とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

11月のビットコインキャッシュハードフォークについて <初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20171031183744p:plain

 

11月にビットコインキャッシュのハードフォークが行われる事がBitcoinCash公式より発表されています。今回のハードフォークについて初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。ハードフォークとは?⇒ハードフォークとは - とってもやさしいビットコイン

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ(BCH)とは8月1日にビットコインから分裂する事で誕生した仮想通貨の一種類です。ビットコインの仕様を元にして作成されていますがビットコインとは別の仮想通貨になります。

最も大きな特徴はビットコインの取引処理能力の低さを解決するべく取り入れられた台帳であるブロックチェーンの拡大です。

 

1ページごとにつらなる形で作成されているビットコインのブロックチェーンの1ページを大きくする事でデータ容量を大きくし取引をより早く多く処理する事をうたっています。

ビットコインキャッシュの成り立ちや詳細についてはこちらビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)専門ページをご参照ください。

スポンサー

 

 

11月のハードフォーク

ビットコインキャッシュが11月に行うハードフォークはその仕様を調整します。ハードフォークと聞くとあまり良くないイメージを持ちがちですが特に意見の割れていないハードフォークの場合は「アップデート」のようなものだと思って大丈夫です。

 

ハードフォークとは元々そのような意味合いの方が強く、コミュニティや開発者で意見が割れて「分裂」となるのもそう多くはありません。意見が一致されていればハードフォークが行われたとしても、その後皆で開発したり採掘(マイニング)したりするので特に問題は起こりません。

 

今回のビットコインキャッシュのハードフォークでは

・ブロック作成時間を安定化する

・ブロック作成時間が急激に変更された場合はすぐに調整する

などの仕様が変更されます。

 

ブロック作成とはビットコインキャッシュの台帳であるブロックチェーンの1ページを作成する事でこれにかかる時間=取引を処理する時間となります。

また作成されるごとに新たな通貨(ビットコインキャッシュ)が発行される仕組みになっています。

 

今までビットコインキャッシュでは1分毎にブロックが作成された事もあり、急激な発行数の上昇などは市場や価値が安定しない事やシステムが不安定になる要因になっていました。その時間を安定化させる事が一つの狙いとなっています。

 

このようにハードフォークは基本的に仮想通貨の仕様を変更するものなので必ずしも危険にさらされているという訳ではない事を覚えておくと良いでしょう。

 

いつ行われるか

仕様は決まっているものの、実行されるのは2017年11月13日とされています。そして今回のビットコインキャッシュのハードフォークはビットコインで分裂騒動が起きているSegwit2xとは別のものになるとしています。

 

ビットコインでSegwit2xが行われる背景にあるブロックサイズの拡大をビットコインキャッシュが行っている事でSegwit2xを進める人たちがビットコインキャッシュと合流するのではないかとも言われております。今後ビットコインやその周辺の開発がどのように進んでいくのかは分かりません。

(参照:https://www.bitcoinabc.org/november

 

関連記事

<特集>ビットコイン、仮想通貨の分裂とは?

ビットコインの11月分裂騒動を知ろう!

ビットコインキャッシュ高騰とビットコイン下落 ビットコインの課題

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で