とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

COMSA、CMSトークンの受け取り方法と注意点 <おすすめ・ERC20とMosaic>

f:id:jyutakugyoseiku:20171127185438p:plain

 

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社がすすめるプロジェクト「COMSA」に参加した方のCMSトークン受け取り方法を初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

 

COMSAとは

「COMSA」は仮想通貨取引所Zaifが運営するテックビューロ社の仮想通貨プラットホームプロジェクトです。

COMSAというプラットホームを開発する事で企業などがICO(Initial Coin Offering)で資金調達を行う事や、異なる仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)の間でのやり取りをスムーズに行えるようにします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126211756p:plain

 

COMSAが存在する事によって仮想通貨の高い価格変動率や複数の仮想通貨の高い取引手数料を抑える事ができるので仮想通貨というバーチャルな媒体を実ビジネスでも容易に利用できるようにします。

COMSAについてはこちらCOMSAとは <特徴・評判・今後>(初心者向け)もご参照ください。

 

CMSトークンとは

CMSトークンとはCOMSAで発行される仮想通貨トークンの事です。トークンとはイーサリアムなどの仮想通貨を利用して発行される疑似通貨の事です。

 

CMSトークンはCOMSAのサービスを利用する際などに用いる事ができます。例えばCOMSAを利用して行われる企業ICOの参加の為に利用する事ができます。企業AがICOを行う際に例えばABCトークンを発行します。ABCトークンをCMSトークンで購入する事でICOを行った企業へ投資(貢献)ができる仕組みが取られます。

 

CMSトークンはZaif取引所などで売買されるので需要と供給によって価格が決まります。CMSトークン自体をトレードする事でも利益を出す事(損失も含む)が可能になります。

スポンサー

 

 

おすすめ受取方法

CMSトークンを受けとる方法はいくつかあります。

・Zaif取引所での受け取り

・MyEtherWalletでの受け取り(ERC20対応イーサリアムウォレット)

・Nano Walletでの受け取り(NEMウォレット)

 

Zaif取引所で受け取った場合は、売買開始のタイミングですぐに売買する事が可能になるのでCMSトークンをトレード(売却含む)しようと考えている方にはおすすめです。

 

それ以外のウォレットで受け取った場合は取引するのにCMSトークンを一度移動しなくてはいけないので少しの間保管しておきたい方におすすめです。

ウォレットは仮想通貨をしまっておく財布のようなイメージでウォレットから取り出す際は送金処理を行わなくてはなりません。

 

ERC20とMosaicでの違い

ERC20はイーサリアム、MosaicはNEMのプロトコル(プラットホーム)を利用して作成されるトークンです。どちらでも同様のCOMSAトークンを受けとる事ができます。どちらか迷った場合は馴染みの深い方を選択して良いと思います。(もちろん違いはありますがイーサリアム、NEMどちらかに詳しくなければそこまで変わりはありません。)

 

ただし、CMSトークンがZaif取引所で上場された時(12月4日予定)には別のペア(ERC20のCMS:ETH/JPYとMosaicのCMS:XEM/JPYのペア)で売買されるので売買を目的としている場合はどちらのペアで売買したいかをあらかじめ明確にしておくと良いでしょう。

 

イーサリアム、NEMどちらも日本では大きなコミュニティ(支持者)が形成されているので一概にどちらが良いという事はないと思います。(参考:ERC20とは<初心者向け>

 

Zaif取引所での受け取り方法

Zaif取引所のアカウント作成方法はこちらZaifのアカウント作成方法をご参照ください。

また、トレードするのであれば全ての機能を利用できる本人確認まで終了させておくことをおすすめします。方法はこちら。本人確認は完了までに数日かかります。

 

また、Zaif取引所で受け取った場合売買開始が12月4日(予定)でCMSトークンの出金は12月8日(予定)まで制限されますのでご注意ください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127162458p:plain

 

アカウントログイン後「入出金と履歴」より「ERC20トークン」又は「Mosaic」を選択します。

 

~ERC20トークンの場合~

f:id:jyutakugyoseiku:20171127162648p:plain

 

「ERC20入金用アドレスを取得」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127162819p:plain

 

「ERC20入金用…アドレスを表示します」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127162945p:plain

 

アドレスが表示されます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127181923p:plain

 

COMSAダッシュボードで「Zaif取引所 ERC20トークンで受取」を選択しアドレスを入力した後「設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171201080219p:plain

 

その後、チェックボックスにチェックを入れ「上記について理解の上、CMSトークンを受けとる」を選択します。

 

これらの操作を行うとZaif取引所にCMSトークンが送信され11月30日以降(予定)にZaif取引所アカウントに反映されます。

 

~Mosaicの場合~

f:id:jyutakugyoseiku:20171127180513p:plain

 

Mosaic入金用メッセージが表示されています。これがCOMSAで設定する受け取り先になります。

これをCOMSAダッシュボードで設定します。

「上のメッセージを…アドレスを表示します」を選択して表示されるアドレスは受け取りに設定しませんのでご注意ください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127181428p:plain

 

