とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

仮想通貨の知識が全くない初心者の方に向け、仮想通貨・ブロックチェーン・Web3.0を理解できるポータルサイトです。

ビットコインの使い道は?決済以外にも利用方法がある!4つの方法を初心者にもわかりやすく解説!

 

ビットコインの使い道

 

ビットコインは2009年に誕生し、「仮想通貨」「暗号資産」という概念を生み出しました。今や世界中に普及しているビットコイン。これからビットコインがより普及していくことで様々な世の中の変化が訪れます。どのようなことをビットコインは実現することができるのか、初心者の方にもわかりやすく解説します。 

 

 

コインチェック

 

ビットコインとは

まずはビットコインとは何か、について概要を説明します。

ビットコインは「一番最初に作られた仮想通貨で、デジタル上の貨幣」です。日本の「円」やアメリカの「ドル」などとレートが存在し、例えば1BTC(=ビットコインの単位)が400万円、などのレートで交換されたりします。

ビットコインを含めた仮想通貨は全てインターネット上でやり取りされるため、インターネット環境さえあれば世界中のあらゆる場所から、世界どこへでも送ったり、受け取ったりすることができます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは?

仮想通貨は日本では「暗号資産」とも呼ばれますが、どちらも同じ意味で使われます。(法律上の名称は「暗号資産」です。)ビットコインは、サトシナカモトというペンネームの人物(数人なのか、正体は未だ不明)によって書かれた論文を元に作られました。

ビットコインは、スマホやパソコンの中でやり取りをすることができます。スマホやパソコンに「ビットコインウォレット」と呼ばれるお財布をダウンロードし、その中にビットコインを入れておけば、いつでもビットコインで支払いをすることができます。(多くの場合、インターネットに接続されている必要があります)

もちろん、支払う相手やお店がビットコインで支払うことをOKしてくれた場合だけ、ビットコインをお金として使うことができるのですが、世界中にはビットコイン支払いOKのお店がたくさんあります。中央アメリカのエル・サルバドルという国では、ビットコインが国の通貨として2021年6月に認められ、お店はビットコイン払いを拒否することができません。(参考:ビットコインがエルサルバドルで法定通貨として採用する法案が可決。初心者向けにわかりやすく解説

このように、ビットコインはデジタルなお金として世界に広く普及しているのです。

また、ビットコインは特定の運営者が存在しません。特定の企業や団体によって稼働しているわけでなく、あらかじめ決められたプログラム(ルール)に従って動き、そして誰でも参加できる取引確認作業によって動いています。

そのため、日本が発行している「円」や、アメリカが発行している「ドル」などと異なり、特定の国の影響を受けないお金(資産)として保有したい、という人が増えています。日本ではあまり考えられないかもしれませんが、情勢が不安定な国の通貨は国民が信頼していないことも多く(事実、お金が紙くず同然になってしまう事態が起こっている国もあります)、そのような国に住む人たちからはビットコインが「安全資産」として考えられることもあるのです。

 

〜ビットコインの概要について知りたい方はこちら〜

ビットコインを初心者にもわかりやすく解説!今後・仕組み・投資方法・儲かる?・買い方…の入門

 

ビットコインの使い道4選

ビットコインの使い道は現在、以下のようなものがあります。

・投資

・買い物

・海外送金

・寄付

それぞれ、以下で詳しく解説をしていきます。

 

投資

ビットコイン、と聞けば「投資」と考える方も多いように、ビットコインを保有することで投資をすることができます。 

ビットコインは日本円に対し、レートが存在するために安い時に買って、高い時に売ることで儲けを出すことができます。ビットコイン投資の方法は以下のように分類することができます。

・長期で保有し続ける

・トレードで利益を出す

・積立投資で徐々に増やす

・貸出しで利息を得る

ビットコインは、価格変動が激しいため、いきなり初心者がトレードで利益を出そうとするのは困難です。そのため、基本的には「長期で保有し続ける」「積立投資で徐々に増やす」「貸出しで利息を得る」という方法を選択することになります。

ビットコイン以外の仮想通貨もたくさんあるので、仮想通貨の投資に興味がある方はビットコイン以外の仮想通貨についても調べてみるといいでしょう。

 

〜仮想通貨の投資について詳しく知りたい方はこちら〜

初心者のための仮想通貨投資の始め方!基礎知識/リスク/購入方法/取引所/トレード/歴史/将来性…の入門!

 

買い物

ビットコインでは、モノやサービスを買う事ができます。

既に多くの店舗でビットコイン決済をすることが可能になっております。大手では、ビックカメラでのビットコイン決済導入などでビットコイン利用が可能になっています。

ただ、ビットコインで決済する場合には手数料がかかってしまうことがあるため、ビットコインでVISAデビットカードなどにチャージして、ビットコインを利用することも可能です。

例えばCoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)などの取引所で購入したビットコインを、「バンドルカード」というVISAプリペイドカードにチャージすることで、全国のVISA加盟店で利用することができるようになります。

このように、ビットコインを利用して商品やサービスを購入することができます。

 

〜ビットコインの買い物について詳しくはこちら〜

<News!>ビックカメラ全店でビットコイン決済可能に

ビットコインVisaカード「バンドルカード」について

 

海外送金

ビットコインは、世界中どこにでも送金が可能です。基本的に日本円を海外へ送金する場合は銀行などを利用しなければなりません。すると、銀行が稼働していない時間帯(夜間や土日祝日)は送金がストップしますし、相手の受け取り通貨が日本円出ない場合には、為替手数料が発生します。

ビットコインでは手数料は自分で選択することが可能で、(手数料は多いほど送金が早いです)365日24時間稼働しておりますので費用と時間のコストが大幅に縮小することになります。

 

〜海外送金について詳しくはこちら〜

ビットコインと日本円の振込み手数料比較しました

 

寄付

海外送金コストの安さと関連していますが、ビットコインは寄付をするのにも適しています。コストがかからない事が大きな理由です。無駄に手数料を引かれたりして自身が寄付したい額よりも少ない額しか寄付できない状態を少なくしてくれるのです。

また、取引記録が公開されるビットコインでは寄付が本当にできているのかを自分の目で確認する事ができます。

実際に海外で災害にあった方へのビットコインによる寄付は多く行われており、寄付をする際の選択肢の一つとして考えてもいいでしょう。

 

以上がビットコインの使い道です。まだまだビットコインがこれから発展していけばできる事は増えていくはずです。特に「分散型」と呼ばれるビットコインの金融システムは個人間の取引にとても相性がいいと思います。

もし、ビットコインに興味を持った方はビットコイン以外の仮想通貨についても調べてみるといいでしょう。ビットコインから派生した仮想通貨は世界の様々な問題を解決するために、ビットコインにはできないような機能を持っている場合があります。ぜひ、これをきっかけに色々と勉強してみていただければと思います。

 

関連記事

ビットコインを初心者にもわかりやすく解説!今後・仕組み・投資方法・儲かる?・買い方…の入門

ビットコインが実現する4つのこと。ビットコインの誕生は次の世界を作り出すきっかけとなるか。