とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

自分だけの仮想通貨(独自トークン)作成方法!<2016年12月最新版>

f:id:jyutakugyoseiku:20161129193925j:plain

 

仮想通貨と言われて思い浮かべるのはビットコインだと思います。しかし、仮想通貨というのはビットコインだけにとどまりません。自分の通貨を発行できてしまうのです!今回はとっても簡単に自分だけの仮想通貨を作る方法をご紹介します!

 

目次

  1. 独自トークンとは
  2. 用意するもの
  3. アプリをダウンロードする
  4. ビットコインとXCPを用意する
  5. トークンを新規発行しよう!
  6. まとめ

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

1 独自トークンとは?

 

独自トークンとは簡単にいうと「自分だけの仮想通貨」のことです。自分が発行し、それを保有や取引をしてもらう事で貨幣としての価値が生まれます。(トークンとは?⇒暗号通貨における「トークン」とは

 

現在では既に簡単に自分が発行する仮想通貨を作るサービスというものが存在します。これはXCPという仮想通貨を軸にしてそれぞれが独自に仮想通貨を作成できるもので、自身の仮想通貨を発行することで寄付を募ったり、その仮想通貨を利用した独自のサービスを展開することができます。

 

仮想通貨というと最新技術を使っていて小難しいイメージがありますが、そんな事はまっっっったくありません!ネット検索ができたり、ワードを利用したりできるぐらいの知識があれば簡単に自分だけの仮想通貨を作成できてしまうのです!

 

今回はその作成方法をご紹介します!

 

2 用意するもの

 

・ネット環境

・スマホ(iOSでもAndroidでもOK!)

・ビットコイン

 

これだけでOKです。今回はただ発行するだけの方法になります。画像を設定したり寄付ボタンを設置する等の場合はパソコンもあった方が良いでしょう。

 

ビットコインをまだお持ちでない方は2016.11.29.現在では「Zaif」という取引所のアカウントを作成しておくことがオススメです。

ビットコインの始め方はこちらで⇒これでOK!初心者の為のビットコインの始め方

取引所Zaifについてはこちら⇒ビットコイン取引所紹介~Zaif~

 

以上3点がそろったら準備は万端!早速自分だけの仮想通貨を作ってみましょう!

 

3 アプリをダウンロードする

 

今回使用するアプリは「indie square」というアプリです。完全無料でダウンロードできます。更に日本語にも対応しておりますので安心してダウンロードしてください。

ダウンロードが終わり、アプリを起動すると以下のような画面が表示されます。(今回はiphoneアプリ画面でのご紹介になります)

f:id:jyutakugyoseiku:20161129123231p:plain

「新しくウォレットを作る」をタップしてください。「復元パスフレーズを持っている」は以前ウォレットを持っていて、同じものを利用したい時にパスフレーズを入力する方法です。ウォレットはいくつ持っていても問題ないので初心者の方は「新しくウォレットを作る」をタップしてください。

するとすぐにウォレットが作成されます。

f:id:jyutakugyoseiku:20161129123534p:plain

続いて復元パスフレーズが表示されます。これがあれば例えスマホが水没などで壊れてしまってもウォレットを復元できます。仮想通貨はブロックチェーンという台帳で分散して管理されているので復元ができるのです。仮想通貨ならではの特徴です。

 

しかし、注意すべきことは逆にこれが無いと復元できないことと、これが漏洩してしまうと他人に操作されてしまう事です。ですのでスクリーンショットで保存しておくのは楽ですが、ネットに接続されているスマホなどは常にデータを盗まれてしまう危険にさらされております。ここはめんどくさがらずに紙などに書いて厳重に保管することがすいしょうされております。

f:id:jyutakugyoseiku:20161129124154p:plain

続いては4ケタのパスコードを入力します。これは今後アプリ内で操作をする際に必要なものになります。セキュリティ上、簡単に推測されるものは避ける事、かつ自分が覚えていられるものに設定することを推奨します。

f:id:jyutakugyoseiku:20161129124347p:plain

ここまでくれば初期設定は完了です!次のステップへ行きましょう!ここまではビットコインウォレットを触ったことのある方であれば楽勝だったと思います。通常のモバイルウォレットと操作は変わらないからです。この調子であっという間に自分だけの仮想通貨を作成してしまいましょう!

 

4 ビットコインとXCPを用意する

 

ビットコインとXCPを次は用意します。「indie square」ではビットコインもXCPも購入できる機能があるのですが、2016.11.29.現在機能が停止になっておりまして困っている方も多いと思います。

こんな感じの状態になっております↓

f:id:jyutakugyoseiku:20161129191855p:plain

ビットコインはすぐに購入できてもXCPが購入できない・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご安心ください!XCPも現在では国内ビットコイン取引所で扱っておりますのですぐに購入することができます!

