもありますが、初心者がまず仮想通貨を安全に保管しようと思ったら、これらのことを最低行っておくといいでしょう。

 

〜セキュリティ対策についてさらに知りたい方はこちら〜

仮想通貨の安全な保管方法は?最低限行っておくべき5つのことを初心者にもわかりやすく解説!

ビットコインウォレットとは?用途と選び方をご紹介! 

Ledger Nano S(X)の使い方を初心者にもわかりやすく解説!安全に保管するための知識も紹介!

ビットコイン/仮想通貨取引所比較ランキング<2021年最新版>おすすめ/手数料/選び方/評判も解説!

 

コインチェック