とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

リップル(XRP)取引の承認方法・コンセンサスアルゴリズム <初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20180126175515p:plain

 

リップル社が発行するXRPという通貨は個人間でやり取りをする事ができます。ビットコインであれば不特定多数の参加者が承認作業を行う事で取引が成立していきますが、リップル(XRP)では少し承認の方法が異なります。初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

仮想通貨の承認作業

リップル社はXRPというデジタル通貨を発行しています。

XRPはビットコインの技術を応用して作成されていますが発行者のいないビットコインとはシステムが異なるので、取引などの承認方法もビットコインとは少し異なっています。

XRPについてはこちらXRPとは 特徴・発行量・ブリッジ通貨 <初心者向け>をご参照ください。

 

ビットコインではプルーフ・オブ・ワーク(以下、PoW)と呼ばれる「計算処理を行う事で正当な取引を承認していく」方法が取られています。PoWは簡単に説明すると「計算を最も早く行った人に取引承認権限を与える」というもので、管理者が不在で不特定多数の参加者が承認作業をするビットコインにおいては参加者が不正を働かないような抑止力になっているルールです。(初心者向け:プルーフ・オブ・ワークとは

 

それに対しXRPはリップル社という管理者が存在する為、このようなルールは不要です。ビットコインのPoWのような承認方法を取らずとも管理者の判断の下不正取引などを取り締まればいいからです。

 

ただ、一つ一つ承認作業をしているのでは時間もコストもかかってしまう為ブロックチェーンに代表される「分散台帳技術」を利用してXRPでは素早く・低コストで承認作業を行っています。

スポンサー

 

 

XRPの承認作業

XRPは分散台帳技術により多く存在するノードと呼ばれる参加者によって取引をネットワークに伝播し、正当な取引だけを承認していきます。一つの信頼された端末一つで承認作業を行うよりも時間・費用両面でのコスト削減を可能にします。

 

<XRPネットワーク簡略図>

f:id:jyutakugyoseiku:20180126172748p:plain

 

これらの参加者は基本的にリップル社によって信頼できるとされたバリデーター(ユニークノードリスト=UNLとも呼ばれる)によって構成されています。

 

バリデーターという参加者によってネットワークに伝えられた取引情報が正当なものかどうか判断され、XRPの台帳に書き込まれていきます。XRPの台帳に書き込む際に全ての取引がバリデーターによって検証されますが、一定数のバリデーターが正しいとしない取引は破棄されます。逆に全てのバリデーターが不正を行おうと思えば不正は正しい記録として残される事になります。

 

つまり、現状ではXRPはリップル社の管理によって承認作業が行われているのです。そこにビットコインのような計算能力による正当な取引台帳(ブロック)である証明は必要なく、リップル社の信頼において取引が成立している事になります。

 

リップル社=XRPか

ただし、リップル社によれば今後バリデーターがリップル社以外にも増えていく可能性を示唆しています。つまりリップル社だけの状態よりも開かれた状態でXRPはネットワークを広げていく事ができます。

これは一元管理ではない「分散型システム」のなせる業でバリデーターになるコストは一元管理のシステムを作成するよりも簡単です。

 

バリデーターにはビットコインマイニング成功時の報酬のような仕組みはありませんがXRPを利用して事業を行う場合バリデーターになる事でネットワークを強化するインセンティブは働きます。XRPやリップルネットワークを利用したい金融機関などがバリデーターになる可能性は大いにあります。

 

XRPの優れたシステム

XRPは管理者不在のビットコインのように取引を成立させる合意を得る為に時間を要する事はありません。(ビットコインの取引承認時間は10分。参考:なぜビットコイン取引は10分かかるか

上記のようなシステムのおかげでXRPは数秒で取引を完了する事ができます。分散型台帳技術+中央管理によってこれを実現している画期的なシステムであるとも言えるでしょう。

 

ただし、逆にリップル社・中央管理者という存在を信頼する事は必要です。もちろんリップル社にとってXRP取引を不正なものとするインセンティブは今のところありませんが自社の経営危機、見つからないように不正ができる状況などの際にも正当な取引を行ってくれる事を願うしかユーザーはありません。

 

どちらが良いというものではなく、それぞれにメリットデメリットは存在します。

 

関連記事

リップル(XRP)初心者入門ページ

リップルがビットコインよりも非中央集権を目指すとはどういう事か XRPと仮想通貨の今後 Cobalt(コバルト)とは

XRPのブリッジ通貨機能とは <初心者向け>

ビットコインの合意形成(コンセンサス)アルゴリズム①