 

その前に初心者の方の為に簡単にXCPのご説明をさせていただきます。

XCPはCounterparty(以下、カウンターパーティ)というブロックチェーン技術を利用したプラットホームです。「イーサリアム」という仮想通貨をご存知でしょうか?(イーサリアムについてはこちら⇒イーサリアムとは - とってもやさしいビットコイン

カウンターパーティもイーサリアムと同様にブロックチェーン技術を利用してビットコインのような「決済」に特化した仮想通貨ではなく、スマートコントラクトと呼ばれるような公証サービス用の仮想通貨です。(スマートコントラクトを始めて聞いた方はこちら⇒スマートコントラクトとは - とってもやさしいビットコイン

 

そんなプラットホーム型の仮想通貨(厳密にはその中の通貨が仮想通貨ですが)にもそのシステムを利用するために通貨があります。イーサリアムが「イーサ(ETH)」と呼ばれる通貨を持つようにカウンターパーティにも「XCP」という通貨があります。

 

XCPってそんなものか、と知っておけば大丈夫です。

 

自分だけの仮想通貨を作成するためにはそんなXCPとビットコインが必要になります。国内ではビットコイン取引所の「Zaif」のみXCPを取り扱っておりますのでそこから購入することができます。XCPは自分の仮想通貨を作成するためには0.5XCP必要ですので必要な分を購入しましょう。

Zaif取引所の紹介ページ⇒ビットコイン取引所紹介~Zaif~

 

ちなみにZaifでは1XCPごとの購入しかできません。2016.11.29.現在の価格では1XCP当たり約0.003BTC(約240円)でした。

無事に購入することができたらビットコインとXCPをindie squareウォレットに入金します。indie squareウォレットアプリ下にある「受け取り」というところからアドレスをZaifの出金ページで入力するかできるのであれば(スマホが2台あったり、パソコンとスマホでできれば)QRコードでindie square内に送金してください。

 

するとこのような状態になると思います。(下図)

f:id:jyutakugyoseiku:20161129191401p:plain

ビットコインは私が多めに入れているだけなのでこんなに多くなくて大丈夫です。ビットコインがいくら必要かは下で説明します。

 

さあ、いよいよ自分だけの仮想通貨、独自トークンの作成も大詰めです!

 

5 トークンを新規発行しよう!

 

いよいよここまで来たら「トークン新規発行」をタップしてください!すると以下のような画面が出てきて必要な項目を入力していきます。

f:id:jyutakugyoseiku:20161129191938p:plain

ここで注意することは既にトークンである名前は使用できないこと。「少数単位を許可」が後の変更ができない事。(私は細かいのが嫌なので不許可にしました)また、イメージ画像を選択してもどちらにせよ初期設定だとトークンのイメージ画像は反映されない事です。(もちろん後に画像を設定できますのでご安心ください。)

⇒画像の設定方法はこちら!独自トークンに画像を設定してみよう!

 

これら必須項目を入力し、「新規作成」をタップします!

f:id:jyutakugyoseiku:20161129192320p:plain

私はTYBCOIN(とってもやさしいビットCOIN)というトークンを10000枚発行しました。手数料として0.5XCP(約120円)+0.000034658BTC(約2.5円)でした。つまり123円くらいで自分だけの仮想通貨を発行できたことになります!!安い!!

 

その後、自分の発行したトークンが出来上がるまで待ちます。私は23時ごろ発行して朝起きたら無事発行されていました。実際どのくらいの時間がかかっていたのかはわかりません。

 

6 まとめ

 

自分だけの仮想通貨発行の方法は以上になります。もちろんこれを寄付してもらうのに利用したり、配布したりする方法があります。今回はそれまで書いていると長くなってしまうので次回にさせていただきます。

 

実際これはそんなに知識が無くてもできますし、費用もかなり安いので遊びでも何でも作ってみると結構面白いと思います。既に結構多くの方がやられていて寄付なども実際に結構来ているようです。

 

もちろんビットコインなど仮想通貨についての知識もしっかりと身に着けていくべきですが、このように仮想通貨にも色々な用途があることを実際に自分でやってみる事で単純に面白いですし、学ぶ時も理解が早くなって良いと思います!是非試してみてください!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

当ブログではカウンターパーティ(counter party)トークンを利用した独自トークンを発行(手動により送信が遅れる場合があります。申し訳ございません。)して寄付を募っております。いただいたビットコインは当ブログ運営の為の情報収集に利用させていただきます。あくまで寄付用ですのであまり見返りは期待しないでいただけると幸いです。寄付数に応じて個別記事・配当・イラスト等の配布を考えておりますが正直まだ考えがまとまっておりませんのでご了承ください。

 

こちら↓から、宜しくお願い致します!!

 Donate with IndieSquare

 

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)