とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインの「トラストレス」とは

f:id:jyutakugyoseiku:20170308124959p:plain

 

ビットコインは中央管理不在なのですが、マイニング団体という管理者は存在します。しかしビットコインはトラストレス(trustless)、信頼のおける第三者を必要としない、と言われます。管理者はいるのにトラストレス、少し混乱してしまう部分ではあるのでこれがどういう意味かをできるだけ分かりやすく解説したいと思います。

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

トラストレスとは

 

まず、トラストレスとは信頼する第三者が必要がない、という事です。しかし、当たり前の話で逆に分かりづらいですが、もし「誰も何も信頼していない」のであれば利用もしません。「ビットコインシステム」というものは少なくとも信頼されて世界中で利用されます。

 

では、トラストレスとは何がトラストレスなのでしょうか?

 

トラストレスとは、管理者である「マイニング参加者」がどんな参加者か素性を知らなくても信頼できる、という事です。

 

今までの送金システムとビットコインを比較をします。

今までの送金システムでは必ず送金を安全に仲介する第三者がいました。銀行振込の場合は銀行が第三者となります。その場合は銀行を信頼しなければその送金は成り立ちません。

 

もしその送金を仲介する第三者が聞いたことも無い企業だったらどうでしょうか?

その企業の事について調べて安心できればいいですが調べてもよく分からなければその送金は不安なものになります。仲介される時に盗まれてしまうリスクを想定するからです。

つまり従来の送金では信頼できる第三者が必ず必要でした。第三者がいればいいのではなく「信頼できる第三者」が重要なポイントでした。

 

しかし、ビットコインの場合はその常識を覆します。

 

信頼できる第三者が不要になりました。マイニングへの参加は誰でも(設備さえ整えれば)可能です。ビットコインではこのマイニング参加者が送金を管理する第三者の役割を果たします。マイニング参加者がどのような人(または団体)かは分からなくても不正は行われず、無条件に利用者は信頼して送金する事が可能になったのです。

 

これが「ビットコインはトラストレス」という言葉の意味です。

 


スポンサー
   

 

なぜトラストレスが実現されたか

 

そこで、トラストレスがビットコインで実現された仕組みを簡単にご説明させていただきます。それはブロックチェーンPoW(プルーフオブワーク)といったルールが決められており、それに則ってマイナー(マイニング参加者)は送金を管理しているからです。

 

ブロックチェーンやプルーフオブワークの仕組みについて詳しくは過去記事を参考にしていただきたいのですが、分かりやすく大きな要因の一つを今回挙げるとすれば「マイナーはインセンティブによって動く」という事です。

 

これはプルーフオブワークの「最も仕事をした人が報酬をもらえる」というルールに基づくものなのですが、マイナーは不正をするよりも正当に管理をした方が「経済的に得をする」というインセンティブがある為に不正をしない(現実的に不正は困難でもあるのですが)のです。

 

トラストレスを実現しているのはビットコインの技術的な部分もそうなのですがこのマイナーに対する「経済的インセンティブ」の仕組みが大きく関わっているのです。

マイナーの報酬の仕組みについてはこちら⇒ビットコイン「マイニングの報酬」の仕組み

 

プライベートブロックチェーンとの違い

 

ビットコインブロックチェーンとプライベートブロックチェーンが大きく異なる部分にこの経済的インセンティブの仕組みがあります。

プライベートブロックチェーンとは⇒ビットコインとプライベートブロックチェーンについて

 

ビットコインのような誰でも参加できるいわゆるパブリックブロックチェーンには上記であげた経済的インセンティブ(またはそれに準ずるルール)があり、それがブロックチェーンの過去取引における改ざん不可能を実現しています。

しかし、パブリックブロックチェーンは用途が違う事もありますがこのような経済的インセンティブが大きな力を持つ事は稀です。というよりこのような仕組みそのものが必要ありません。

なぜなら「プライベート」なので管理者が存在し、最悪の場合は改ざん(修正)できた方がいいという考え方によって作成されたものがあるからです。

 

ブロックチェーンと一口に言ってもここまで違いが実はあるのです。トラストレスとそうでないブロックチェーンシステムがあります。ここを抑えておくと、ブロックチェーンやビットコインを学ぶ時にとても理解が深まります。

 

まとめ

 

トラストレスがいいか悪いかは別としても今までになかったトラストレスを「経済的インセンティブ」を用いて開発されたビットコイン。私はそんな技術以外の部分にも惹かれます。もし興味があれば、色々と調べてみていただければと思います!!

 

関連記事

決済システムの平等とトラストレス

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin