とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

KUSAMAパラチェーンオークションとは?クラウドローン参加方法と注意点。ポルカドットの今後についても考察

KUSAMAとは

 

KUSAMAネットワークのパラチェーンオークションの概要と、クラウドローンの参加方法を解説します。少し、仮想通貨初心者の方には難しい内容ですので、よくわからない方は無理して参加をしないようにしましょう。もちろん、興味のある方はご自身でもよく調べて、参加してみると、KUSAMAやポルカドットについてより理解することができるでしょう。

 

 

★国内取引所でポルカドット(DOT)の取り扱いがあるのはGMOコイン!

GMOコイン

 

KUSAMAネットワークとは?

KUSAMAネットワーク(KUSAMAとも呼ばれます)とは、ポルカドットから派生して誕生した、開発者のための実証実験ネットワークです。ポルカドットは様々なブロックチェーンをつなぎ、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決してユーザーと開発者の利便性を高めるプロジェクトです。そのポルカドットに先駆けてKUSAMAネットワークでは、様々な開発・実験が行われています。

KUSAMAネットワークはいわゆる「テストネット」と呼ばれる、単なるテストのためのネットワークではありません。KUSAMAネットワークのネイティブトークンである「KSMトークン」は実際に海外の仮想通貨取引所で売買されており、価格がついています。(通常、テストネットのトークンに価格はつきません)そのため、KUSAMAネットワークは、テストネットではなく「カナリアネット」などと呼ばれています。

KUSAMAの基本的な仕組みはポルカドットと同様ですが、ポルカドットが世の中で使われる前に、KUSAMAネットワークで開発や利用が行われることでポルカドットでどのような事ができるのか、どのような問題点があるのか、などをテストネットより実証的な立場で知ることができます。エンジニアではない方も、ポルカドットに興味がある方は、「ポルカドットのいとこ」とも呼ばれるKUSAMAネットワークの情報を追っておくといいでしょう。

 

KUSAMAパラチェーンオークションとは?

ポルカドットで行われる予定の「パラチェーンオークション」が、ポルカドットに先行してKUSAMAで行われます。ポルカドットでは、「リレーチェーン」と呼ばれる本体部分のようなチェーンに、「パラチェーン」と呼ばれるチェーンが繋がれる予定になっています。

ポルカドットとは

ポルカドットのイメージ図。中央の半円がリレーチェーン。リレーチェーンに繋がれているのがパラチェーン。(出典:https://medium.com/polkadot-network/parathreads-pay-as-you-go-parachains-7440d23dde06

パラチェーンは、ポルカドット本体のセキュリティ恩恵などのメリットを受けることができます。セキュリティを保ちつつ、多くの人が使いやすいようなブロックチェーンをゼロから目指すよりも、ユーザーや開発者にとってメリットのあるブロックチェーンプロジェクトを迅速に作ることができると言われています。

しかし、パラチェーンの枠は限られているため、採用されるためにはポルカドットで開催される「オークション」に勝たなければなりません。そのオークションが「パラチェーンオークション(PLO)」と呼ばれ、ポルカドットに先駆けてKUSAMAでも行われるのです。KUSAMAのパラチェーンオークションは、KSMトークンをそのプロジェクトがどれだけ入札できたかで決まります。KSMトークンをより多く集め、より多く入札したプロジェクトがパラチェーンとなるのです。

そして、そのオークションの前段階に「クラウドローン(Crowd loan)」と呼ばれる、KSMトークンを集める段階の資金ロック期間があります。これは、仮想通貨の資金調達「ICO」に似ています。ICOでは、投資家へイーサリアムなどの通貨を受け取り、その見返りとしてプロジェクトのトークンを販売しました。クラウドローンでは、参加者がKSMトークンを応援するプロジェクトへロックする代わりに、そのプロジェクトのトークンを受け取ります。プロジェクト側は、ロックされたKSMトークンをパラチェーンオークションの入札などに使用します。ICOとクラウドローンが異なるのは、参加者のKSMトークンはあくまでロックされるだけで、11ヶ月後にロックは解除されKSMトークンが参加者へ返されます。つまり、「投資」というよりは「預ける」という仕組みになっており、今までの仮想通貨プロジェクトでもあまり見られない方式がとられているのが特徴的です。

クラウドローンはパラチェーンオークションへプロジェクトを通して、開発チーム以外の人が参加する一つの機会であると言えるでしょう。

 

クラウドローン参加方法

クラウドローンには以下2つの参加方法があります。

・仮想通貨取引所を通して参加する

・ポルカドットウォレットから参加する

日本在住の方は、KSMトークンを販売している仮想通貨取引所が日本にはないので、KSMトークンを購入する場合は海外の取引所を利用することになります。大手の海外取引所で、本人確認なしで購入できるのはBinance(バイナンス)やOKExなどです。ただし、海外の取引所の利用はトラブルがあっても自己責任となりますので、もし利用する場合は下調べや、情報収集を絶対に怠らないようにしましょう。

