とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

【ライトニングネットワーク】ビットコインメインネット上で動かすソフトがリリースされる

f:id:jyutakugyoseiku:20180319122637p:plain

 

ビットコインのオフチェーン技術である「ライトニングネットワーク」のソフトウェアを開発するLightning Labs(ライトニングラボ)がメインネットでビットコインを動かせるソフトウェアを2018年3月15日に発表しました。これがビットコインにどのような影響をもたらすのかなど、初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは簡単に言えばビットコインの取引処理能力を向上させる技術です。

ライトニングネットワークがどのような仕組みかを理解する為にはまずブロックチェーンやビットコインの仕組みを理解しておくことが重要です。(参考:ビットコイン初心者入門ページ

 

ブロックチェーンは「AさんからBさんへビットコインが渡った」というデータを記載しています。このデータがビットコインのルールにより、改ざんされないのでそのデータ通りにビットコインの所有が示されています。「AさんからBさんへ1ビットコインが渡った」というデータがブロックチェーンにあれば1ビットコインを所有しているのは「Aさん」ではなく「Bさん」という事がそのまま事実になります。

 

これを記録する人を「マイナー(マイニングする人)」と呼び、マイナーは「不正をしたら報酬が貰えない」というインセンティブを持っているので皆が正当なデータ記録を行いそして改ざんされずにブロックチェーンはビットコインの所有を表す事になります。

簡単にビットコインのブロックチェーンを説明するとこのようになります。

 

このようなシステムの下でライトニングネットワークでは「ブロックチェーンの外でビットコインのやり取りをしてしまおう」という事が試みられます。

その為ライトニングネットワークは「オフチェーン」技術などとも呼ばれます。マイナーに取引データを渡す事で取引を行っていたビットコインのシステムですが、オフチェーンではブロックチェーンに毎回取引記録を記載しないのでマイナーに全て記録を渡す事なく「ライトニングネットワーク」で繋がれた端末同士で取引を完了させます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180216111910p:plain

 

ビットコインの取引は「マイナーが記録をする報酬が必要な事」「取引やブロック(台帳)が不正が無いか検証する事」が必要なので手数料が高かったり、取引承認に時間がかかりました。しかしライトニングネットワークではこの二つを事実上飛ばす事ができてしまうので即時に且つ安価にビットコインを送信する事ができるのです。

スポンサー

 

 

ライトニングラボのリリース

2018年3月15日に発表されたLightning Labs(ライトニングラボ)のソフトウェアは「lnd 0.4-beta」と呼ばれ、このソフトウェアを利用すればビットコインのメインネットでライトニングネットワークを利用してビットコインを素早く安価に送金する事ができるようになります。

 

コードを打ち込む事で利用するものなのでウォレットアプリのように直観的に操作できるものではなく、一般のユーザーが使うというよりは開発者が利用するようなものとなっています。名前の通りベータ版なのでメインネットでの利用が可能ではあるものの失いたくない多額のビットコインを移動する事は推奨されていません。

 

ライトニングネットワークのソフトウェアとは

ライトニングネットワークはビットコインの取引処理能力を向上する技術です。その為その技術を実際に誰でも利用できるようにソフトウェアの開発が行われています。ビットコインも「ビットコインコア」と呼ばれるソフトウェアを使用してアドレスを作成したりするように(ソフトウェアを利用しなくても可能ですが基本的には使用します)ライトニングネットワークも利用する為にソフトウェアを使用します。

 

今回発表を行ったLightning Labs(ライトニングラボ)の他にもいくつかソフトウェア開発業者は存在しておりそれぞれが独自に開発を行っております。もちろん、同じライトニングネットワークのソフトウェアなので異なるソフトウェア同士での中継なども可能です。(実験も行われています。参考:ライトニングネットワーク1.0のリリースでビットコイン一歩前進 <初心者向け>

 

メインネットとテストネット

ビットコインにはメインネットとテストネットがあります。その名の通りメインネットは実際にビットコインを動かせる場所でテストネットは価値のない複製ビットコインのようなものを動かせる実験の場として提供されています。

メインネットでソフトウェアを動かせるという事は価値のあるビットコインを動かすに値するソフトウェアが開発されたという事なので今後実際に私たちがライトニングネットワークを利用してビットコインを送受金できるようになる日が近づいているという事を示しています。

 

開発の進むライトニングネットワーク

また今回のリリースではいくつかの改良点や今後の展開も発表されています。ソフトウェアのバックアップをより簡単に取れるようになったことやソフトウェアなどの障害発生した場合にも正常な状態になっていられるような改善が施されたとしています。

 

また今後一般ユーザーが利用できるようなウォレットアプリの開発や異なる仮想通貨間をネットワーク上で交換できる「アトミックスワップ」を加えていく予定があるとしています。このようにビットコインのライトニングネットワークはソフトウェア開発とともに実現へ向け着々と進んでいます。

ただし、実際にライトニングネットワークが実装される事でビットコインの通貨としての機能がより使われるものになるかは別の問題という考え方もあります。技術の進歩と社会への普及の形を考えていくという楽しみ方も仮想通貨にはあるかもしれません。

 

関連記事

「Bitcoin Core(ビットコインコア)0.16.0」リリース Segwit完全サポートで何が変わるか

ライトニングネットワークの仕組みを初心者でも分かりやすく解説

ライトニングネットワーク利用に期待が高まる <支払い・ATM・ノード数の増加>

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨のすべてがわかる本

仮想通貨のすべてがわかる本