とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

仮想通貨の知識が全くない初心者の方に向け、仮想通貨・ブロックチェーン・Web3.0を理解できるポータルサイトです。

ハードフォークとは?仮想通貨のアップデート/分裂を生む仕組みについて初心者にもわかりやすく解説!

f:id:jyutakugyoseiku:20161014113635j:plain

 

仮想通貨では、仮想通貨の仕様をアップデートする際に「ハードフォーク」が行われることがあります。また、ハードフォークにより仮想通貨が分裂してしまうこともあります。ハードフォークについて、初心者にもわかりやすく解説をしていきます。

 

 

コインチェック

 

ハードフォークとは

ハードフォークとは、仮想通貨などの仕様を変更する際に行われるアップデート方法の一つです。ハードフォークでは、ブロックチェーンを分岐させることにより仕様を変更します。分岐した後のブロックチェーンでは、2つにブロックチェーンが分かれることになりますが、片方のブロックチェーンをマイナーなどの参加者が採用することで、新しい(正しい)ブロックチェーンとして新仕様が適用されます。

ハードフォークは基本的にビットコインなど、特定の管理者がいない仮想通貨で採用されるシステムです。後述しますが、最近ではハードフォークなしで仕様変更ができる管理者不在の仮想通貨も登場しています。

ハードフォークについてより理解するために、ブロックチェーンの構造について少し解説します。

 

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、いわばルーズリーフをファイルで綴じたようなものです。記録をルーズリーフ1枚1枚に記載していき、ファイルに閉じていく。これが非常にブロックチェーンのイメージを表しています。

ブロックチェーンでは、記録をブロックに記載していき、チェーン状につなげていく、という形で記録を残していきます。例えばビットコインでは、「ビットコインがAさんからBさんへ1BTC送られた」などのデータがブロックへ記録されるのです。

ビットコインなどの特定の運営者がいない仮想通貨では、ブロックチェーンを公開し、マイナーと呼ばれる参加者が不正の検閲などをすることで、正常な処理を続けていきます。

マイナーはビットコインによって報酬をもらうので、ビットコインが正常に動かなければビットコインの価値が下がってしまう、という経済的インセンティブが働き、必ず不正をはじいていく、と言う仕組みになっています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

不正のないブロックチェーンを確認したユーザーはビットコインを信頼し、ビットコインをお金の代わりにやり取りします。

 

ハードフォークはブロックチェーンが分岐する

ハードフォークでは、ブロックチェーンが分岐します。システムアップデート(仕様変更)のためのハードフォークでは、分岐された新しいブロックチェーンは継続して利用され、古いブロックチェーンは利用されなくなります。

継続されたブロックチェーンに記載されている情報が正しいものとなるため、例えば新しい分岐したブロックチェーン上に「Aさんのビットコインは10BTCから5BTCに減りました」と記載されたら、それが正しい情報として採用されます。

ハードフォークとは

ハードフォークとは

 ハードフォークを行うことにより、ビットコインやイーサリアムは仕様を変更します。

 

仮想通貨が分裂するハードフォーク

上記は仕様変更、アップデートのためのハードフォークでしたが、実はハードフォークによって仮想通貨が分裂することもあります。ビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムとイーサリアムクラシックは、ハードフォークによって分裂した仮想通貨です。

ハードフォークを起こし、新たな仮想通貨を作ることができるのは、ハードフォークによって分岐したブロックチェーンをどちらも継続して使うことができるからです。例えば先ほどの例でアップデートのためにハードフォークを起こしたとしても「新しい仕様ではなく古い仕様の方が優れている」と考えた参加者がいたとしたら、古い方のブロックチェーンを継続して利用することで2つのブロックチェーン、つまり2つの仮想通貨をそのまま残すことができます。

ハードフォークとは

ハードフォークとは

2つの仮想通貨を残す意図はその時によって様々なものがあります。元々の開発者の意向に沿えないから離脱する場合、アップデートに納得できないから新たな仮想通貨を作成する場合、2つにすることでそちらの仮想通貨でも儲けを出そうと考える場合……などです。

「ハードフォーク」と一口に言っても様々な背景があるため、保有している仮想通貨がハードフォークを行う場合には、どのような背景があるのかを調べる必要があるでしょう。

 

ハードフォークなしのアップデート

基本的にはビットコインなど、管理者が不在の仮想通貨ではハードフォークによってアップデートを行いますが、これまで説明してきたようにハードフォークは仮想通貨の分裂を生む可能性があることや、旧仕様にしか対応できない参加者を置いていってしまう、などのデメリットがありました。

そこで、最近ではハードフォークなしでアップデートできる管理者不在の仮想通貨も誕生しています。ポルカドットなどは参加する際に利用するクライアント(ノード)の仕様を自動的にアップデートできるようになっており、仕様変更が決定した場合にはハードフォークなしでアップデートすることができます。

他にも、管理者が存在する仮想通貨では、ハードフォークなしで管理者の指示のもと一斉にアップデートすることができるため、ハードフォークという概念が無い場合があります。

 

このようにハードフォークは、仮想通貨においてそのネットワークがどのような形で運営されているかを知る一つのきっかけになるものです。仮想通貨を保有している場合には、ハードフォークなどの専門的な知識をつけ、安全に管理できるようにしましょう。

 

関連記事

イーサリアム2.0とは?将来性・価格の変化・時期・今後などをわかりやすく紹介!

ビットコインキャッシュ、ビットコインABC等について(初心者向け)

ビットコインが分裂するのはなぜか

 

 

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本

 


スポンサー