とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

Monero、ユーザー間直接取引のサイトスタート

f:id:jyutakugyoseiku:20170831104406p:plain

 

仮想通貨の一つMonero(モネロ、XMR)のユーザー間直接取引サイト「LocalMonero.org」がスタートしております。ビットコインにも世界中で直接ユーザーが合う事で取引できるサイトは存在しており、今後世界で仮想通貨の直接取引が増える可能性があります。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Moneroとは

 

Monero(モネロ、XMR)は仮想通貨の中の一つです。主に決済用の仮想通貨として開発され、特徴は「匿名性」です。ビットコインのように特定のアドレスから送信された通貨の移動を匿名にする事でより誰が誰に送ったかを分からなくする特性を持ちます。

 

匿名性を叶える為の技術はいくつかあり、複数の匿名性を持った仮想通貨は存在します。それぞれに特徴がありますので調べてみても面白いかもしれません。

Moneroについてはこちらの記事Monero「モネロ」(XMR)とはをご参照していただければと思います。

 

LocalMonero.orgについて

 

ビットコインにはビットコインを売りたいユーザーと買いたいユーザーが直接会う事で取引を行うサイト「LocalBitcoins(https://localbitcoins.com/)」があります。

 

取引所が無い国や地域等でも利用する事ができ、金額と数量がマッチングする事で約束の時間と場所に行き顔を見てやり取りができます。取引所の体制がしっかりとしている日本国内ではあまり需要はありませんが、海外では取引所が整備されていない地域があるのでローカルな売買の場として一定の需要はあります。

 

同様にMoneroでもローカルな取引の場として「LocalMonero」はスタートしました。Monero公式運営ではなく異なる団体のサービスとなります。

 

ビットコインではビットコインアドレスが公開されてしまう為に顔を見て取引した場合、相手に「自分がどのビットコインアドレス保有者か」を知られてしまいます。しかし、Moneroのような匿名仮想通貨では顔を見られたとしてもその後の取引は匿名性が担保されているので個人情報と送金履歴を紐づける事が難しくなります。

 

犯罪の用途になってしまう可能性もありますが、企業間取引等の秘匿に行いたい取引の場合は取引所の登録も不要なLocalMoneroのようなサービスは需要があるかもしれません。

 

仮想通貨取引の展開

 

日本では取引所の規制など一定の整備が仮想通貨取引所にはあるので取引所で売買するのが主になっておりますが、それは国内だけの話です。

 

仮想通貨は世界共通通貨の為、他の国々では仮想通貨の取引の在り方は様々な形態をする事が考えられます。実際、取引所が日本ほど整備されている地域は珍しく、ネット環境も地域によっては様々です。

 

仮想通貨はネット上で取引をされるものですが、紙にアドレスや秘密鍵を印刷しそれを交換する事でも取引は可能です。現在利用されている紙幣のような形で仮想通貨のペーパーウォレットが利用される事も充分考えられます。

 

日本国内での仮想通貨事情だけではなく、様々な国の事情を考えながら仮想通貨と触れ合う事も仮想通貨の楽しみ方の一つと言えるでしょう。

 

関連記事

仮想通貨のミキシングとは

仮想通貨「DASH」とは

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

スポンサー