とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ブロックチェーンの始まり「genesisブロック」とは

f:id:jyutakugyoseiku:20161203180759j:plain

 

ビットコインの取引はブロックチェーンという取引台帳のようなものに埋め込まれ、世界中でネットさえあればそれを閲覧することが可能です。しかし、どんなものでも「始まり」は存在します。ビットコインのブロックチェーンの始まり、つまり1番最初のブロックは「genesisブロック」と呼ばれます。「genesisブロック」とはどのようなものなのでしょうか?

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブロックチェーンの始まり「genesisブロック」

 

ブロックチェーンというテクノロジーは謎の人物(または組織)、サトシナカモトによってビットコインシステムを成立させるために考案されました。ある日突然ネット上に出てきたサトシナカモト著の論文(ビットコインの原論文(サトシナカモトとは))によりビットコインという電子決済システム、そしてそれを成立させるために「ブロックチェーン」というテクノロジーが世界で初めて人々の目に触れることとなったのです。

 

ブロックチェーンとは「ブロック」と呼ばれるビットコインを取引する台帳がまるで「チェーン」のように繋がれていく事から名づけられております。(ブロックチェーンについて⇒ブロックチェーンとは

 

ビットコインは次々と新しくマイニングと呼ばれる行為により(マイニングについて⇒初心者も分かるビットコインのマイニングとは)参加者がブロックを作成し、そこに世界中の取引が埋め込まれ、そしてそれまで最も新しかったブロックの後ろに新たなブロックがつながれていくことによってビットコインの決済は成立していきます。

 

しかし、ふと考えるとそのブロックチェーンの一番初めのブロックはどのようなものなのだろうと考えます。ブロックチェーンの最初のブロックはサトシナカモトが作成した「genesisブロック」というブロックから始まります。

 

なぜ普通のブロックではないのか

 

genesisブロックは現在マイニングを行う参加者達によって(マイナーと呼びます)作られているブロックとは少し異なります。なぜ最初は普通のブロックではないのか少し疑問に思います。

 

初心者向けのブログなので簡単に説明をすると、「ブロックがチェーン状に繋がれている」というここにヒントが隠されています。ブロックチェーンは何も本当に「物」としてのブロック(立方体)がチェーン(鎖)に繋がれているのではなく、データとして存在しております。データですので繋がれているかどうかはある演算によって分かります。簡単に言うと、一つ前のブロックの一部を演算を利用して次のブロックの頭に用いられております。ですので必ずマイナーが作成するブロックには一つ前のブロックの一部が入っていなければいけないのです。(詳しくはこちら⇒<ブロックチェーンの性質>過去のブロックのリスク低下について

 

ですので、前のブロックが存在しない一番初めに作成されたブロックは他に比べると特別なものでなければなりません。ですので「genesisブロック」という特別なブロックが使われているのです。どこのブロックを取っても元をたどるとgenesisブロックにたどり着きます。

 

genesisブロックに書かれている言葉

 

このgenesisブロックにはある文章が書かれております。それは

「The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank」

というものです。これはサトシナカモト氏によって書かれました。

この文章は2009年1月3日のイギリスのTimes紙という新聞のある記事の見出しで、「イギリスの財務大臣が二度目の銀行救済の瀬戸際にいる」というものです。これはサトシナカモト氏が経済に政府が度々介入する事に危惧を覚えていたことや、銀行の介入しないビットコインの決済システムを強調するためのものである等の推測があります。

 

また、ビットコインが2009年1月3日以前にはなかったことの証明にもなっております。

 

まとめ

 

ビットコインの起源とも言えるgenesisブロックは全てのフルノードと呼ばれる参加者(ビットコインのフルノードとは?)のコードに初めから埋め込まれており、参加者全員が必ず保有しております。この存在を知っていたからと言って何になるわけでは無いですが、私は新聞の記事の見出しが書かれている事になにかサトシナカモト氏やビットコインのロマンを感じました笑

 

調べれば調べるほど面白いビットコイン。是非興味があれば色々と調べてみてください!

 

関連記事

coinbaseデータとは

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

  • 作者: ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会,馬渕邦美
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/06/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る