とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

coinbaseデータとは

f:id:jyutakugyoseiku:20170629123940p:plain

 

ビットコインはマイニングと呼ばれる「ブロック作成」をマイナー(マイニングをする人)が行う事により稼働しております。ブロック作成はマイナーの仕事で、そのブロックには世界中の取引データが埋め込まれるのですが「coinbaseデータ」というマイナーが何でも自由に書き込める箇所が存在します。この「coinbaseデータ」の存在を知るとビットコインをより好きになるかもしれません。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブロックの構造

 

まず、ブロックの中身がどのような構造になっているのかを初心者の方にも分かりやすく説明をします。

 

ブロックの中に書かれているのは基本的に「取引記録」です。

 

では「取引記録」とは何か。「トランザクション」なんて呼ばれ方をしますが、「取引記録」はアウトプットとインプットによって成り立ちます。トランザクションの構造については詳しくはこちらの記事トランザクションの構造とはをご参照ください。

ここではより簡潔に解説をします。

 

「Aさん⇒Bさん」という取引の場合、

アウトプットは

・金額

・Bさんのアドレス宛

インプットは

・Aさんのアドレスに入っているビットコインの確認

・Aさんの電子署名

という構造になります。インプットで確認される金額からBさんに送りたいアウトプットの金額を引いたものが「取引手数料」となりマイナーに支払われます。

 

ここまでは知らなくても問題はありませんが、インプットの「Aさんのアドレスに入っているビットコインの確認」は「UTXO」という前の取引でAさんが受け取ったビットコインを参照する事で確認を取ります。(ビットコインの所有権「UTXO」とは?

 

「取引記録」はこのような構造になっており、これがいくつもブロックに埋め込まれてブロックは成り立ちます。


スポンサー

 

 

新規ビットコイン発行トランザクション

 

では、新規ビットコイン発行はどのような形で行われるのでしょうか。新規ビットコインは「無」から新規ビットコインを生み出す事が許された唯一の「取引」という形で発行されます。

 

通常の取引とは異なり

アウトプットは

・金額(報酬+ブロック内の取引手数料合計)

・マイナーのアドレス宛

インプットは

 

・coinbaseデータ

という構造になります。

 

通常の取引記録と異なるのは

・Aさんのアドレスに入っているビットコインの確認

・Aさんの電子署名

が無いところです。もともと「無」だったところからビットコインを参照しているので前の取引からビットコインを確認する事ができません。送り手もいませんので電子署名もできません。

 

その代わりに「coinbaseデータ」があります。

 

coinbaseデータとは

 

さて、coinbaseデータには何が書かれているのでしょうか。

 

このcoinbaseデータは基本的に「何を書いてもいい場所」になっております。ビットコインのブロックチェーンは過去のブロックの改ざんを防ぎ、さらに永遠に残ります。マイナーの愛する人へのメッセージを連ねてもいいでしょう。

 

実際、ビットコインの生みの親サトシナカモト氏の有名な

「The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank」

は一番最初のブロック(genesisブロック)のcoinbaseデータに書かれました。

この文章は2009年1月3日のイギリスのTimes紙という新聞のある記事の見出しで、「イギリスの財務大臣が二度目の銀行救済の瀬戸際にいる」というものです。

 

これがサトシナカモト氏のメッセージで、同時にビットコインのブロックチェーンが2009年1月3日以降に作成された事の証明になっております。

 

このようにメッセージを残す場所としてもcoinbaseデータは存在しているのです。

 

もちろん、愛を綴るマイナーは見当たりません。

 

新機能システムのサポート予定などをマイナー達は書き込む為に使用しました。

 

しかし今ではBIP34の提案(BIPとは(ビットコイン用語))などによりブロックのありかやサポート状況などを示す場所として使われております。

 

少し悲しいですが、ビットコインシステムの正常稼働の為だと思えば仕方のない事かもしれません。

 

まとめ

 

このようにビットコインのシステムを少し深く知るとビットコインがどのように稼働しているのかについて理解が深まったり改善され続けている状況等を知る事ができます。さらにビットコインの生みの親の人間味も若干垣間見えます。

 

ビットコインはシステムを知ると単純に面白く、更に投資の際の判断材料にもなり得ます。是非積極的に情報収集をしてみてください!

 

関連記事

初心者にもわかりやすいビットコイン「マイニング」の仕組み

ビットコイン「マイニングの報酬」の仕組み

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最初に手に取るビットコインの教科書

最初に手に取るビットコインの教科書