とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

Zaif「Google Open ID」の利用方法と注意点

f:id:jyutakugyoseiku:20170407155719p:plain

 

ビットコイン取引所「Zaif」でログインをしようとすると「Google Open IDでログイン」という表示があります。この機能を利用する事でとても便利になったりします。利用方法や注意点をご説明させていただければと思います!

 

 

 

「Google Open ID」とは?

 

Google Open IDとはGoogleのサインインと他のサイトのログインを連携させて一つのIDとパスワードで管理しようとする機能です。

ZaifにもこのGoogle Open ID機能があり、GoogleのアカウントでZaifにログインできてしまうというものです。

 

これを利用する事でのメリットは

「パスワードが一つで済むためにパスワード管理が煩雑にならずに済む」

デメリットは

「一つのパスワードしかない為、漏洩した場合ZaifのアカウントもGoogleのアカウントも乗っ取られてしまう」

というものです。もちろん、Zaifは資産を管理する取引所ですので、万が一漏洩しても「2段階認証」という機能があり資産の流出を防ぐことができますのでしっかりと2段階認証をしていればこのようなリスクは抑える事が可能です。(2段階認証はビットコイン初心者必須セキュリティ!

 

Google Open IDの利用方法

 

ZaifでGoogle Open IDを利用する場合はまず先にビットコイン取引所Zaifでアカウントを作成する必要があります。

この時に注意点があります。後でGoogle Open IDと連携しようとするのであればGoogleのアカウントで利用しているメールアドレスにする必要があります。異なるメールアドレスを使用してアカウントを作成すると連携ができなくなりますのでご注意ください。

 

無事にアカウントを作成し終えたら、そのアカウントでログインをします。

そしてこの画面より「アカウント」へ入ります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170407153812p:plain

 

そして「アカウントとセキュリティ」の「Googleログイン設定」をクリックします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170407154142p:plain

 

すると以下のような画面が表示されますので「Sign in with Google」をクリックしてください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170407154622p:plain

 

そして連携するのを許可します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170407154741p:plain

 

これで連携が完了です。ログインも楽になります。(ただ、Zaifのメールアドレスログインもブラウザ(Chrome)で記憶していれば楽にログインできるのでどちらを利用しても問題ないと思います。)

 

まとめ

 

ちなみにZaifはGoogleとの連携でしたがcoincheckはFacebookと連携しています。(coincheckのアカウント作成方法など⇒coincheckで新規アカウント作成をする際の本人確認の内容

メールアドレスでアカウントを作成するのも、連携をさせても、どちらでもそこまでセキュリティ上問題はありませんし、得に楽かどうかも変わらないと思います。どちらにせよまずは「2段階認証をする」などの基本的なことを分かった上で始めるのが良いかと思います!

 

 


スポンサー

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定