とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

マネーフォワードとbitFlyer(ビットフライヤー)を連携する方法と注意点

f:id:jyutakugyoseiku:20180313103958p:plain

 

仮想通貨の資産も合わせて家計簿管理できるアプリ「マネーフォワード(Money Forward)」と仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)を連携する方法を分かりやすく解説していきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

マネーフォワードとは

マネーフォワードは銀行や証券会社やクレジットカードを連携する事で一括して資産管理をする事ができる家計簿アプリです。無料から利用する事ができ、国内仮想通貨取引所とも連携している為仮想通貨の資産管理もアプリで一括して行う事ができます。

 

対応銀行は家計簿アプリではNo.1の対応数なので利用している銀行の多くを管理する事ができます。合計でどのくらい資産残高があるのかや月の収入・支出を一目で確認する事ができる為節約などをしたい場合にどの支出を減らすべきか容易に認識する事ができて便利です。

 

対応仮想通貨取引所一覧

bitFlyer

f:id:jyutakugyoseiku:20170909165758p:plain

取引量・資本金国内最大。安心の取引所

bitFlyer特設ページ

Zaif

f:id:jyutakugyoseiku:20170909165656p:plain

「COMSA」「mijin」などの開発を手掛ける

Zaif特設ページ

coincheck」(取引所サービス停止中)

f:id:jyutakugyoseiku:20170909165748p:plain

最大13種類の仮想通貨取り扱い

coincheck特設ページ

※2018.3.1.時点 

 

マネーフォワードの登録方法などはこちらマネーフォワードとは <登録方法> 対応仮想通貨取引所と連携して合計資産を表示するをご参照ください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは

bitFlyerは国内のビットコイン取引所です。ビットコイン取引量は世界でも上位にあり、資本金は国内最大です。代表は加納裕三さんという方で日本ブロックチェーン協会の代表理事も務めます。メディアにも出演したり、ビットコインやブロックチェーンの普及に尽力をしております。

 

bitFlyerは

・ビットコイン取引所

・ビットコイン販売所(ビットコイン取引所と販売所の違い

・bitFlyer Lightning(ビットコインFXやイーサリアム取引可能)

・アルトコイン販売所(bitFlyerでのイーサリアム購入方法<2つのパターン>

・bitWireSHOP(ビットコイン決済サービス)

などの機能があります。

 

bitFlyerは安心して顧客が取引サービスを利用できるよう保険会社と提携して補償サービスも展開しております。(bitFlyerの不正日本円出金補償サービスについて

 

<bitFlyer基本情報>

会社名 株式会社bitflyer

設立 2014年1月9日

資本金 41億238万円

代表 加納祐三

本社所在地 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F

 

bitFlyerについて詳しくはこちらbitFlyer専門ページ <特徴・使い方・ニュース・評判>をご参照してください。

 

マネーフォワードとbitFlyerの連携方法

あらかじめマネーフォワードをインストールしてアカウント登録を済ませておきます。

連携方法はbitFlyer側から行う場合とマネーフォワード側からAPIキーを入力して行う場合の2種類があります。どちらも基本的に利用できるサービスは変わりませんが、bitFlyer側から行う方が簡単なので初心者の方にはおすすめです。

 

bitFlyer画面から連携

f:id:jyutakugyoseiku:20180313100752p:plain

 

bitFlyerアカウントにログイン、後左メニューから「設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313100838p:plain

 

設定画面中部に「マネーフォワードと連携する」という項目があるので選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313100942p:plain

 

「マネーフォワードと連携する」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101058p:plain

 

マネーフォワードのログイン画面に移りますので登録してあるメールアドレス・パスワードを入力し「ログイン」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101141p:plain

 

連携項目が表示されますので確認後「許可する」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101229p:plain

 

これで連携は完了です。マネーフォワードアプリにbitFlyerの仮想通貨を含めた総資産が反映され、またbitFlyer画面に「Money Forward」のメニューが表示されます。そこではbitFlyer以外の登録口座の履歴も表示されます。

 

マネーフォワード側からAPIキーで登録

f:id:jyutakugyoseiku:20180301183517p:plain

 

トップ画面下メニューより「口座」を選択し口座画面で右上部の「追加」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180301183745p:plain

 

すると検索画面に移りますので上部の検索枠に「bitFlyer」又は「ビットフライヤー」と入力します。すると検索結果にbitFlyerが表示されますので選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101816p:plain

 

APIキーとAPIシークレットキーを入力する画面が表示されますので、今度はbitFlyer取引所のアカウントにログインをしてこれらのキーを取得します。

スポンサー

 

 

bitFlyerのアカウントにログインし「bitFlyer Lightning」画面に移ります。

 

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101957p:plain

 

左上部の三本線を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313102129p:plain

 

「API」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313102540p:plain

 

最下部の「新しいAPIキーを追加」を選択します。

ウォレットクラスではAPIキーを管理する事が出来ないので必ずトレードクラスまでアカウントをアップグレード(方法はこちら)しておき、更にセキュリティ対策の為に2段階認証を設定(方法はこちら)しておきましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313102903p:plain

 

注意事項をよく読んだらチェックボックスにチェックを入れ「同意します」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313103202p:plain

 

「資産残高を取得」「証拠金の状態を取得」「建玉の一覧を取得」にチェックを入れます。そして「OK」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313103519p:plain

 

するとAPIキーとAPIシークレットキーが取得できます。シークレットキーは「表示する」を選択すれば表示されます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180313101816p:plain

 

これらのキーを先ほどのアプリ画面で入力し「連携する」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180301184602p:plain

 

このような表示が出れば連携完了です。データを取得するまでに時間がかかりますので時間を置いてから確認しましょう。bitFlyer内の仮想通貨資産の推移や仮想通貨別の資産を表示する事ができます。

 

また銀行口座などの日本円資産と合わせた資産を表示できるので現在の仮想通貨を含めた総資産を確認する事ができるようになります。

 

関連記事

マネーフォワードとは <登録方法> 対応仮想通貨取引所と連携して合計資産を表示する

簡単に仮想通貨取引の損益計算ができる「tax@cryptact(クリプタクト)」の使い方・登録方法・対応取引所

仮想通貨取引所比較 <アプリ・セキュリティ・会社情報・選び方>

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨のすべてがわかる本

仮想通貨のすべてがわかる本