今回クラウドローンに対応すると表明している仮想通貨取引所はOKEx、Houbi(海外)、 Krakenです。OKExのみ、日本から参加することができます。参加する場合はあらかじめKSMトークンを購入・保有しておきましょう。

 

OKExからの参加方法はこちら(OKEx公式サイト)

https://www.okex.com/earn/slotauction

 

ポルカドットウォレットからの参加方法はこちらの方のnoteですでに書かれていましたので、参考にしてください。

SHIDEN NETWORKのPLO参加方法!(Kusama Parachain Auction)|Kahon|note

 

上記のnoteはクラウドローンが始まったときに書かれたものでなかったようなので、クラウドローン開始後の操作方法を下で解説します。

クラウドローン参加方法

クラウドローン参加方法(出典:https://polkadot.js.org/apps/?rpc=wss%3A%2F%2Fkusama-rpc.polkadot.io#/parachains/crowdloan

こちらの画面のように、クラウドローンが行われている間はプロジェクトが表示されていると思います。ロックしたいプロジェクトの「Contribute」を選択します。

クラウドローン参加方法2

クラウドローン参加方法2(出典:https://polkadot.js.org/apps/?rpc=wss%3A%2F%2Fkusama-rpc.polkadot.io#/parachains/crowdloan

「The amount contribute from this account.」の部分にロックしたいKSMトークンの数量を入力します。ちなみに、送金手数料がかかるので1KSM保有していて1KSMをロックする、ということはできません。送金手数料を引いた数量しかロックできないので、保有数量から送金手数料を引いた額を入力しましょう。(執筆時点では手数料は41.996mic KSMでした。Contributeを選択すると手数料が確認できます)

次の画面で送金のトランザクションを確認することができます。「Sign and Submit」を選択し、最終確認画面でポルカドットウォレットのパスワードを入力すればロック完了です。数量の入力などに問題がなければ、無事にロックされると思います。

無事にロックできたかどうかは自分のアカウント画面で確認できます。

クラウドローン参加方法3

クラウドローン参加方法3(出典:https://polkadot.js.org/apps/?rpc=wss%3A%2F%2Fkusama-rpc.polkadot.io#/parachains/crowdloan

 アカウント残高が減っているかを確認するか、画面赤枠のボタンをクリックし、トランザクションを確認します。トランザクションのResultに緑色のチェックが付いていれば大丈夫です。赤色のバツになっている場合は失敗していると思います。

 

ポルカドットの今後

執筆時点ではKUSAMAのクラウドローンに、合計約26万枚のKUSAMAトークンが集まっています。日本円にすると、約143億円(KSM=500$ 1$=¥110で計算)がロックされています。カナリアネットワークのKUSAMAですでにこれだけの資金が集まっているということから、ポルカドットのクラウドローンでも相当多額の資金が集まるのではないかと予想されます。

ポルカドットの時価総額は執筆時点で、約2兆4千億円に対しKUSAMAの時価総額は約4800億円なので、単純に考えると5倍のインパクトになる可能性があります。KUSAMAのKSMトークンもクラウドローン開始にともない、上昇しています。6/10の10時時点では24時間で約30%価格が上昇しました。KUSAMAのクラウドローンでは、11ヶ月間トークンがロックされることも価格上昇の一因になっているでしょう。つまり、ロックが解除された後は売りが先行し、価格が下がる可能性もあるので注意が必要です。

現在行われているKUSAMAパラチェーンオークションのクラウドローンロック額1位は「Karura」で、KUSAMAネットワーク上でDefiのハブとなったり、ステーブルコインのプラットホームになることを目指したプロジェクトです。2位は日本人の渡辺創太さんが率いるStake Technologiesが開発する「Shiden」で、KUSAMAネットワーク上のスマートコントラクトプラットホームになることを目指すプロジェクトです。

これらのプロジェクトは基本ポルカドット上で開発される予定のプロジェクトのKUSAMA版であり、オークションに勝利しパラチェーンになることができれば実証実験をKUSAMAにて行うことができます。つまり、KUSAMAで研磨されたプロジェクトがポルカドットに繋がれる、ということになります。これらの動向を追うことや、実際にクラウドローンに参加したり、プロジェクトを触ったりすることで、ポルカドットやWeb3の未来像を予想することができるようになるでしょう。

KUSAMAのパラチェーンオークションは7/15まで5回に分けて開催される予定となっています。ポルカドットに興味がある方は、情報を追っていくといいでしょう。

 

関連記事

イーサリアム2.0とは?将来性・価格の変化・時期・今後などをわかりやすく紹介!

 

★国内取引所でポルカドット(DOT)の取り扱いがあるのはGMOコイン!

GMOコイン