入金用メッセージとアドレスをCMS受け取りアドレスに設定します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127181714p:plain

 

Mosaic入金用メッセージを入力し「設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171201080219p:plain

 

その後、チェックボックスにチェックを入れ「上記について理解の上、CMSトークンを受けとる」を選択します。

 

これらの操作を行うとZaif取引所にCMSトークンが送信され11月30日以降(予定)にZaif取引所アカウントに反映されます。

 

MyEtherWalletでの受け取り方法

※ERC20に対応するイーサリアムウォレットであればMyEtherWalletでなくても利用可能です。

 

MyEtherWalletにアクセスします。(公式サイト:MyEtherWallet.com

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126212306p:plain

 

パスワードを入力します。任意の英数字記号を入力します。このパスワードは今後利用しますので記録しておきましょう。「お財布の作成」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126212606p:plain

 

Keystoreファイルをダウンロードします。このファイルを利用してウォレットを操作しまする事ができます。ファイルを利用しない方法もありますが、ダウンロードしたファイルは他者に盗まれない場所で保管しましょう。(例えばオフラインのパソコンなど)

続いて「理解できました。続けます。」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126213328p:plain

 

秘密鍵が表示されますので保存します。必ず他者に盗まれないような場所で保管しましょう。(例えば紙に書き起こすなど)

「アドレスを保存してください。」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126214343p:plain

 

ウォレットの操作を行います。「Keystore/JSON File」や「秘密鍵」を選択します。

Keystore/JSON Fileの場合は先ほどのダウンロードしたファイルをアップロードし最初に設定したパスワードを入力します。

秘密鍵の場合は先ほど記録した秘密鍵を入力します。

「アンロック」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126215033p:plain

 

表示されたアドレスをCOMSAダッシュボードで入力します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127183113p:plain

 

受取用アドレスで「ウォレットで受取」を選択し「ERC20トークンで受取」を選択します。そしてアドレスを入力し「設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171201080219p:plain

 

その後、チェックボックスにチェックを入れ「上記について理解の上、CMSトークンを受けとる」を選択します。

 

上記操作を行うとMyEtherWalletにCMSトークンが11月30日以降(予定)に送信されます。

 

その他MyEtherWalletの使い方はこちらイーサリアムウォレット「MyEtherWallet」の使い方をご参照ください。

 

Nano Walletでの受け取り方法 

Nano Walletをダウンロード(https://nem.io/downloads/)します。約80MBありますので少しダウンロードに時間がかかるかもしれません。環境と容量を整えておいてください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126220821p:plain

 

ダウンロード後、ファイルを開きます。(Windouwsであれば展開の後、開きます。)

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126221303p:plain

 

「Nano Wallet.exe」を開きます。(Windouws)

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126221516p:plain

 

開いた後、アカウントを作成します。「Sign Up」を選択します。日本語の場合は「アカウントの作成」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126222138p:plain

 

シンプルウォレットを作成していきます。ウォレット名を入力(何でも大丈夫です。)ネットワークはMainnetでOKです。パスワードを続けて入力し「シンプルウォレットを作成」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171126222656p:plain

 

ウォレットの.wlt形式のファイルを保存し、プライベートキー(秘密鍵)を保管します。これらは端末を紛失してしまった場合などにウォレットを復元する為に必要です。他者に盗まれない場所(オフラインのパソコンなど)に保管しておきましょう。

 

それらを終えたらチェックを入れ「私は全ての内容を理解し同意しました」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127094823p:plain

 

続いて作成したウォレットにログインします。

「ウォレットの選択」で作成したウォレットを選択し先ほど設定したパスワードを入力し「サインイン」を行います。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127095527p:plain

 

ログイン後「アカウント」を選択するとアドレスが表示されます。

このアドレスをCOMSAダッシュボードで入力します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171127183637p:plain

 

「ウォレットで受取」「Mosaicで受取」を選択した後、先ほどのアドレスを入力し「設定」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171201080219p:plain

 

その後、チェックボックスにチェックを入れ「上記について理解の上、CMSトークンを受けとる」を選択します。

 

上記操作を行うとNEMウォレットにCMSトークンが11月30日以降(予定)に送信されます。

 

注意点

入力するアドレス(やメッセージ)を誤ってしまうと入金されませんので確実に間違えないようにご注意ください。

ただし、一度入力し設定した後でも受取アドレス(やメッセージ)を再び設定する事で受け取り先を変更する事ができます。

※11月30日に近づくとこの変更操作はできなくなる可能性がありますのでご注意ください。

尚、Zaif取引所でのCMSトークンの売買は12月4日が予定されています。

 

以上がCMSトークンの受け取り方法・注意点です。トークンなどの操作は誤ってしまうと取り戻す事が出来なくなる可能性のあるものですので慎重に行いましょう。普段使いなれているもので受取・操作を行うようにすると間違いが無く操作できると思います。

 

関連記事

COMSAとは <特徴・評判・今後>(初心者向け)

Zaif専門ページ <会社概要・取引所特徴・ニュース・COMSA>

ICO専門ページ <基礎知識・リスク・ニュース>

 

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本