とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

Circle(サークル)社がPoloniex(ポロ二エックス)買収で進む業界の編成変化

f:id:jyutakugyoseiku:20180227120357p:plain

 

アメリカブロックチェーンテクノロジーを用いた決済事業者のCircle(サークル)がアメリカの大手仮想通貨取引所Poloniex(ポロ二エックス)を買収した事を発表しました。この買収から生じる業界の変化について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

CircleがPoloniexを買収

アメリカブロックチェーン決済事業者のCircle(サークル)がアメリカ大手仮想通貨取引所のPoloniex(ポロ二エックス)を買収した事が両社のプレスリリースで2018年2月26日に発表されました。

Circle社の発表によればPolpniexをチームに加える事でPolpniexのセキュリティや規模を拡大させていくとしています。(参照:https://blog.circle.com/2018/02/26/circle-acquires-poloniex/

 

Polpniexは2017年まではビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの取引量が世界でも有数の取引所でした。最近では顧客を他の仮想通貨取引所との競争で減少させていましたがCircle社との連携により、成長をさせていく事ができる可能性があります。

 

Circle社の決済事業

Circle社はブロックチェーンテクノロジーを利用した決済事業を展開しています。Circle社はニューヨーク州の定める仮想通貨事業者ライセンス「Bit License」を取得する数少ない企業の一つ(日本の仮想通貨取引所bitFlyerの子会社bitFlyer USAもライセンスを取得するうちの一社)でアメリカを中心に事業を展開しています。

 

Circle社の展開するサービスCircle Payはブロックチェーンテクノロジーを用いる事で即時に手数料無料でドルなどの法定通貨を送受金できるサービスを提供しており、現在乱立する電子決済システムの中でも利便性の高い決済システムを展開しています。

 

Polpniexと連携する事で仮想通貨の送受金基盤も作成されていくと考えられ、仮想通貨の送受金も法定通貨と同じプラットホームで利用できれば仮想通貨の決済も普及していく可能性があります。

 

進む業界編成の変化

仮想通貨業界では現在成長と共に多くの業者が乱立しては消えていきます。一年前に業界大手だった事業者でも翌年には他の事業者に顧客を取られている事も多く業界の編成が変化していっています。

 

利用していた取引所やウォレットが急に利用停止になってしまったり、利用していない事業者が新たなサービスを提供する事で急成長する事がザラにあります。世界中に顧客の存在する仮想通貨業界では海外動向も視野に入れて事業者の選択をする事が大切だと思われます。仮想通貨が一般に普及してきた今年にこのような事態が進んでいくと見られますので取引所やウォレットを利用する場合はしっかりと事業体の情報も収集してから利用するといいでしょう。

 

関連記事

アメリカの仮想通貨状況は進んでいる<ビットコイン納税・トークン登録>日本だけ注目してはならない

<News>ビットフライヤーアメリカ子会社がBitLicense取得

事業者がSegwitを次々と導入 ビットコインは次なるステージへ

仮想通貨・ブロックチェーン世界各国の動向

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサー